西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

ブリッジ・オブ・スパイ  監督/スティーヴン・スピルバーグ

2016年02月12日 21時57分36秒 | 西京極シネマ
【出演】
 トム・ハンクス
 マーク・ライランス
 エイミー・ライアン
 オースティン・ストウェル

【ストーリー】
アメリカとソ連の冷戦のさなか、保険関連の敏腕弁護士ドノヴァンは、ソ連のスパイであるアベルの弁護を引き受ける。その後ドノヴァンの弁護により、アベルは死刑を免れ懲役刑となった。5年後、アメリカがソ連に送り込んだ偵察機が撃墜され、乗組員が捕獲される。ジェームズは、CIAから自分が弁護したアベルとアメリカ人乗組員のパワーズの交換という任務を任され…

【西京極の評価】
“ソ連のスパイ”という肩書は民主主義を脅かす敵と見做して当然だったあの時代のアメリカに法の下の平等、法の下の正義を貫いた弁護士が実在した事に驚く。トム・ハンクスと組んだ時のスピルバーグはあまり好きじゃなかったので観るのを躊躇していたのだが、観て良かった。トムの演技はもちろん巧いが、それよりもソ連のスパイ・アベル役を演じたマーク・ライランスが素晴らしい。タイトルは捕虜交換の場所が橋だというのと、二人のスパイの交換の交渉役ドノヴァンが架け橋となったことのWミーニング。派手さはないが観て損はない作品でした。

【総合評価】 ☆☆☆☆★(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆☆☆☆★
 演出/演技 ☆☆☆☆☆
 映像    ☆☆☆☆★
 音楽/音響 ☆☆☆★★

人気ブログランキングへ

コメント (2)   トラックバック (31)   この記事についてブログを書く
« オデッセイ  監督/リドリー... | トップ | はなまるぴっぴはよいこだけ/... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おゃ ! (もののはじめのiina)
2016-02-15 08:58:54
珍しく遅い西京極さんの本作のブログ・アップでした。

>捕虜交換の場所が橋・・・スパイの交換の交渉役ドノヴァンが架け橋・・・
巧い掛詞になってました。

>ソ連のスパイ・アベル役を演じたマーク・ライランスが素晴らしい。
淡々とした風貌にも強い意思が感じられました。^^

本作とは、まったく関係ありませんが、次のような「まちがい電話」を題材に、一篇のドラマに仕上げられそうでした。http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/978f355a221c64577c983ff4ac3f5221

iinaサマへ (西京極 紫)
2016-02-15 20:40:25
いつもコメントありがとうございます。

今回はちょっと観るのが遅くなりました(^^;)
理由はレビューにも書きましたが、
トム・ハンクスとスピルバーグの組み合わせが好きではないって事に尽きます。

マーク・ライランス、今年のアカデミー助演男優賞にノミネートされていますね。
受賞出来るでしょうか?
ライバルにはスタローンもいたりしますが…

コメントを投稿

西京極シネマ」カテゴリの最新記事

31 トラックバック

ブリッジ・オブ・スパイ  (ピカールのネコライオンな日記)
表題映画を観賞したので感想: ドラマ的に面白かったです。 全くダレずに映画を鑑賞できました。 前半部分の一部は、 次はこうなるんだろうな、 と若干思いながら観ましたがそれでも面白かったです。 U-2撃墜のシーン以外に派手なシーンはほぼありませんが、 その撃墜シ....
『ブリッジ・オブ・スパイ』 2015年12月16日 20世紀FOX試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ブリッジ・オブ・スパイ』 を試写会で鑑賞しました。 この映画も長い。(今日の2本は長尺である) 【ストーリー】  アメリカとソ連の冷戦のさなか、保険関連の敏腕弁護士ドノヴァン(トム・ハンクス)は、ソ連のスパイであるアベル(マーク・ライランス)の弁護を引...
ブリッジ・オブ・スパイ~実はソ連側の大勝利 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Bridge of Spies。スティーヴン・スピルバーグ監督、イーサン&ジョエル・コーエン脚本。トム・ハンクス、マーク・ライランス、スコット・シェパード、エイミー・ライ ...
ブリッジ・オブ・スパイ (あーうぃ だにぇっと)
ブリッジ・オブ・スパイ@20世紀フォックス
ブリッジ・オブ・スパイ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4.5点】(10) 安定した面白さはむしろ地味な作品の方が多いのでは。
ブリッジ・オブ・スパイ (セレンディピティ ダイアリー)
スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演、コーエン兄弟脚本の、米ソ冷戦時代を舞台にし
『ブリッジ・オブ・スパイ』をトーホーシネマズ渋谷6(B1F)で観て、ジェフ・ブリッジやないんかいふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★主演はトム・ハンクスだけど誰でもええわ】 脚本がしっかりできてて、演出がちゃんと脚本のまんまやってるから、よっぽど変な人を据えない限り、主役は年輪 ...
ブリッジ・オブ・スパイ (映画的・絵画的・音楽的)
 『ブリッジ・オブ・スパイ』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)今度のアカデミー賞作品賞の候補に挙げられている作品というので映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、「1957年 冷戦の高まり。 米国とソ連は、互いに相手の核の能力と意図を怖れていて、...
「ブリッジ・オブ・スパイ」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:BRIDGE OF SPIES )呆れるほどつまらない。もとよりスピルバーグに登場人物の内面なんか描けるわけもないが、コーエン兄弟が脚本担当ということで少しはカバーされているのかと思っていた。しかしそれは大間違いだったのだ。とにかく、ドラマとして何の盛り上....
映画:ブリッジ・オブ・スパイ Bridge of Spy  よくも悪くも、スピルバーグ印(笑) (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
冷戦時代。 NYブルックリンで、ソ連のスパイが逮捕される。 裁判に際し、自由の国アメリカのイメージを世界に示すためにも弁護士をつける必要があり、トム・ハンクス(写真:右)が抜擢される。 期待されてもいない中、彼は真剣に弁護しようとするが、この時代の一般市....
"Standing man"『ブリッジ・オブ・スパイ(Bridge of Spies)』スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス、マーク・ライランス、... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容・台詞に触れています。『ブリッジ・オブ・スパイ』Bridge of Spies監督 : スティーヴン・スピルバーグ脚本 : コーエン兄弟、マット・チャーマン出演 : トム・ハンクス、マーク・ラ
ブラック・スキャンダル (風に吹かれて)
なぜこの道へ 公式サイト https://warnerbros.co.jp/c/movies/blackmass 実話の映画化 原作: ブラック・スキャンダル (ディック・レイア, ジェラード・オニー
ブリッジ・オブ・スパイ (夏の雨)
「ブリッジ・オブ・スパイ」観ました。 2015年アメリカ 監督 スティーブン・スピルバーグ 出演 トム・ハンクス    マーク・ライランス    スコット・シェパード    エイミー・ライアン 1950~60年代の米ソ冷戦下で起こった実話。 ドノヴァン弁護...
「ブリッジ・オブ・スパイ」 (prisoner's BLOG)
スピルバーグも69歳、黒澤明が「影武者」を撮った時とほぼ同い歳だ。文句なしに巨匠と言われる域に入っているのだな。そしてこれはいかにも巨匠の業というべきスケールとまっとうなテーマと技術的達成と格調を兼ね備えた傑作。 トム・ハンクスがソ連という国名をソビエト...
ブリッジ・オブ・スパイ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【BRIDGE OF SPIES】 2016/01/08公開 アメリカ 142分監督:スティーヴン・スピルバーグ出演:トム・ハンクス、マーク・ライランス、エイミー・ライアン、アラン・アルダ Story:世界が戦争勃発の恐怖に怯える中、世界平和の鍵を握っていたのはひとりの普通の男だった。...
ブリッジ・オブ・スパイ ★★★★ (パピとママ映画のblog)
一触即発の緊張状態にあった米ソ冷戦時代に、実際に行われたスパイ交換をめぐる驚愕の実話をコーエン兄弟の脚本、スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演で映画化した緊迫と感動のサスペンス・ドラマ。共演は本作の演技で数々の映画賞に輝いた英国の実力派舞...
ブリッジ・オブ・スパイ (♪HAVE A NICE DAY♪)
あらすじ アメリカとソ連の冷戦のさなか、保険関連の敏腕弁護士ドノヴァン(トム・ハンクス)は、ソ連のスパイであるアベル(マーク・ライランス)の弁護を引き受ける。その後ドノヴァンの弁護により、アベルは死刑を免れ懲役刑となった。5年後、アメリカがソ連に送り込...
ブリッジ・オブ・スパイ (C’est joli ここちいい毎日を♪)
ブリッジ・オブ・スパイ '15:米 ◆原題:BRIDGE OF SPIES ◆監督:スティーヴン・スピルバーグ「リンカーン」「戦火の馬」 ◆主演: トム・ハンクス、ピーター・マクロビー、アラン・アルダ、イヴ・ヒューソン、エイミー・ライアン、オースティン・ストウェル、マ...
ブリッジ・オブ・スパイ / Bridge of Spies (勝手に映画評)
事実に基づく作品。U-2撃墜事件でソ連に抑留されたフランシス・ゲイリー・パワーズの釈放にまつわる話を描いている。 U-2撃墜事件は、ちょうどベルリンの壁が構築されて時期にも近く、冷戦が最高潮の頃。それを理解しないと、アメリカでソ連のスパイを弁護するということ...
ブリッジ・オブ・スパイ (もののはじめblog)
アメリカとソ連が冷戦状態にあった1957年。 スティーヴン・スピルバーグ監督×コーエン兄弟(&マット・チャーマン)脚本による実話の映画化。 イギリス秘密情報部員ジェームズ・ボンドを主人公にした007が創られたのが1962年であり、スパイ合戦していた時...
「ブリッジ・オブ・スパイ」 (ここなつ映画レビュー)
非常にきちんとした作品。更に言えば、トム・ハンクスの独壇場。きちんと真面目に職務を遂行する男。それがトム・ハンクス扮するジェームズ・ドノバンだ。ドノバンは、保険関係を担当している一介の弁護士だ。冒頭の日常業務の描写で、その後の出来事での彼の戦略を象徴す...
ブリッジ・オブ・スパイ (心のままに映画の風景)
米ソ冷戦のさなか、保険関連の敏腕弁護士ジェームズ・ドノヴァン(トム・ハンクス)は、ソ連のスパイとしてFBIに逮捕されたルドルフ・アベル(マーク・ライランス)の弁護を引き受ける。 敵国の人間を弁護することに非難を浴びせられても、弁護士としての職務を果たし...
「ブリッジ・オブ・スパイ」 (Mr.Bation)
「ブリッジ・オブ・スパイ」 アメリカとソ連の冷戦のさなか、保険関連の敏腕弁護士ドノヴァンは、ソ連のスパイであるアベルの弁護を引き受ける。その後ドノヴァンの弁護により、アベルは死刑を免れ懲役刑となった。5年後、アメリカがソ連に送り込んだ偵察機が撃墜され、....
スパイ交換劇 (笑う社会人の生活)
9日のことですが、映画「ブリッジ・オブ・スパイ」を鑑賞しました。 弁護士ドノヴァンはソ連のスパイ アベルの弁護を引き受ける 敵国の人間の弁護に周囲から非難もあったが死刑を免れ懲役刑となる 5年後、アメリカがソ連に送り込んだ偵察機が撃墜され、乗組員が捕獲さ....
ブリッジ・オブ・スパイ (映画の話でコーヒーブレイク)
家の屋根・外壁の塗り替えをお願いし、家の周りに足場が組まれ、洗濯物も干せない状態が 続いています。強風に雪で、思ったより長引いています。 加えて、ベランダの支えの木の腐食が判明 早く気が付いてよかったねって、 洗濯物と共に落下なんてことになったら大変という...
ブリッジ・オブ・スパイ (Bridge of Spies) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 スティーヴン・スピルバーグ 主演 トム・ハンクス 2015年 アメリカ/ドイツ/インド映画 142分 ドラマ 採点★★★★ 私の世代的なものもあるのかも知れませんし、いつ見ても似たり寄ったりの服装にモジャモジャ髭と変わらない風貌のせいかも知れないんですけ...
ブリッジ・オブ・スパイ (タケヤと愉快な仲間達)
監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:トム・ハンクス、マーク・ライランス、スコット・シェパード、エイミー・ライアン、セバスチャン・コッホ、アラン・アルダ、オースティ......
ブリッジ・オブ・スパイ 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
ゲームにはまってしまい日記もそちらの記事に なってしまいましたが、久々に映画ネタをアップ したいと思います。 こちらは1月に観た映画、スピルバーグ監督の新作 で主演は『ター......
映画 『ブリッジ・オブ・スパイ』 (向う岸)
Amazon.co.jp 『ブリッジ・オブ・スパイ』 allcinema 『ブリッジ・オブ・スパイ』 前半はソ連のスパイのために弁護人となり、 後半は捕虜交換のためにあくまで民間人として 交渉に当......
ブリッジ・オブ・スパイ  (こんな映画見ました~)
『ブリッジ・オブ・スパイ 』---BRIDGE OF SPIES---2015年(アメリカ )監督: スティーヴン・スピルバーグ出演: トム・ハンクス、マーク・ライランス 、エイミー・ライアン 解一触即発......
ブリッジ・オブ・スパイ (ただの映画好き日記)
アメリカとソ連が一触即発の冷戦状態にあった1950~60年代。