西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

ドクター・ストレンジ (3D吹替版) 監督/スコット・デリクソン

2017年02月06日 22時13分54秒 | 西京極シネマ
【出演】
 ベネディクト・カンバーバッチ(Dr.ストレンジ 声:三上 哲)
 レイチェル・マクアダムス  (クリスティーン 声:松下奈緒)
 ティルダ・スウィントン   (エンシェント・ワン 声:樋口可南子)
 キウェテル・イジョフォー  (マスター・モルド 声:小野大輔)
 マッツ・ミケルセン     (カエシリウス 声:井上和彦)

【ストーリー】
ドクター・ストレンジは、天賦の才能を持つ脳外科医として名をはせていたが、ごう慢さが玉にきずだった。彼は地位も名誉もリッチな生活も手に入れていたが、交通事故によって全てをなくしてしまう。神の手と崇拝された両手の機能を取り戻すため、高額な治療を繰り返すが…

【西京極の評価】
期待通りのめくるめく映像マジックは堪能できます。その意味では是非3Dでご覧下さい。一方、ストーリーのややこしい世界観については…欧米人憧れの“東洋の神秘”で全て煙に巻かれた感じでちょっとモヤっとします。その点が許せるか許せないかで評価は分かれそうです。僕はやや後者気味だったので☆4つには届かず。基本的には敵を殺さないヒーローなので立ち回りは意外に地味。ベネカンの存在感がハンパなく最後まで飽きずには観れたのは流石。今後はソーと共闘する様なのでそこは期待しています。

【総合評価】 ☆☆☆★★(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆☆☆★★
 演出/演技 ☆☆☆☆★
 映像    ☆☆☆☆☆
 音楽/音響 ☆☆☆★★

人気ブログランキングへ

コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 岳飛伝(一~三) 北方謙三/... | トップ | LUPIN THE IIIRD 血煙の石川... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます。 (すぷーきー)
2017-02-07 21:06:21
マントはなぜドクター・ストレンジを助けたんでしょうか?
ドルマムゥのすごさが分からず…。
ティルダ・スウィントンの笑顔が怖かったです。
すぷーきーサンへ (西京極 紫)
2017-02-07 21:18:51
コメントありがとうございます。

>マントはなぜドクター・ストレンジを助けたんでしょうか?

そこはスルーでしたね。
モルドの「お前、気に入られたな」の一言で片づけてましたが、
次回作以降で語られることを期待しましょう。

>ドルマムゥのすごさが分からず…。

同感です。
正直、あの大顔面だけでは分かんないですね。
『ネバー・エンディング・ストーリー』の“虚無”みたいな存在でしょうか。

>ティルダ・スウィントンの笑顔が怖かったです。

スキンヘッドの女性って、それだけで怖い(^^;)

コメントを投稿

西京極シネマ」カテゴリの最新記事