西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

11/6 第29節 川崎フロンターレ戦(京都・西京極競技場)

2010年11月07日 00時11分13秒 | サンガ観戦レポート2010
前節アウェイでの仙台戦は諸事情あってTV観戦だった。
結果こそ0-1の惜敗だが、内容は点差以上の惨敗。
残り6試合で残留対象チームFC東京との勝ち点差は12。
チーム状態を考慮して数字的に見れば絶望的な差と言えるだろう。
どこにもポジティヴな材料のない状況では、もう開き直るしかない。
今日のこの試合だけに気持ちを集中させて、他を忘れる。 それしかない。

【サンガのスタメン&ベンチ】
 GK:守田
 DF:渡邉、郭泰輝、水本、森下
 MF:中山、染谷、安藤、ドゥトラ
 FW:ディエゴ、西野
SUB:水谷、鈴木慎、中村太、角田、金成勇、中村充、宮吉

ヤナギのカード累積による出場停止は痛い。
西野の先発はやや不安だが、ベンチには攻撃的なメンバーが控えている。
交代カードも含めてとにかく気持ちを前面に出す試合を期待する。

【前半】
開始直後から川崎が積極的に攻め、
サンガはゴール前に引いて守る形を余儀なくされる。
これはある程度、戦前から予想された形。慌てることはない。

やや試合が落ち着いてきたかと思われた前半15分。
サンガの左サイドから川崎が上げたクロスのこぼれ球を
逆サイドに待つ小宮山が拾いシュート。 大剛の寄せが甘く、先制許す。0-1。
もう見慣れた風景。 気にすんな! 応援継続!

タレントが豊富な川崎に中盤を支配されセカンドボールが拾えなかったサンガだが、
ようやくチャンスが訪れたのは前半30分。
前線の密集地帯で浮き球を絡めつつ細かくボールをつないで
最後はドゥトラがゴール!! 前半で追いつき1-1。
後半に望みをつなぐ。

【後半】
後半、サンガも中盤でセカンドボールを拾える様になる。
川崎は前線に黒津を入れて中盤を省略したパワープレーを仕掛けてくる。

徐々に試合はサンガの時間帯に。 だが、ゴールネットは揺らせない。
ドゥトラがドリブルで抜け出し川崎GK相澤と1対1になり倒されるシーンもあったが、
PKを採ってもらえず。 サポーターから大ブーイング。 クソ審判松尾。

後半30分あたりまではほぼサンガのペース。
その間に存在感のなかった西野に代えて充孝。
まず一枚目の交代カードを切る。 ここは納得。

自分たちの時間帯でチャンスを活かせないと、
一気にピンチとなるのは、サッカーに限らずスポーツの世界では良くあること。
中盤のパスミスを奪われ、サイドに展開され、
途中交代の川崎FW黒津のミドルでまたもリードを許す。1-2。
これは本当に痛かった。

サンガ一気に残った2枚の交代カードを切る。
森下→太亮。
安藤→ソンヨン。
明らかに点を獲りに行くというメッセージ。 分りやすい。

もう一度、試合のペースを自分たちに取り戻そうとするサンガ。
試合が動いたのは後半39分。
ディエゴのFKで得たチャンスから川崎ゴール前で競り合って
最後は充孝のプロ初となるビューティフルなゴールで再度同点とする!
ゴール裏は大いに盛り上がったが、それは一瞬だった。

その直後、川崎のカウンターを食らって、憲剛にゴール前で粘られ
シュートを許しまたまた逆転…2-3。

さらにその3分後、前懸りになった中盤でまたもカウンター食らい2点のビハインド。
2-4。 苦しくなった。

今日のサンガイレブンは諦めない。
ロスタイム2分、右サイドをドリブルで駆け上がったドゥトラからのクロスに
滑り込んだソンヨンが見事に合わせ意地の3点目となるゴール。

まだ諦めない。 まだいける。

川崎のDFラインは明らかに混乱している。 だが時間が足りない。
選手もサポーターも最後まで攻める気持ちを出したが思い届かず…
3-4のままクソ審判松尾のホイッスル。

【試合後】
負けた。
同日試合のあった残留争いのライバルたちは憎らしくも勝ち点を積み上げていた。
残り5試合で15位・FC東京との勝ち点差は13に拡がった。
次節の結果次第でJ2降格が決まるかもしれない。
だが、終わった試合をどうこう言っても仕方ない。
審判がクソでも、試合の結果は覆らない。
負けは負けだ。

試合後、ゴール裏に挨拶に来た選手にヤジはなかった。
少なくとも僕の耳には聴こえなかった。
僕はしなかったが、拍手するサポは多かった。
サポに気持ちは届いていたに違いない。

少なくとも今日の試合、
「獲られたら獲り返せ!」
「やられたらやり返せ!」
そんな諦めない気持ちをサンガイレブン全員から感じることは出来た。
気持ちの入った面白い試合だった。
今日のプレーを観て、残り5試合、こいつらと一緒に戦えると思えた。

この考えは甘チャンかもしれない。
甘チャンで結構。
残り5試合、ひとつでも勝って喜べる為に応援しようと心に決めた。

【今日の一言】
 点を獲られても、獲り返す―そのプレーが応援する勇気となる

【試合結果】 京都3-4川崎

【観客数】 11,927人

【得点者】
 京都 : ドゥトラ30、中村充85、金成勇90+2
 川崎 : 小宮山16、黒津76、中村憲86、ジュニーニョ89

【サンガ選手の個人的評価】(10段階評価で5が平均)
 GK:守田5.5
 DF:渡邉6、郭泰輝5、水本5.5、森下5(79分 中村太5.5)
 MF:中山5、染谷5.5、安藤5.5(79分 金成勇6.5)、ドゥトラ7
 FW:ディエゴ5.5、西野4(63分 中村充6)

【今日の私的MOM】 ドゥトラ : 積極的なドリブルでの仕掛けが気持ち感じた

【現在のサンガのリーグ戦成績】 3勝 7分 19敗 勝ち点:16 順位:17位


最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (おいどん)
2010-11-07 11:20:09
いよいよ最終局面まできましたね。
僕らそれぞれに楽しみを見つける…そうですね(T_T)
なんも考えずにね


あと昨日はうちのキモいコスプレをいじっていただきましてありがとうございます
本人が大感謝してました。
おいどんサンへ (西京極 紫)
2010-11-07 13:42:07
もうあれこれ言ってもね、なる様にしかなりません。
ただ選手にはプロとして恥ずかしくない
観ている我々が楽しめる試合をやってもらいたい。
僕らもそんな試合を盛り上げられる様応援する。
そういう事です。

それから“パピヨン”さんね(笑)
小学生のイジリが中途半端だったので
ちょっと煽ってやりましたが、喜んで頂けたなら幸いです。
お疲れ様でした!

コメントを投稿