西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

シュガー・ラッシュ(2D 日本語吹替版)  監督/リッチ・ムーア

2013年04月02日 23時33分58秒 | 西京極シネマ
【声の出演】
 山寺宏一 (ラルフ)
 諸星すみれ(ヴァネロペ)
 花輪英司 (フェリックス)
 田村聖子 (カルホーン軍曹)
 多田野曜平(キャンディ大王)

【ストーリー】
30年前のゲーム「フィックス・イット・フェリックス」。ゲームの仲間たちは30周年パーティーを楽しんでいたが、悪役のラルフは招待すらしてもらえない。ヒーローになりたいと願う彼は、ヒーローの証のメダルを手に入れるためシューティングゲーム「ヒーローズ・デューティ」に入り込む。メダルを手に入れ脱出するが、「シュガー・ラッシュ」というレーシングゲームの世界に墜落。そこでヴァネロペという少女レーサーと出会う。 併映:「紙ひこうき」

【西京極の評価】
ATARIの『PON』がこの世に登場してビデオゲームの歴史が始まって、40年。ついにビデオゲームを題材にしたCGアニメが作られる時代になったと思うと感慨深い。ゲームの悪役に嫌気がさして、ヒーローになろうとするラルフ。ゲームのバグ(不具合)扱いされるがレースに勝つ事で存在を認めてもらおうとするヴァネロペ。ビデオゲームの世界で面白おかしくコーティングされてはいるものの、扱われているのは自分の役割を肯定する事と、他者への思いやりという至極真面目なテーマだ。それをゲームの悪役キャラで伝えようとした点は大正解。キャラクターの造形が巧みで知らず知らずの内に感情移入してしまう。素直に楽しめました。余談ですが、映画の中に登場したレトロゲームキャラ「Qバート」、大好きでした(笑)

【総合評価】 ☆☆☆☆★(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆☆☆★★
 演出/演技 ☆☆☆☆★
 映像    ☆☆☆☆☆
 音楽/音響 ☆☆☆☆★

人気ブログランキングへ

コメント (2)   トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
« 村クエ コンプリート!! | トップ | 罪と罰 (上・下)  ドスト... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ゲーム (sakurai)
2013-05-04 20:17:40
全然不案内でしたが、楽しめましたです。
ちゃんとリアルにあるゲーム達なんですね。
2Dの上映あったんだ。
いいなあ。3Dしかなくて、途中から眼鏡外して見てました。
あたしの目当ては「紙ひこうき」だったんですがね。
sakuraiさんへ (西京極 紫)
2013-05-04 20:59:55
ザンギエフ(ストⅡ)とか、
クッパ(スーパーマリオ)とか、
パックマンのおばけとか、
全部実在のビデオゲームのキャラですね。
ラルフの出ているゲームも元ネタはきっと「ドンキーコング」でしょうし。

毎回毎回同じ様にやられちゃう…
そんな役割を担わされているゲームの敵役だからこそ
このテーマの映画に出来たのでしょうね。

「紙ひこうき」良かったですね。
CG技術を使っているけれど、出来上がりは上質のセルアニメ。
オチは解っているけど、その予定調和が心地良い。

コメントを投稿

西京極シネマ」カテゴリの最新記事

29 トラックバック

『シュガー・ラッシュ』 肝になるのは4番目の世界 (映画のブログ)
 いったい、映画何本分のアイデアを注ぎ込んでいるのだろう。  『シュガー・ラッシュ』がべらぼうに面白い理由の一つは、豊富なアイデアを溢れんばかりにぶち込んだことにあるだろう。  『シュガー・ラ...
シュガー・ラッシュ 2D 吹替版/同時上映『紙ひこうき』 (カノンな日々)
ゲームの世界の住人たち、その中で嫌われ者となる悪役キャラを主人公にして世界を救うために活躍する姿を描いたディズニー映画の3DCGアニメ・アドベンチャー・ムービーです。設定か ...
『シュガー・ラッシュ』 2013年3月9日 ディズニー試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『シュガー・ラッシュ』 を試写会で鑑賞しました。 ディズニーの試写室はいつ行ってもいいところですね 【ストーリー】  アクション・ゲーム「フィックス・イット・フェリックス」の敵キャラを30年間も演じているラルフ。人々から嫌われている状況にうんざりしていた...
シュガー・ラッシュ(2D) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(10) 女戦士カルホーン軍曹!これに尽きる(笑)
シュガー・ラッシュ (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
シュガー・ラッシュ オリジナル・サウンドトラック [CD]ヒーローに憧れる悪役キャラの冒険を描く秀作アニメーション「シュガー・ラッシュ」。併映の短編「紙ひこうき」も最高!人気 ...
シュガー・ラッシュ (だらだら無気力ブログ!)
素晴らしい出来で面白かった!
シュガー・ラッシュ<日本語吹替版> (そーれりぽーと)
日本のテレビゲームキャラクターやアーケードゲームキャラクターも登場する『シュガー・ラッシュ』を観てきました。 ★★★ 人間の子供が居ない間におもちゃ達が動き出す『トイ・ストーリー』のテレビゲーム版みたいな感じ。 ピクサーと同じ資本のディズニーだから出来た...
『シュガー・ラッシュ』を109シネマズ木場7で観て、これは大絶賛ふじき★★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★★負けた負けた負けた】 超絶面白いんである。 大衆娯楽の行きつく到達点のようである。 ちなみに私はゲームを基本やらん人なんで、 ゲーム知らんで ...
映画:「シュガー・ラッシュ」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成25年3月29日(金)。 映画:「シュガー・ラッシュ」。 監   督:リッチ・ムーア 脚   本 ジェニファー・リー 、フィル・ジョンストン 製作総指揮:ジョン・ラセター 製   作:クラーク・スペンサー 音   楽:ヘンリー・ジャックマン 主...
「シュガー・ラッシュ」 ゲームをするワクワク、映画を観るワクワク (はらやんの映画徒然草)
ディズニーはピクサーを買収してから、映画の質があがったと思います。 形としてはデ
『シュガー・ラッシュ』 (ラムの大通り)
(原題:Wreck-It Ralph) ----この映画、 ディズニー・アニメ映画史上最大のヒット作、 日本でもスゴイ人気ニャんだって? ゲームセンターのゲームが舞台って、 小さくまとまっちゃいそうだけど、 いったいどんなお話ニャの? 「いやいや、 この物語の広がり方はスゴ...
[映画『シュガー・ラッシュ』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・面白かった。  これって、ピクサーじゃないのかな…、いつもの最初の卓上ライト君のデモとロゴがなかったもんね。  すると、だ、ディズニーの底力をまざまざと見せられたような気がする傑作だ。  ピクサー印の三大傑作『トイ・ストーリー』、『モンスターズ...
シュガー・ラッシュ / 紙ひこうき (チケット持って、おさんぽ行こう)
WRECK-IT RALPH (2012) メディア:映画 Anime 上映時間:101分 製作国:アメリカ 公開情報:劇場公開(ディズニー) 初公開年月:2013/03/23 ジャンル:ファンタジー/アドベンチャー/ファミリー 映倫:G いま、ゲームの世界の“裏側”で “悪役キャラ”ラル...
『シュガー・ラッシュ』('13初鑑賞28・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 3月23日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 15:15の回を鑑賞。
シュガー・ラッシュ・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
誰だって、ヒーローになれる。 大人も子供も大好きな、ゲームの世界を舞台とした痛快なCGアニメーション。 ヒーローになりたいと願う悪役キャラクターのラルフと、不良プログラムとしていじめられている少...
シュガー・ラッシュ ★★★★ (パピとママ映画のblog)
ヒーローになりたいと願うゲームの悪役キャラクターが、少女とゲームの世界を救うため活躍する姿を描く3DCGアニメ。 監督は、『ザ・シンプソンズ』シリーズのリッチ・ムーア。声の出演は、「9<ナイン> 9番目の奇妙な人形」のジョン・C・ライリー。2012年アニー賞にて....
Wreck-it Ralph / シュガーラッシュ (映画の話でコーヒーブレイク)
丁度時間が合ったので、ディズニー映画「Wreck-it Ralph」を見ることにしました。日本では「シュガー•ラッシュ」のタイトルで3月末に公開予定のようですね。 この映画、全く知らなかったのですが、懐かしのテレビゲームのキャラが多数登場。ほとんどゲームをし...
★シュガー・ラッシュ&紙ひこうき(2012)★ (Cinema Collection 2)
WRECK-IT RALPH いま、ゲームの世界の“裏側”で “悪役キャラ”ラルフの冒険が始まる! 「誰だって、ヒーローになりたいんだ…」 上映時間 101分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ディズニー) 初公開年月 2013/03/23 ジャンル ファンタジー/アドベンチャー/...
ヒーローになりたい!/壊し屋ラルフ~『シュガー・ラッシュ』 【2D・吹替え版】 (真紅のthinkingdays)
 WRECK-IT RALPH  レトロなゲーム 「FIX-IT FELIX」(原題と対になっている) の悪役である 大男のラルフは、壊し屋であるゆえに、皆から疎んじられることに飽き飽きし ていた。ヒーロー...
シュガー・ラッシュ (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「シュガー・ラッシュ」監督:リッチ・ムーア声の出演:山寺宏一、諸星すみれ、花輪英司、田村聖子、多田野曜平、友近、最上嗣生、高岡瓶々、石塚運昇 他配給:ウォルト・ディズニ ...
「シュガー・ラッシュ」 (prisoner's BLOG)
アタシみたいにゲーセンだろうが家庭用であろうがおよそゲームというゲームをまるでやらない人間には見当がつかないが、ゲームというのがもう、ひとつの歴史でありカルチャアになっていることは間違いないところ。そうでないと、ゲームの世界をこれだけ実在するものとして...
シュガー・ラッシュ (はるみのひとり言)
レディースデーで見て来ました。ヒッチコックとどちらにしようか迷ったんだけど、楽しいのが見たかったのでこちらに。公開されてから日が経ってるのか、春休みが終わったせいなのか、広い劇場内はガラガラでした。ゆったり見れていいんだけどね。(ゆったり過ぎるぞ)ぼん...
ゲームキャラの裏側 (笑う社会人の生活)
1日のことですが、映画「シュガー・ラッシュ」を鑑賞しました。 ゲームの敵キャラで回りから嫌われる状況にうんざりしていたラルフ そこで自分のゲーム世界を抜け出しお菓子だらけの世界のレースゲーム「シュガー・ラッシュ」の世界へ行くのだが・・・ ゲームキャラの....
『シュガー・ラッシュ』(2013) (【徒然なるままに・・・】)
ゲームの悪役キャラのラルフは、自分もヒーローになりたいと「シュガー・ラッシュ」という他のゲームの中へ逃げ出してしまう。そこで彼は、仲間外れにされていた少女ヴァネロペと出会う。似た境遇の二人はやがて深い絆で結ばれて行くが、その時「シュガー・ラッシュ」に隠...
シュガー・ラッシュ&紙ひこうき (迷宮映画館)
さすがの構成力、、、文句はなぜに3D??
シュガー・ラッシュ (銀幕大帝α)
WRECK-IT RALPH 2012年 アメリカ 101分 ファンタジー/アドベンチャー/ファミリー 劇場公開(2013/03/23) 監督:リッチ・ムーア 製作総指揮:ジョン・ラセター 原案:リッチ・ムーア 挿入歌:AKB48『Sugar Rush』 声の出演: ジョン・C・ライリー:ラルフ サ...
シュガー・ラッシュ (いやいやえん)
ゲームの世界の話なので、実在するゲームのキャラクターも登場。マリオやスト?のキャラやソニックなんかが脇役としてですが、ゲーム好きには嬉しい登場ですよね。しかも、コナミコマンド「上上下下左右左右BA」まで出ちゃう。あまりにも懐かしいんで、胸の辺りがキ...
シュガーラッシュ (シネマ日記)
今年「アナと雪の女王」で大ヒットを飛ばしたディズニーの1作前の作品です。このブログに何度も書いているようにワタクシはディズニーファンなのですが、この作品は見に行きませんでした。ちまたの評判が良いのは知っていたのですが、ぱっと見のキャラクターにあまり魅か...
シュガー・ラッシュ (のほほん便り)
自称・元ゲーマーだけに、思わずニヤリとする要素、満載でヤンヤ。軽く様子見するつもりが、めちゃくちゃ面白かった!です。思えば「トイ・ストーリー」もそうでしたが、知らないところで玩具が、ゲームが、動き出すって、素敵な発想。「もしも」の世界からの柔軟な発想と...