西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

ライトハウス  監督/ロバート・エガース

2021年07月23日 17時40分02秒 | 西京極シネマ
【出演】
 ロバート・パティンソン
 ウィレム・デフォー

【ストーリー】
1890年代、ニューイングランドの孤島。4週間にわたり灯台と島の管理を行う為、ベテランのトーマスと未経験の若者イーフレイム  二人の灯台守が島にやってきた。初日からそりが合わず衝突を繰り返す二人は、島を襲った嵐により島に閉じ込められてしまう。

【西京極の評価】
特定の空間に閉じ込められた人間が精神に異常をきたしていく過程をホラータッチで描いていくところはマイ・フェイバリット・ムービーの一つ『シャイニング』に通じる。だが本作主人公である二人の灯台守はどちらも最初から共感しにくい性格でそのせいもあって『シャイニング』ほど身に迫る恐怖感はない。イーフレイムが豹変するシーンもいきなり過ぎて置いてけぼりにされた感アリ。似たテーマ故にあらためて『シャイニング』の設定とホラー演出の巧みさを再認識しました。…コレじゃ本作をレビューした事になってないかも…すんません(苦笑)

【総合評価】 ☆☆☆★★(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆☆☆★★
 演出/演技 ☆☆☆☆★
 映像    ☆☆☆★★
 音楽/音響 ☆☆☆☆★

人気ブログランキングへ

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« サンガの2021シーズン前半総括 | トップ | 2回目のワクチン接種終わり... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

西京極シネマ」カテゴリの最新記事