西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第五章 煉獄篇 監督/羽原信義

2018年06月13日 23時16分52秒 | 西京極シネマ
【声の出演】
 小野 大輔 (古代 進)
 神谷 浩史 (クラウス・キーマン)
 山寺 宏一 (デスラー)
 神田 沙也加(テレサ)

【ストーリー】
伝説の惑星テレザートに到達したヤマト。しかし古代たちの前にかつての敵、デスラーが現れる。ガミラス旧体制派がそろうデスラー艦隊と戦う古代たちのもとへキーマンが駆けつけ、予想外の行動を起こす。一方、ガトランティスでは新たなサーベラーが目覚め、地球への侵攻作戦が始まっていた。

【西京極の評価】
第四章 天命篇で提示されたデスラー総統とキーマンとの関係が本篇で遂に明らかになりました。デスラーの過去にそんな秘密があったとは…と、まぁここまでは良かった。ところがその後のテレサとのエピソード、ガトランティスの侵略目的、デスラーの思惑…これらの伏線が山盛り過ぎてほぼ理解不能。おまけにガトランティスと地球連合の艦隊戦では後出しジャンケン的にどんどん強力な武器がインフレ登場。ちょっとやり過ぎでしょ?ラストの加藤の行動も論理破綻してないか?色々と混乱を来した訳だが、11月公開の回生篇でスッキリさせてもらえるのだろうか?

【総合評価】 ☆☆★★★(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆☆★★★
 演出/演技 ☆☆☆★★
 映像/特撮 ☆☆☆★★
 音楽/音響 ☆☆★★★

人気ブログランキングへ
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 本田ヌキでエエやん | トップ | 6/16 第19節 東京ヴェルデ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

西京極シネマ」カテゴリの最新記事