西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

仁義なき戦い 官邸VS検察

2020年07月09日 21時29分45秒 | 日々の雑感
雨続きで鬱陶しい日々が続く中、
さらに不快指数が高まるニュースが新聞紙面を賑わしている。

前法務大臣夫妻の選挙での買収疑惑である。

当初はウグイス嬢への報酬を規定より多く渡していたというしょーもない事件だった。
その時は僕も「そりゃギャラが安過ぎるわ。それくらいエエやろ」と思ってた。

それが今ではどうだろう。
広島県の市長やら町長やら議員やら…あとからあとから出るわ出るわ
「ワシももろた」
「ワシも渡された」
と、その数なんと数十人に。
さすがにここまで来たら「エエやろ」とは言えない。

ところが、である。

金を渡した元法相夫妻が起訴されるのは当然だが、
不思議な事に金を貰った議員らが起訴される気配がない。
贈収賄は、金を渡した側も、貰った側も同罪のはずである。
なのに貰った側がお咎めなしって…あきらかに司法取引やろ?

一般人ならいざ知らず、貰った方も税金でメシを食っている公僕である。
司法取引で無罪放免、失職もしないって絶対ヘンだ。
そんなの法治国家とは言ない。

恐らく先の検事長人事に介入した(であろう)官邸への意趣返しだろうが、
なりふり構わぬ検察のやり方は
まさに(舞台が広島だけに)仁義なき戦いである。
前法相夫妻はもちろん、セコくゲロった裏切り議員たちもしっかり追及してもらいたい!

そこに正義があるのなら…

コメント   この記事についてブログを書く
« 一度も撃ってません  監督/... | トップ | 7/11 第4節 アビスパ福岡... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日々の雑感」カテゴリの最新記事