西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

戦国武将の御宅拝見48 - 本多正純 / 宇都宮城 -

2018年05月05日 14時52分26秒 | お城探訪
今回やって来たのは栃木県宇都宮市にある宇都宮城です。

冒頭の写真のように、この宇都宮城は石垣ではなく掻き揚げた土塁で出来ているお城です。
古くは平安時代末期  ですから源平合戦の頃に出来たお城で、
藤原宗円が築城したのが最初と言われています。

その後、鎌倉から室町期にかけて宇都宮氏が城主としてこの地方を代々治めていましたが、
宇都宮国綱が豊臣秀吉に所領を奪われ、家が断絶。
その後は浅野長政が城代となったり、蒲生秀行が入ったりしましたが、
最も有名なのは徳川幕府の治める世となった元和五(1619)年に城主となった本多正純でしょう。

本多正純。
徳川家康の策謀ほぼすべてを担った本多正信を父に持ち、
自身も家康の懐刀として卓越した智謀で徳川政権を支えた能吏です。
まぁ、今でいうところの財務官僚のトップですね。
豊臣政権時代の石田三成のような存在だったと言えます。
正純は家康の下で有力な大名を次々と国替えさせたり、取り潰したりして力を削ぎ、
相対的に徳川政権を盤石なものにする事に成功し、この宇都宮入国の時には15万5千石にまで出世します。

この出世が同僚からの嫉妬を生んだのか、
将軍・家光が日光東照宮参拝に向かう途中この宇都宮城に宿泊した際、
仕掛けた釣り天井を落として暗殺しようと企んだとの噂を流され、
三年後の元和八(1622)年に改易されました。
後の世に言う宇都宮釣り天井事件です。

ともあれ、宇都宮城は正純の時代に最大の規模に整備されました。

ですが、その後幕末の戊辰戦争で宇都宮が戦場となり、街も城もほとんどが焼けてしまい、
今残っているのは西側の土塁の一部と平成になってから復元された清明台と富士見櫓のみです。


宇都宮城址公園前の駐車場(ゲートはあるけど、無料)に車を停めて、
まずは外周を歩いてみました。

 外周から見た清明台と土塁

 外周から見た富士見櫓

外周を巡って清明台と富士見櫓の中間に設けられたゲートから土塁の内部へ。

土塁の内部はちょっとした資料館となっていて、入館はこちらも無料。
城址から掘り出された土器や漆器、瓦や江戸期の宇都宮城のジオラマ模型などが展示されていました。

ここからエレベータで土塁の上へ移動。
出て右手に清明台、左手が富士見櫓があります。

まずは清明台へ。


 清明台
清明台は天守を持たない宇都宮城の天守代わりとされたらしいですが、
まぁ徳川幕府政権下、そのお膝元宇都宮で戦など起こるはずもなく、
天守など必要なかったのでしょう。
 清明台内部
内部はまだ真新しくヒノキの良い香りがしていました。
この日は閉められていましたが、日曜日は二階にも上がれるらしいです。

次に反対側の富士見櫓へ。


 富士見櫓
“富士見櫓”というのは文字通り、霊峰富士を見る為の櫓で、
江戸城をはじめ、いろんなお城に同じ名前があります。
でも…宇都宮から見えるのかな富士山?

 富士見櫓内部
こちらもほぼ構造は清明台と同じ。
どちらにも釣り天井は仕掛けてなさそうww

土塁で囲われたお城は他にも残っているのかもしれませんが、
僕が知っている限りではここ宇都宮城だけ。
関東七名城のひとつであるこのお城を訪問出来て良かった。

教訓。
頭が良過ぎたり、偉くなり過ぎると、
他人から妬まれて、足を引っ張られる。
何でもほどほどにしておくのが一番。うん、うん。



お城見学後、徒歩にてJR宇都宮駅まで行って宇都宮餃子を食す。
元祖宇味家(と書いてウマイヤと読むらしい)さん。
プレーンな焼き餃子と独特な食感のフライ餃子、どちらも美味しかった~!

でもさぁ、“宇味”じゃ“ウ・マイ”とは読まないでしょ?
“宇昧”なら読めるけど…


最新の画像もっと見る

コメントを投稿