西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

15時17分、パリ行き  監督/クリント・イーストウッド

2018年03月05日 22時08分42秒 | 西京極シネマ
【出演】
 アンソニー・サドラー
 アレク・スカラトス
 スペンサー・ストーン

【ストーリー】
2015年8月21日、554人の客が乗るアムステルダム発パリ行きの高速鉄道タリスに、武装したイスラム過激派の男が乗り込み無差別テロを企てる。乗客たちが恐怖に凍り付く中、旅行中で偶然乗り合わせていたアメリカ空軍兵スペンサー・ストーンとオレゴン州兵アレク・スカラトス、二人の友人の大学生アンソニー・サドラーが犯人に立ち向かう。

【西京極の評価】
イーストウッド監督作としては最短上映時間だろう94分。そのほとんどが主人公3人の少年時代とダラダラとしたヨーロッパ旅行に費やされている。なのに退屈させる事なく観させるのはやはりイーストウッドの巧さなんだろうな。現実の事件のホンモノの当事者(もちろんシロート)3人を主役に起用出来るのもイーストウッドだから。すごく面白かったって訳じゃないけど、イーストウッドの凄さを体感出来る映画ではあります。

【総合評価】 ☆☆☆★★(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆☆☆★★
 演出/演技 ☆☆☆☆★
 映像    ☆☆☆★★
 音楽/音響 ☆☆☆★★

人気ブログランキングへ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 最低限の結果 | トップ | シェイプ・オブ・ウォーター... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私も観ました! (砂希)
2018-03-22 22:00:32
こんばんは。
TB機能がなくなると不便ですね。
私も観ましたが、こちらの感想も参考にさせていただきました。
特に、上映時間の短さがわかって助かりました。
気軽に出かけられますからね。
公開2日後に行かれたんですね。
私は昨日だったので、上映時間が限られ早朝となってしまいました。
早めがいいですね。
砂希サンへ (西京極 紫)
2018-03-22 22:12:11
コメントありがとうございます。

本当にTBなくなって不便です。
これもご時世って事でしょうが…復活してほしいなぁ。

『15時17分、パリ行き』ご覧になられましたか!
イーストウッド監督作では恐らく最短ではなかろうか、と。
主題のテロリストとの闘いはほんの僅かの時間でしたが、
主人公3人に感情移入する為には
彼らの生い立ちを描かざるを得なかったのは理解出来ました。
御年80歳を越えても挑戦的な映画を撮る監督ですよね。

コメントを投稿

西京極シネマ」カテゴリの最新記事