西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

ストレイヤーズ・クロニクル  監督/瀬々 敬久

2015年07月05日 18時24分11秒 | 西京極シネマ
【出演】
 岡田 将生
 染谷 将太
 松岡 茉優
 伊原 剛志

【ストーリー】
1990年代初頭、極秘実験によって人間の能力を限界まで発達させた子供たち、動物や昆虫の能力を備えた子供たちが生み出される。それから20年後、実験で視覚、視神経、脳伝達速度が発達し異能力者となった昴とその仲間たちは、特殊能力を得た代わりに精神が崩壊する危険性も抱えることに。そして、その解決の鍵を握る外務副大臣・渡瀬の下で、公にできない様々なミッションを遂行していた。そんな中、同じ異能力者である学が率いる暗殺者集団アゲハが渡瀬をターゲットに定めていて…

【西京極の評価】
原作小説未読の為、どの程度実写化が成功しているかは判りませんが、お話はエスパー物としてはそれほど新しくないです。また邦画としてはがんばってCG合成でアクションに挑戦してはいますが、ハリウッドのソレとはやはりかなり差がある。それでも一本の映画として辛うじて成立させているのは染谷クンのオーラです。(なので主役が岡田クンなのになぜか記事の写真は染谷クンw)ほとんどアクションせず車椅子に座りっ放しなのに…。彼を脇役で使うと主役を演じる俳優を食っちゃうので気の毒だね。最後にゲスの極み乙女。の主題歌はよく映画にマッチしてました。

【総合評価】 ☆☆☆★★(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆☆★★★
 演出/演技 ☆☆☆★★
 映像/特撮 ☆☆☆★★
 音楽/音響 ☆☆☆★★

人気ブログランキングへ

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 7/4 第21節 ファジアーノ岡... | トップ | 予想外ニュース2件 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
覚えていて・・・・ (信州諏訪発気まぐれ親父)
2015-07-10 06:20:19
トラック・バックありがとうございます
gooに戻ってきて覚えていただいて
居るとは!感謝です。TBのやり方が
相変わらず分からないので読者登録
だけでもと思いさせて頂きました。
信州諏訪発気まぐれ親父サマへ (西京極 紫)
2015-07-10 07:34:55
こちらこそ、おかえりなさいませ。
コメントありがとうございます。

TBの方法ですが、
相手の記事のトラックバック Ping-URLをコピーして
編集ページで自分の記事のトラックバックURL欄に張り付ければOKです。

今後とも宜しくお願い致します。

コメントを投稿

西京極シネマ」カテゴリの最新記事