西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

映画「けいおん!」  監督/山田 尚子

2012年01月13日 00時52分58秒 | 西京極シネマ
【声の出演】
 豊崎愛生(平沢唯)
 日笠陽子(秋山澪)
 佐藤聡美(田井中律)
 寿美菜子(琴吹紬)
 竹達彩奈(中野梓)

【ストーリー】
桜が丘女子高校軽音部の3年生、平沢唯、秋山澪、田井中律、琴吹紬の4人は、卒業を控え、いつも通りのどかな日々を送っていた。大学にも合格し、心配事といえば、軽音部に残される2年生部員、中野梓にどんなプレゼントを渡そうかということくらい。そんな中、ロンドンに卒業旅行に行こうという話が持ち上がる。梓も一緒に行くこととなり、思い出作りに楽器や制服も持って意気揚々とロンドンへ向かう5人。しかし、いきなりトラブルが発生し…

【西京極の評価】
昨年からのブームでもちろん知ってはいたけど、会社のアニメ好きに誘われなかったら絶対一人では観なかっただろう「けいおん!」。一言でいえばJKの他愛のない日常をそのまんまアニメにした作品。でもその他愛のなさが魅力だと言うのが良く解りました。同じバンド活動をモチーフにしても男が中心だとどうしても挫折とか苦悩とか根性モノに発展しがちですが、ガールズバンド  それもJKとなるとそんな深刻な話にはならないし、する必要がない。日々が楽しければそれでいい…僕にもそんな時代があったなぁと思い出しました。京福電鉄沿いで学生生活を送ったこともあり、修学院駅や出町柳駅のシーンには感慨深いものがありました。萌えですね、萌え(^△^)

【総合評価】 ☆☆☆★★(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆☆☆★★
 演出/演技 ☆☆☆★★
 映像/特撮 ☆☆☆★★
 音楽/音響 ☆☆★★★

人気ブログランキングへ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
« ( ̄^ ̄ )彡あくまでレンタル... | トップ | 出入りの激しい日 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
まあ (sakurai)
2012-01-15 13:31:05
あたしも普通だったら絶対にみないのですが、他にな~んにもみるものがなくて、意を決してみました、はい。
他愛のなさ!!これに尽きますねえ。
もう今の子たちのゆとりの賜物みたいな。
親に感謝して旅行行けよ!とか思ったのですが、あんなもんなんでしょうか。
sakuraiさんへ (西京極 紫)
2012-01-15 16:46:58
TB返し&コメントありがとうございます。

sakuraiさんは先生なんですね。
先生の視点から「けいおん!」を観たら
いろいろツッコミたくはなるでしょうね(笑)
でも、自分の高校生の頃もきっと「今時の高校生は…(タメ息)」とか言われてたハズ。
もう30年以上前になりますけど、ハハハ。
いろいろな意味で観て楽しみました。
Unknown (m)
2012-01-18 00:02:19
失礼ながら「京福」ってところに時代を感じましたw 確かに昔は「京福電鉄叡山線・鞍馬線」といってましたが、10年ほど前?に京福が叡電線を手放し、現在では京阪電鉄の100%子会社である「叡山電鉄」という会社になりました。ちなみに嵐電はいまでも京福電鉄の経営です。
mサマへ (西京極 紫)
2012-01-18 00:31:47
失礼…じゃありませんよ、そういう世代なもので(笑)
そうですね、たしかに今は叡山電車ですね。
こちらこそ失礼致しました(^_^)>

コメントを投稿

西京極シネマ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

13 トラックバック

映画けいおん!を観に行って来ますた(`・ω・´) (日記・・・かも)
「…という事で、そのまんまタイトル通りでございます。」 「公開初日からお疲れ様です!私も少し出てましたけど、どうでしたか?」 「もう少し憂ちゃん成分が欲しい所でしたけど、約2時間程であそこまで濃厚な物語が見られて大満足この上ないですねー。やっぱりけいおん...
映画 けいおん! (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <池袋シネマサンシャイン> 監督:山田尚子 原作:かきふらい 脚本:吉田玲子 キャラクターデザイン:堀口悠紀子 作画監督:堀口悠紀子 私たちはいつまでも放課後です。 公開からだいぶ日が経っての観賞。 どこからともなく賛否両論洩れ聞こ....
「映画 けいおん!」 いつまでも続くふわふわ時間 (はらやんの映画徒然草)
軽音部のメンバーが過ごすゆるっとした放課後の時間を描いたアニメがついに映画化です
映画 けいおん! (だらだら無気力ブログ!)
やべぇ、あずにゃんが可愛すぎて、あずにゃん派になりそうや。
映画 けいおん! (迷宮映画館)
こどももすなるけいおんといふものを、おばさんもみんとてみるなり・・・
『映画けいおん!』 (こねたみっくす)
私たちはいつまでも放課後です!いつまでもふわふわしたままの放課後ティータイムです! ヨーロッパ顔の平沢唯、履いてない疑惑の秋山澪、I'm部長の田井中律、金持ち恐るべしの琴 ...
劇場鑑賞「映画 けいおん!」 (日々“是”精進! ver.A)
先輩から、後輩へ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201112030001/ 映画「けいおん!」オリジナルサウンドトラックK-ON! MOVIE ORIGINAL SOUND TRACK posted with amazlet at 11.11.30 サウンドトラ...
映画 けいおん!・・・・・評価額1400円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
まったり女子高ライフ・・・♪( ´▽`) 「映画 けいおん!」は、とある高校の軽音楽部でガールズバンドを組む、4人の女子高生の日常を描いた、かきふらい原作のテレビアニメーションのザ・ムービーだ。 3年...
映画 けいおん! ULTIRA版/豊崎愛生、日笠陽子 (カノンな日々)
『涼宮ハルヒの憂鬱』(参考:『涼宮ハルヒの消失』)を観てハマることがなければこのアニメ映画を観に行きたいなんて思うことはなかったでしょうね。きっかけは同じように話題にな ...
「けいおん!」 (prisoner's BLOG)
もとのマンガもテレビ版もまったく知らないで見た。 女子高生のバンドの話であることは知っていたから、カワイイ光線ばりばりで見ていて辟易させられるのではないかと思っていたら、誰かに媚びて可愛いのではなくて自分たちが可愛くあるのが楽しい、好きという感じで、違...
映画 けいおん! (映画とライトノベルな日常自販機)
★★★★★“先輩と後輩の愛情に思わず涙”原作は4コマ漫画であることからか、テレビでも一貫したストーリーがあるわけではないのに、映画とは一体どんな展開になるのかと不安でもあり興味のあるところでした。 いろいろご都合主義的なところもありますが、唯たちの卒業に...
アニメ『けいおん!』考・その1 (徳丸無明のブログ)
『けいおん!』は、とある女子高を舞台とした、軽音部員達の何気ない日常を描いた作品だ。 小生は、自身の人生の中で、このような高校生活を送ることができなかったので、代理で......
アニメ『けいおん!』考・その2 (徳丸無明のブログ)
梓が先輩達に怒りを爆発させる場面がある。遊んでばかりいて、練習を真面目にしない、という態度に対してだ。 ひと悶着あった末に、遊んでばかりいる4人が、いざセッションとな......