西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

ダーク・シャドウ  監督/ティム・バートン

2012年06月05日 23時09分54秒 | 西京極シネマ
【出演】
 ジョニー・デップ
 エヴァ・グリーン
 ミシェル・ファイファー
 ヘレナ・ボナム=カーター
 クロエ・グレース・モレッツ

【ストーリー】
18世紀半ば、コリンズ家が築いた港町 “コリンズポート”で、「家族こそが財産」という父の教えを胸に若き当主となったバーナバス。が、名うてのプレイボーイでもあった彼は使用人のアンジェリークにも手を出し、残酷な運命を招く事になる。彼女の正体は嫉妬深い魔女だったのだ。呪われたバーナバスはヴァンパイアにされて生き埋めに…。200年後の1972年、蘇ったバーナバスは見る影もなく没落した一族の再興に乗り出す。

【西京極の評価】
「シザーハンズ」ほど泣けないし、「スイーニー・トッド」ほど怖くもない。コメディと言えるほど大笑いはしないし、まぁクスッとする程度。でもしっかりティム・バートンの映画してます。舞台となる洋館の創り込みが凄い。ジョニー・デップは白塗りメイクしてますが、今回はヘンなキャラではなくイケメンキャラなので、ジョニーのファンは満足できるのではないでしょうか。他の女優陣も豪華で、それぞれ妖艶な演技をみせてくれます。敢えて注文をつけるならば、バーナバスがバンパイヤにされる件のエピソードは序盤で語らず、現代に甦ってからお話の中に盛り込んだ方がバーナバス登場シーンにインパクトが出たのではないかと…。あと個人的には70年代サウンドが満載で楽しめました。

【総合評価】 ☆☆☆★★(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆☆★★★
 演出/演技 ☆☆☆★★
 映像    ☆☆☆☆★
 音楽/音響 ☆☆☆☆★

人気ブログランキングへ

コメント (5)   トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
« ゴミ捨てんなっ! | トップ | 決戦の日 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いまいち (sakurai)
2012-06-09 12:20:23
インパクトの足りない感じでしたが、70年代の音楽は、なんか嬉しかったです。
白塗りデップさんは、そろそろ飽きてきました。
ときどき… (miha)
2012-06-09 13:29:19
TBありがとうございます。
バンパイヤにされるまでが面白かったので、蘇ってからのお話に盛り込む意見…賛成です
コメントありがとうございます (西京極 紫)
2012-06-09 18:03:11
sakuraiさん>
たしかに白塗りデップ様、食傷気味ですね(^^)

mihaさん>
設定は面白いんですけどね。
女優陣も豪華なのに、ちょっと消化しきれなかった感じがあります。
特にクロエちゃんの扱いが勿体無い…
TBいつもありがとうございます。 (KAZE)
2012-06-16 21:00:42
西京極様

期待せずに観たら意外に満足しました。
ジョニー・デップ&ティム・バートンコンビ、らしくないようならしいような。

明日は頑張りましょう!
KAZEさんへ (西京極 紫)
2012-06-16 21:22:53
>ジョニー・デップ&ティム・バートンコンビ、らしくないようならしいような。

白塗りデップに赤毛ヘレナってところはT.バートンらしいところですね。
僕もそれほど期待していた訳ではなかったのですが、
予告編やTVCMでもっとコメディっぽいのかと思っていたので…そこがちょっと予想外でした。

明日、雨っぽいですが、がんばります!
応援宜しくお願い致します。

コメントを投稿

西京極シネマ」カテゴリの最新記事

26 トラックバック

ダーク・シャドウ (538ねん。)
公開2週目、もうほとぼりは覚めたかな と劇場に足を運びました日曜の昼下り 4割強くらいの入りでしょうか、何せ劇場のキャパがでかいので・・・ ティム・バートン、ジョニー・デップのコンビ映画ってのは 「スウィニー・トッド」しか見ていないのに 奇しくも同じ新宿ミ...
ティム・バートン監督 「ダーク・シャドウ」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
5月20日、日曜に観てきたのですが… その後、大腸ポリープを取る為、入院などし、レビューが遅くなりました(:^◇^A オフィシャルサイト⇒http://wwws.warnerbros.co.jp/darkshadows/index.html 【あらすじ】 18世紀半ば、未開の地だったメイン州で事業を興し、...
ダーク・シャドウ (本と映画、ときどき日常)
監督 ティム・バートン 出演 ジョニー・デップ     エヴァ・グリーン     クロエ・グレース・モレッツ 色恋沙汰の末、魔女にヴァンパイアにされ、棺桶の中で生き埋めにされる。 200年後、再び地上に出た彼は落ちぶれたコリンズ家を再建しようとする。 ....
ダーク・シャドウ (そーれりぽーと)
一番好きな映画監督、ティム・バートン最新作、『ダーク・シャドウ』をIMAXで観てきました。 ★★★★ 前作で初めてやらかしちゃった感が有ったのと、オリジナルとされている1960年代のTVシリーズを知らないのも有ってちょっと心配していたけど、観たかったティム・バー...
ダーク・シャドウ/Dark Shadows (LOVE Cinemas 調布)
数々のヒット作でタッグを組んできたジョニー・デップとティム・バートン監督の8度目の作品。1960年代に放送されていた「ゴシック・ソープ・オペラ」をもとに、魔女とその魔女にヴァンパイアにされた男が200年ぶりに復活した男、更にその末裔たちの姿を描く。共...
映画「ダーク・シャドウ」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ダーク・シャドウ」観に行ってきました。ジョニー・デップとティム・バートン監督が8度目のタッグを組んだ、一風変わったヴァンパイアホラー作品。作中では下ネタな会話と血...
ダーク・シャドウ / Dark Shadows (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click ティム・バートン&ジョニー・デップ8度目のタッグ そしてジョニーさんの白塗りは何度目?! というか、ぎざぎざに張り付いた前髪がなんかウケる。 1966年から71年まで米ABCテレビで放送され、「血....
ダーク・シャドウ (Akira's VOICE)
悲劇を笑い飛ばす愉快劇!  
ダーク・シャドウ (Fine, Peace!)
ジョニー・デップ×ティム・バートンです。 アメリカのTVシリーズだったようです>エンドロールにて 襲われた人たちは死んでいるのに、博士と彼女はヴァンパイアになっちゃったでしょ? 腑に落ちないよねー。 とにかく女の執念ってコワイなーと思いました。 笑えると...
ダーク・シャドウ (映画と本の『たんぽぽ館』)
コミカルホラー。悪くはないんだけど・・・。                * * * * * * * * *  さてさて、ティム・バートン×ジョニー・デップ。 嫌いではないですが・・・、ヴァンパイアねえ・・・。 どちらかと言うと、義務感で見てしまいまし...
「ダーク・シャドウ」 (のほほん映画鑑賞)
ティム・バートン+ジョニー・デップ=(童心+切なさ+男の本音)×ファンタジー 魔女だった召使に呪いでバンパイアにされたバーナバス・コリンズ。 200年の眠りから覚めたら、1970年代の落ちぶれたコリンズ家が待っていた 70年代のアメリカカルチャー満載 もっと...
ダーク・シャドウ (だらだら無気力ブログ!)
私の好きなヘレナ・ボナム=カーターの見せ場がほとんどなくて、ちょいがっかり。
ダーク・シャドウ (迷宮映画館)
ミシェル・ファイファーの使い方が、もったいなかったなあ。
「ダーク・シャドウ」 ティム・バートンなのに前向き感あり (はらやんの映画徒然草)
ティム・バートン&ジョニー・デップコンビの作品は本作で8作目! ほんとに相性が良
ダーク・シャドウ (紫の風)
ジョニー・デップ&ティム・バートン作品 前作アリスがサッパリだったので期待せずに観た。 でも、これがなかなか面白い! いつものヨーロピア~ンなではなく、アメリカ~ンなテイストで。 70年代ミュージックに乗って ポンポンとストーリーが進む、その肩の力の抜け...
「ダークシャドウ」 (大吉!)
<水曜日> (ユナイテッドシネマ・シネマカード鑑賞・女性サービスデー・字幕版・13時~) 1772年、バーナバス・コリンズは裕福、かつ有力なプレイボーイの荘園所有者として世界を手中に収めていたかに見えたが、それはアンジェリーク・ボーチャードを失恋させると....
ダークシャドウ (みすずりんりん放送局)
 『ダークシャドウ』を観た。  【あらすじ】  イギリスからアメリカに移り住んだお金持ちのコリンズ家に生まれたバーナバス・コリンズ(ジョニー・デップ)は、魔女アンジェリーク(エヴァ・グリーン)によってヴァンパイアにされてしまった上に、生きたまま埋められ....
『ダーク・シャドウ』(2012) (【徒然なるままに・・・】)
ティム・バートンとジョニー・デップ、8本目のコラボ作品だそうです。意識してなかったですが、その内の6本を見てますねー。ということは完全制覇も夢じゃない?(今のところその予定はありませんが) さてこの作品、元は60年代から70年代にかけて放送されていたTV...
ダークシャドウ (みすずりんりん放送局)
 『ダークシャドウ』を観た。  【あらすじ】  イギリスからアメリカに移り住んだお金持ちのコリンズ家に生まれたバーナバス・コリンズ(ジョニー・デップ)は、魔女アンジェリーク(エヴァ・グリーン)によってヴァンパイアにされてしまった上に、生きたまま埋められ....
『ダーク・シャドウ』お薦め映画 (名機ALPS(アルプス)MDプリンタ)
激しすぎる失恋の仕返し! キレイさっぱり別れないと、こんな災厄が降りかかってしまうのだ! げに恐ろしきは女の恨み。恋の相手だけでなく、職場でも家庭でも、身の回りの女性にはご用心。ひたすらその教訓を垂れているギャグ・コメディ。お薦め作品だ。
映画『ダーク・シャドウ』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-48.ダーク・シャドウ■原題:Dark Shadows■製作年・国:2012年、アメリカ■上映時間:113分■字幕:石田泰子■観賞日:6月9日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ□監督:ティム・バートン◆ジョニー・デップ(バーナバス・コリンズ)◆ミシェル・ファイファー(エリ...
ダーク・シャドウ (銀幕大帝α)
DARK SHADOWS/12年/米/113分/ファンタジー・コメディ/PG12/劇場公開(2012/05/19) -監督- ティム・バートン 『アリス・イン・ワンダーランド』 -製作- ジョニー・デップ -出演- *ジョニー・デップ『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉...
ダーク・シャドウ (いやいやえん)
ジョニー・デップ演じるバーナバスは、エヴァ・グリーン演じる魔女アンジェリークの呪いを受けて、ヴァンパイアと化して200年間眠っていた。眠りから目覚めた彼は没落した一族の復興を(勝手に)誓うのだが…。
ダーク・シャドウ (タケヤと愉快な仲間達)
【あらすじ】 1752年、ジョシュア・コリンズとナオミ・コリンズは幼い息子 バーナバスと共に新たな生活を始めるため、アメリカに向けて イギリスのリバプールを出航した。しかし彼ら家族を苦しめる 不可解な呪いからは、海を越えても逃れることができなかった。 20年後、...
ダーク・シャドウ (RISING STEEL)
ダーク・シャドウ / DARK SHADOWS 2012年 アメリカ映画  ワーナー・ブラザーズ製作 監督:ティム・バートン 製作:リチャード・D・ザナック  グレアム・キング  ジョニー・デップ 原...
【映画】ダーク・シャドウ…(ヤッツケ映画観賞記録6)と夏休みの過ごし方。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
2013年8月13日(火曜日)。この日まで会社の営業日だったのですが、当日夜勤だった私は、会社が休んでも良いというのでお休み。まぁ何回か会社から確認の電話がかかってきたりもしましたけどね。…夜勤明けと言う事もあり、寝たりゴロゴロしたりで過ごしました。 夕方にチ...