西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

6/6 天皇杯2回戦 ツエーゲン金沢戦 (京都・西京極競技場)

2018年06月06日 23時54分29秒 | サンガ観戦レポート2018
圭介のPK阻止を観られただけで良しとします

中三日でまた金沢と対戦。今度は天皇杯ですが…

今日は朝から一日中雨
仕事を定時で終えて、会社から西京極へ直行。
西京極へ到着したのはキーパーが練習を開始する18時半。
今年はバックスタンドで鳴り物&大旗応援が出来ないようで、いつも通りサポ席で応援。
コアサポはバックスタンド寄りの上段で応援準備中。
小雨がパラつく中、遅れて来た僕も慌てて大旗をセット。

それにしても今日は観客少ないナ~。
金沢サポと同数位しかおらんのとちゃうか?
チームの現状がそのまんま入場者数に表れとるがな…

【サンガのスタメン】
 GK: 清水
 DF: 牟田、宮城、下畠
 MF: 田村、望月、福岡、重廣、湯澤
 FW: レンゾ・ロペス、大野
SUB: 若原、磐瀬、マティアス・カセラス、沼、アレシャンドレ、上月、岩崎

事前予想はされていたが宮城以外は総取っ替え。
福岡クンは初スタメンか…ここは絶好のアピールチャンスやで~、期待してまっせ~!

【試合感想】
序盤はまずまずの入りだったけど、相変わらずウチはシュート打たんね。
バックパスと横パスばっかで、全然ボールを前に運べない。
なのでボールを奪われると、すぐゴール前まで攻め込まれる。
期待の福岡クンは…う~ん中盤で居場所が無さ気やなぁ。

相手の金沢もかなりリーグ戦からメンバーを替えてきてるけど、
きっちりパスを繋いでくる辺り、ウチよりも良い。
案の定前半の34分に綺麗にシュートを決められ先制許す。
両チームの内容を考えれば当然と言えば当然。

後半になってもサンガの攻撃は一向にシフトアップしない。
まずレンゾと耀平のところにボールが収まらない。
中盤では一人重廣が攻守に奮闘するも、審判の迷ジャッジで苦しめられている。

守備では2試合連続出場の宮城が踏ん張ってくれていたが、
後半26分にペナ内に侵入して来た相手を引き倒してしまい一発レッド。

あ~アカン。

宮城が退場、数的不利となった上にPK。
万事休すかと思われたが、このPKを圭介が見事にセーブ!!

やったぜ、圭介!!

この日、最大の見せ場はココでした。
その直後に左サイドでねばった耀平が上げたクロスをレンゾが頭で決めて同点。
試合は1-1のまま延長戦突入。

勝てるかも…と期待したのですが、延長後半に立て続けに2失点。
終わってみればリーグ戦のスコアをそっくりそのままやり返された形に。
やっぱり大幅にメンバーを替えた分、迫力不足は否めなかったな、と。

悔しくないと言えばウソになるけど、リーグ戦の結果と逆でなくて良かった。
今年は天皇杯にパワーを割いている余裕はないからね。
ハイ、今年の天皇杯はコレで終わり!
リーグ戦に集中、集中


【試合結果】 京都1(0延長2)3金沢

【観客数】 816人(はぁ?!コレ、歴代入場者最低ちゃうの?)

【得点者】
 京都 : ロペス73
 金沢 : 垣田34、山﨑109、佐藤114

【サンガ選手の個人的評価】(10段階評価で5が平均)
 GK: 清水6
 DF: 牟田5、宮城5.5(71分 退場)、下畠5.5
 MF: 田村5.5(92分 磐瀬5)、望月5.5、福岡5(104分 カセラス5)、重廣6、湯澤5(57分 沼5)
 FW: ロペス5(82分 岩崎5.5)、大野5

【今日の私的MOM】
 清水 圭介 : 見事なPK阻止!これがなければ90分で終わっていた

人気ブログランキングへ
ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
« レディ・バード  監督/グレ... | トップ | 犬ヶ島  監督/ウェス・アン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

サンガ観戦レポート2018」カテゴリの最新記事