西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

9/14 第32節 FC町田ゼルビア戦 (京都・たけびしスタジアム京都)

2019年09月14日 23時41分41秒 | サンガ観戦レポート2019
勝たなきゃいけない試合!サポもパーサもそれだけは分かってる!
サポの想いが伝わった6試合ぶりの勝利!

リーグ戦も終盤になろうかという大事なこの時期にアウェイで初の連敗。勝利からも5試合遠ざかり、順位は6位に急降下。昇格レースに踏み止まる為にはもう絶対に勝たなければならなくなった。とにかく一つ勝ちたい!勝たせたい!その一心から今日は選手バスの入待ちに我ら大旗部隊も大挙参加。勝利を望むこの気持ちはきっと選手、監督、スタッフにも伝わったはず…いや、そう信じる。

相手の町田は昨年の快進撃から一転、今年は安定した試合運びが出来ず17位と低迷している。言っちゃ悪いが、調子の良くないモノ同士の対戦である(苦笑)ココで勝てなきゃもう勝てる相手がいなくなる

【サンガのスタメン】
 GK: 加藤
 DF: 福岡、宮城、田中マルクス闘莉王、本多、黒木
 MF: 仙頭、金久保、庄司、小屋松
 FW: 宮吉
SUB: 清水、安藤、冨田、上月、中坂、藤本、一美

前節岡山戦で大失敗した5バックを性懲りもなくまた試そうとするイチゾー監督。かなり執念深い性格のようだ。イヤな予感しかしないのだが…

【試合感想】
前半:
心配していた5バック、今日は上手く機能している。前節は相手のプレスに圧されズルズルラインが下がり、前線との距離が間延びしていたが、今日はタイトに守れている。特に両サイドバックの慎平と黒木のポジション取りがイイ。慎平は仙頭と、黒木は小屋松と連動してワンツーパスで相手のサイドを崩すシーンを何度も作っていた。惜しむらくはそれがゴールに繋がらなかった。その辺りがまだまだ完全復調とは言えないところだろう。

ハーフタイム:
珍しくハーフタイムにもピッチに散水機を持ち出して水を撒いていた。パススピードを上げる様にとのクラブ側からの指示だろうか?

後半:
後半になると町田が前線からプレスを強めてきたことで、ややサンガが押し込まれる時間帯を迎える。ここをGK順大とDF陣が体を張って凌ぎ切ると再び試合の流れはサンガに戻って来る。今日のサンガはこれまでの様な最終ラインから細かくパスを繋ぐやり方ではなく、サイドへ叩いて早めに相手のDFの裏にパスを入れる戦法。この攻め方がボディブローのように町田のスタミナを削っていく。それが後半17分の小屋松のゴールに繋がり、交代出場した一美の34分のターンシュートのゴールに繋がったのだと思う。

勝つべくして勝った――だけど、そこまでが長かった。課題だった守備も完封という結果が出た。イチゾー監督が拘った5バックも機能した。先発から外しリフレッシュさせた一美も久しぶりにゴールを決めた。ピッチをワイドに使う新しい攻め方でチームとしての引き出しも増えたと思う。これを続ける事が出来るかどうか?不安は完全に払拭されてはいないが、この勝利がJ1昇格への希望の一歩であると、今は信じ、素直に喜びたい。


【試合結果】 京都2-0町田

【観客数】 7,005人

【得点者】
 京都 : 小屋松62、一美81

【サンガ選手の個人的評価】(10段階評価で5が平均)
 GK: 加藤6
 DF: 福岡6.5、宮城6、闘莉王5.5、本多6、黒木6.5
 MF: 仙頭5.5(79分 一美6)、金久保6、庄司6、小屋松6(90分 中坂-)
 FW: 宮吉5.5(86分 藤本-)
【今日の私的MOM】
 福岡 慎平 : ゴールを決めた二人より、今日は黒木&慎平の両サイドが良かった

【サンガの現在の戦績】
 15勝10分け7敗 勝ち点55 3位↑(順位は暫定、今節5位以上は確定)



人気ブログランキングへ

コメント   この記事についてブログを書く
« アス  監督/ジョーダン・ピ... | トップ | ドッグマン  監督/マッテオ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

サンガ観戦レポート2019」カテゴリの最新記事