西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

ロンドンゾンビ紀行  監督/マティアス・ハーネー

2013年02月19日 22時32分53秒 | 西京極シネマ
【出演】
 ハリー・トレッダウェイ
 ラスムス・ハーディカー
 アラン・フォード

【ストーリー】
幼い頃に両親が死んで祖父に育てられた兄弟のテリーとアンディ。二人は大好きな祖父が入居している老人ホームの閉鎖という危機を救うため、いとこのケイティらを誘い、銀行強盗を計画する。大金を奪い、銀行を出ようとした彼らだが、銀行の外はいつのまにか大量に出現したゾンビたちによって大混乱に陥っていた。そして、ゾンビの群れは、祖父のいる老人ホームにも迫っていた…

【西京極の評価】
…と、あらすじだけ読んでると「なんでソコでゾンビやねんっ!?」となりますが、それなりに理屈はつけられています。工事現場から古代の遺跡が発掘されて封印されていたゾンビが復活しちゃう。B級(というよりC級?)ホラーにしてはしっかりした作りですし、なによりもゾンビが走らないのが良い!『バタリアン』以降、ゾンビがやたら俊敏になったのが不満だった僕にとっては、今作ののろのろ歩くゾンビは、往年のロメロ3部作を彷彿とさせてくれて大満足です。バトる相手が老人がなので素早いゾンビだとお話になりませんから。その点で演出/演技点が高め評価です(笑) あと主人公の兄弟と従妹が敬老精神に溢れているのも好感が持てました。ジイちゃんのスーパーな活躍も見ものです!
…と、ホメまくりましたが、B級は、B級。過度な期待はしないでください。

【総合評価】 ☆☆☆★★(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆☆☆★★
 演出/演技 ☆☆☆☆★
 映像    ☆☆★★★
 音楽/音響 ☆☆★★★

人気ブログランキングへ

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 開幕戦2週間前 | トップ | J3とか、秋春制とか… »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2013-06-16 23:41:06
そうそう、ゾンビはアスリートに目覚めちゃダメだよねえ。
ふじき78サンへ (西京極 紫)
2013-06-17 23:57:01
走ってイイのは桐生選手がゾンビになった時だけ(笑)

今回のゾンビは老人の歩行器と良い勝負してましたネ!
これくらいが丁度いい。

コメントを投稿

西京極シネマ」カテゴリの最新記事