西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

11/20 第31節 大宮アルディージャ戦(京都・西京極競技場)

2010年11月21日 01時55分56秒 | サンガ観戦レポート2010
前節のアウェイ浦和戦、サンガのJ2降格が決まった。
覚悟していたとは言え、現実を受け止めるのは辛い。
もちろん現場で負け試合と降格決定を目の当たりにした遠征組は
もっと辛かったに違いない。
サンガサポーターの辛い気持を癒せるのはチームの勝利しかない。
ホームに帰ってきて意地をみせてほしい。

そのホーム大宮戦当日。
朝から会社のフットサル大会に参加していた為、
スタジアム入りはいつもより遅くなった。 開場後の17時半。
降格が決まった影響か、若干いつもより観客が少ない。
それでも今日来てくれたサポーターは間違いなく馬鹿だ、サンガ馬鹿。
降格しようがどうなろうが、サンガが試合をすれば観ずにはいられない…
愛すべき馬鹿たちである。 僕もその一人。

【サンガのスタメン&ベンチ】
 GK:守田
 DF:渡邉、郭泰輝、水本、森下
 MF:中山、染谷、安藤、ドゥトラ
 FW:ディエゴ、柳沢
SUB:水谷、増嶋、鈴木慎、中村太、角田、西野、中村充

浦和戦に続き、ヤナギ先発。
来季の契約更新をしないと決まったヤナギだが、
サポーターはみんなヤナギのゴールが観たいと思っているはず。
がんばれ、ヤナギ。

【前半】
入り方は良かった。
ここ最近のサンガは試合への入り方は悪くないのだ。
だがサンガが主導権を握っている時間帯に得点出来ない。
こうなるとこれも最近のサンガの定番となりつつある序盤の失点につながる。
前半7分、セットプレーからあっさりゴールを許してしまった。
それも一番ゴールされたくなかった深谷に。
セットプレーが主な得点源である大宮に対して何の工夫もない。
さらに29分にも同じようにセットプレーから同じような失点を喰らう。
やはり守備が機能していない…というか気持ちが感じられない。

お前らには意地はないのか?

【後半】
後半になると試合は一進一退。
だが、止める、蹴る、繋ぐというサッカーの基本プレーの質が低い。
どうしても試合の主導権が握れない。
シュートも打ってくれない。
ゴール前で逡巡するかのようにパスを回そうとするサンガ。
シュートを打たなきゃゴールは生まれない。
ゴールなしに勝利は得られない。
それがわかっているのか?

試合はそのまま終了。
疲れた。
本当に疲れた。
サッカーを純粋に楽しみたかったが、
どこにも楽しめる要素がなかった。
ただ疲れた。

【試合後】
サポーターが大勢スタジアムに居残ってフロントに説明を求めていた。
僕はさっさと応援旗を片づけて出口で連れを待つことにした。
今さら無能なフロントの言い訳や愚痴を聴いても腹が立つだけだ。
しょーもない試合をみせられてただでさえ疲れているのに、
これ以上ストレスを溜めたくはない。
一時間後、戻ってきた連れのサポの話を聞いたら、
案の定フロントの納得できない説明を聞かされ、
気になる来季のチーム構想については後日
クラブ主催のサポーターミーティングで説明するからと言われただけ。
サポーターは不承不承家路に着いたとの事。
ほらね、時間の無駄でしょ?

そんなことより、しっかり食って、寝て、次の試合に備えましょう。
来年の事は今考えても仕方ない。
どうせ来年もサンガを応援するしかないんだし。

【今日の一言】 意気地なし

【試合結果】 京都0-2大宮

【観客数】 6,904人

【得点者】
 大宮 : 深谷7、李天秀29

【サンガ選手の個人的評価】(10段階評価で5が平均)
 GK:守田4
 DF:渡邉4、郭泰輝4、水本4、森下4(63分 中村太5)
 MF:中山4、染谷4、安藤4(HT 角田5)、ドゥトラ5
 FW:ディエゴ5、柳沢5(72分 中村充4.5)

【今日の私的MOM】 なし


最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2010-11-21 07:46:53
去年の大宮戦後にあなたに言われた事は
忘れないよ。
否定もしないし。

でも、1年後の現実がこれなんですよね。
すみません (西京極 紫)
2010-11-21 16:24:38
Unknownさん>
去年の大宮戦後…何を僕が言ったのか覚えていません。
別に嫌味でもしらばっくれてる訳でもなく、
本当に覚えてません、ごめんなさい。
それに貴方がどなたなのかも判りません。

それはさておき、今のサンガの体たらくを観る限り、
それが現実だと云う事は僕なりに受け止めています。
それでもそれが自分の応援するクラブなんですよね。

コメントを投稿