西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

リチャード・ジュエル  監督/クリント・イーストウッド

2020年01月24日 22時52分35秒 | 西京極シネマ
【出演】
 ポール・ウォルター・ハウザー
 サム・ロックウェル
 キャシー・ベイツ
 ジョン・ハム
 オリビア・ワイルド

【ストーリー】
1996年、アトランタで開催されたオリンピックで爆破テロ事件が発生する。警備員のリチャード・ジュエルが爆弾の入ったバッグを発見したことで、多くの人々の命が救われた。だがFBIは、爆弾の第一発見者だということを理由に彼を容疑者として逮捕。リチャードを担当する弁護士のワトソン・ブライアントが捜査に異議を唱える中、女性記者のキャシー・スクラッグスの記事をきっかけに容疑の報道は熱を帯びていく。

【西京極の評価】
デブでキモヲタやからって、見た目で犯人と決めつけんなやっ!クソメディアっ!ってお話。イーストウッド監督作の中ではどストレートなテーマで、ちょっと物足りなさを感じつつも、主演のポール・ウォルター・ハウザーのキモヲタ演技が絶妙でした。それにしても東京五輪開幕を控えたこの時期にこの映画を観ると「日本は大丈夫か?」と思ったりします。

【総合評価】 ☆☆☆★★(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆☆☆★★
 演出/演技 ☆☆☆☆★
 映像    ☆☆☆★★
 音楽/音響 ☆☆☆☆★

人気ブログランキングへ

コメント   この記事についてブログを書く
« フォードVSフェラーリ  監... | トップ | 怪獣生物学入門  倉谷滋/著... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

西京極シネマ」カテゴリの最新記事