西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

希望と不安はワンセット

2018年12月31日 16時39分25秒 | サンガ雑記
昨夜はサンガサポーター連合会主催のサポーター忘年会でした。
会場は昨年と同じだけど店名だけが変わった三条木屋町の巻き野菜BAL eleven。
参加しているサポーターの顔ぶれもほぼ変わらず。

昨年はホンマに面白くなくて終始不機嫌でしたが、
今年は楽しかった
会場内の雰囲気も和気藹々としていた。

なぜだろう?

今年のサンガはJ3降格まで考えなければならないほど酷かった。
シーズン終了しての成績も昨年の12位を下回るクラブ史上最低の19位フィニッシュ。
あるサポーターから「降格しなかったからホッとしてるからじゃない?」とか言われたが、
降格回避なんて何のプラスでもないし、喜べる話でもない。

ではなぜか?

きっと“希望”が感じられたからだ。
停滞感と不信感の漂っていたフロントが刷新された。
初のJクラブ指揮ではあるが新監督も決まった。
悠人は去ったが、ミヤが、安藤が帰って来てくれた。
ほぼ現有戦力も残ってくれた。
それらが「もしかしたら…」という希望をサポに抱かせてくれたからだと思う。

思えば去年の忘年会には前社長がアノ成績にもかかわらず
監督も運営体制も変えずヘラヘラと「来年はやります」とか宣いつつ、
サポのご機嫌をモノで取っているような感じだった。
それが本当に不快だった。

今年は新しく就任した伊藤社長や細ッソン(細川)、丸サン(石丸じゃなくて丸山さん)、
JFL時代サポ出身でスタッフ入りした松永クンなどが出席してくれたが、
変にサポに媚びを売るでもなく、「たのんまっせ、ホンマ」という感じで気楽に話せた。

僕個人からは
「来年は成績うんぬんも大事だけど、
 ここ数年で感じてきていた選手スタッフとサポーターの距離を
 出来るだけ近くに寄せて欲しい」

ともお願いしておいた。
選手とサポの心の距離が縮まれば、成績の如何に関わらず一緒に闘おうという気持ちになる。
名前ばかりのスローガンで「団結心」とか唱っても虚しいだけ。

もちろん“希望”は“不安”と共にある。
希望は失望、さらには絶望に繋がる不安を伴う。
だけど去年の今頃感じていた諦めのような気分はない。
だから今年のサポーター忘年会は楽しめた。

イチゾー監督がSNSで色々コウバシイ発言をしてスポーツ紙を賑わしていますが、
嫌味な事を言う奴ばかりがサポじゃないし、京都人でもないですよ。
だから僕らともっと生でコミニュケーションとってくださいね。SNSだけじゃなくて。

来年こそみんなと一緒にもっと笑えるように。
選手と、監督と、スタッフと、僕らサポーターが近づけるように。
“希望”を“確信”あるいは“自信”に変えられますように

ではみなさま良いお年を!

追記:
湯澤洋介選手 契約更新
大晦日土壇場でのリリース。
今年のサンガの縦ポン戦術では中盤の選手ってほとんど機能しなかった感あり。
そういう意味ではこの湯澤クンもアピールする機会が少なかったよね。
それでも契約更改してくれたって事は…来年はブレイクしてくれると思っちゃうヨ。

エスクデロ競飛王選手 蔚山現代FCへの期限付き移籍期間満了
セル、Kリーグからご返却されたけど…サンガ復帰って訳じゃなさそう。
どうすんの?

加藤順大選手 加入
突然のキーパー加入。驚いた。
浦和から大宮…J1経験もあって…34歳って年齢を考えると
3rdキーパーという位置づけじゃないだろうし、どうすんのかな?

望月嶺臣選手 契約更新
シーズン中盤から出番が減って終盤はベンチ入りさえなくなったレオ。
子供さんが生まれて、同時に契約更改。
来年はレオとご家族にとって良い年にしないとね!
おめでとう、レオ!

人気ブログランキングへ
ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
« イン・ザ・ミソスープ  村... | トップ | 元日にて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

サンガ雑記」カテゴリの最新記事