西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

舟を編む  三浦しをん/著  光文社

2013年05月27日 20時11分17秒 | 西京極の本棚
【紹介文】
玄武書房に勤める馬締光也は営業部では変人として持て余されていたが、新しい辞書『大渡海』編纂メンバーとして辞書編集部に迎えられる。個性的な面々の中で、馬締は辞書の世界に没頭する。言葉という絆を得て、彼らの人生が優しく編み上げられていく。しかし、問題が山積みの辞書編集部。果たして『大渡海』は完成するのか  。言葉への敬意、不完全な人間たちへの愛おしさを謳いあげる三浦しをんの最新長編小説。

【総合評価】 ☆☆☆☆★(満点は☆5つ)
 ドラマ性 ☆☆☆★★
  独創性 ☆☆☆☆★
 読み易さ ☆☆☆☆☆

【西京極の読後感想】
この小説を読むと、自分が本好きなことを誇らしく思えてくる。いろんな本を読む事、正しい日本語を知ろうとする事、正しく人と話そうとする事、それらはすべて相手に対する思いやりから発する意志だ。誤解無く想いを伝える為に言葉は存在する。それはどんなに時代が変わろうとも変わる事は無い。言葉を大切にする人が主人公である話を読んでイヤな気分になる人はいないはず。文体も読み易いので是非お読みください。

人気ブログランキングへ
『小説(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
« 非情の勝ち点3 | トップ | アンチヴァイラル  監督/ブ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
noburi~nサマへ (西京極 紫)
2014-02-27 20:54:22
こちらこそ、コメントありがとうございます。

サッカーが好きっていうか、京都サンガF.C.という
地元チームが好きなのです(^^)
まぁワールドカップ始まったら日本を応援はしますけど。
Unknown (noburi~n)
2014-02-27 18:44:20
トラバ・・・ありがとうございます。
サッカーがお好きなのですね・・・
ワールドカップ勝つといいですね

コメントを投稿

西京極の本棚」カテゴリの最新記事

7 トラックバック

船を編む/三浦しをん (本と映画、ときどき日常)
2012年度本屋大賞受賞作。 本を読むことで自然に得るものの一つとして、その分野に携わる人や事柄に読み手も触れることができることだと思います。 まさにこの『船を編む』がその一冊です。 辞書作りに情熱を注いだ人々のお話。 本を作る人、本を売る人、本を....
「舟を編む」【小説】 (サナダ虫 ~解体中~)
「舟を編む」(著:三浦しをん)を読んだ。 不器用な人間たちが辞書編集部を舞台に、恋に仕事に右往左往。 新しい辞書、『大渡海』は編み上がるのか? 感想。 ?辞書、作りてェーーーッ!! ?メリーゴーランドに3回も・・。 ?象形文字読めるの?! 映画が凄く好...
三浦しをん著「舟を編む」・辞書を読みたくなった (漢方薬剤師の日々)
映画化されたなら、そろそろ文庫本になるだろうと待っているのに、なかなかならない。 しびれを切らしてとうとう買ってしまった、三浦しをんの「舟を編む」 やけに地味な濃紺に銀色の字。 手に取ってみると、思いのほか軽く表紙がしなやかでめくりやすい。 ちょっと変わ....
『舟を編む』 三浦しをん (みゆみゆの徒然日記)
 最近、映画化されましたがそちらは未見。辞書編纂という題材も興味深いので、読んでみました。  まず「舟」を「編む」とは何?????というような題名ですね。言葉という大海原を公開するための船=辞書。そして、編む=編纂するということなのですね。そんな辞書の...
小説 三浦しをん 『舟を編む』 (向う岸)
舟を編む三浦 しをん光文社 三浦しをんを初めて読むとしたらどの小説?と訊かれたら この作品を推す。 一つのことに夢中で周りが見えなくなる人、 その姿を見て自分が空っぽな人間であることに気付き、 羨望と嫉妬のまなざしを向ける人、 それでも放っておけないから何...
舟を編む 三浦しをん著 (まてぃの徒然映画+雑記)
2012年本屋大賞受賞作。辞書作りに命を懸けているといっても過言ではないほど、新しく刊行する「大渡海」に関わる人たちの辞書にかける情熱はすごいものがあります。 ただ、血沸き肉躍る、というよりも淡白であっさりとした味わいなのは、辞書の編纂というかなり地味な....
辞書を作ろう! ~ 小説編 (笑う社会人の生活)
小説「舟を編む」を読みました。 著者は 三浦 しをん 三浦作品も久々で あまり ハマったのは多くはないのだけど、話題作になるので読んじゃいますね 本作も本屋さん大賞も取ったし 映画も見まして、良かったので サラサラっと 読めて 言われているけど、ライトノベル....