西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

記者たち 衝撃と畏怖の真実  監督/ロブ・ライナー

2019年04月05日 23時30分43秒 | 西京極シネマ
【出演】
 ウディ・ハレルソン
 ジェームズ・マースデン
 ロブ・ライナー
 トミー・リー・ジョーンズ
 ジェシカ・ビール
 ミラ・ジョヴォヴィッチ
  
【ストーリー】
2002年、アメリカのジョージ・W・ブッシュ大統領は大量破壊兵器の保持を理由にイラク侵攻に踏み切ろうとしていた。アメリカ中のメディアが政府の情報を前提に報道する中、地方新聞社を傘下に持つナイト・リッダー社ワシントン支局の記者ジョナサン・ランデーとウォーレン・ストロベルは、その情報に疑念を抱き真実を報道するため取材を進める。

【西京極の評価】
同じテーマを扱った『バイス』と本作。どちらを先に観ようか考えたが、まずは本作の方を選択。ブッシュJr、ラムズフェルド、チェイニーのトリオがマスコミ操作して捏造したイラク戦争。その事実をジャーナリストの視点で追及していく筋立ては、名作『大統領の陰謀』を彷彿とさせ、見応えのある一作となっている。さすが名匠ロブ・ライナー。それにしても存命中の政治家が関係する事件をエンタメ映画として作るハリウッドって凄い。日本だったら絶対に撮れないし、撮っても公開出来ないだろうな…

【総合評価】 ☆☆☆☆★(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆☆☆☆☆
 演出/演技 ☆☆☆☆★
 映像    ☆☆☆★★
 音楽/音響 ☆☆☆☆★

人気ブログランキングへ
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 4/3 第7節 モンテディオ山... | トップ | “イチ”美クン!“ニ”ゴール!... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

西京極シネマ」カテゴリの最新記事