西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

THE RHAPSODY TOUR

2020年01月28日 23時45分57秒 | 日々の雑感
会社の同僚から「QUEENのコンサート行きません?」と突然言われた。
チケットが一枚余ったらしい。
「行く!」と即答。
答えた後で「で、チケット代はおいくら万円?」と訊いたら
「おうっふ…お高いッスね」
僕がよく外タレのコンサートに行ってた頃はアリーナ席でも7~8000円が相場やったのに…
でもブライアンもロジャーもそれなりのお歳だし、
ライブを観られるのもこれが最後になるかもしれんしね。行きました!

会社をソッコーで退社して目指すは京セラドーム大阪。
JR大正駅から京セラドームまでは長蛇の列。
飲み物を買ったり晩飯食ったりする暇なんてナイわ。

会場に入ってみると当然の如く妙齢な紳士淑女たちがいっぱい。
それに混じって結構お若い方もチラホラ。
これは映画『ボヘミアン・ラプソディー』効果でしょう。
3世代のファンから愛されるQUEENってスゲーわ。

ライブの方はやっぱり凄かった。
ブライアンも、ロジャーも、まだまだ元気。
二人ともギターとドラムのプレイは言うまでもなく、声も若々しい。
故フレディの代役といっては失礼かもしれないが、ボーカルのアダム・ランバートも歌上手い。
KEEP YOURSELF ALIVEから始まって、シメにBOHEMIAN RHAPSODY。
アンコールにWE WILL ROCK YOUとWE ARE THE CHAMPIONS。
あっという間の2時間半。

最近のライブはプロジェクションマッピング等の映像演出がハンパない。
下手にセットを組んだりしなくても夢の様な演出が実現出来るんやな~。
それからライブ中、スマホでの撮影もOKってのにも驚いた。
LOVE OF MY LIFEの時、観客のスマホのライトが演出の一つにされていたのもイマドキ。
エエもん見せてもらいました。

2020.2/1追記:
後日セトリを確認したらオープニングは
KEEP YOURSELF ALIVEじゃなくてNow I'm Hereでした(>_<)
全然覚えとらんやないかいっ!…失礼致しましたm(_ _)m

コメント   この記事についてブログを書く
« 戦国武将のお宅訪問 53 - 明... | トップ | テリー・ギリアムのドン・キ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日々の雑感」カテゴリの最新記事