西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド 監督/樋口 真嗣

2015年09月30日 00時23分59秒 | 西京極シネマ
【出演】
 三浦 春馬
 水原 希子
 本郷 奏多
 長谷川 博己
 石原 さとみ

【ストーリー】
巨人化したエレンは元の姿に戻るが、仲間であるはずの調査兵団に囚われてしまう。射殺される寸前で、突如現れた鎧状の皮膚をまとった謎の巨人に連れ去られたエレンの生存を信じるミカサ、アルミンらはハンジと行動を共にする。外壁修復の為に不発弾を探しに故郷に戻ったハンジ一行は、政府に対するクーデターを目論むシキシマとエレンに再会するが、シキシマには驚くべき秘密があった…

【西京極の評価】
世間から酷評を受けた前編だが、後編はどうか?残念ながら汚名返上は叶わなかった。一番の問題はストーリーにヒネリがまったくないコト。巨人の正体が“アレ”だってことは前編を観た時点で想像出来るし、真の敵が現行政府だと言われても、その政府の実態がまったく説明されないままじゃあ叛乱を企てるシキシマにもそれを阻止しようとするエレンにも感情移入出来ないヨ。エンドロールの後にあるおまけ映像の意味もワケ解らん。まさか庵野秀明とタッグを組んで創る来年夏公開の『シン・ゴジラ』を続編扱いする気じゃあるまいナ!

【総合評価】 ☆☆★★★(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆★★★★
 演出/演技 ☆☆★★★
 映像/特撮 ☆☆☆★★
 音楽/音響 ☆☆☆★★

人気ブログランキングへ

コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 9/27 第34節 カマタマーレ... | トップ | GONIN サーガ  監督/... »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (atts1964)
2015-10-02 07:49:35
確かに汚名払拭ならずでしたね。
挑戦したことだけの評価にとどまったことは、あまりにも残念です。
やっぱり資金面でしょうかね…
TBお願いします。
atts1964さんへ (西京極 紫)
2015-10-02 21:17:55
コメントありがとうございます。

>やっぱり資金面でしょうかね…

資金面でハリウッドと競う訳にはいかないでしょうが、
そこはアイデアとセンスで対抗してもらいたいです。
『進撃の巨人』しかり『シン・ゴジラ』しかり。
日本の特撮人の奮起を願っています。
Unknown (atts1964)
2015-10-05 10:49:31
確かに言われる通りでしたね。はじめから町山氏もも白旗を上げていましたから、作りきれなかったんでしょう。
予算なのか、時間なのか、能力なのか…
日本から世界に誇る、原作だったのに。
TBお願いします。
atts1964さんへ (西京極 紫)
2015-10-06 00:38:56
TB返しておきましたのでご確認くださいませ!
今後とも宜しくお願い致します。
役者の良さが出ていない。 (KEN46)
2015-10-14 21:54:42
三浦春馬、石原さとみと勢いのある俳優が出ていますが、良さを引き出せてないように思います。

特に三浦春馬さんのキャラクター、ポジションは原作との着地点に悩んだ結果なのではないかと思いました。
KEN46さんへ (西京極 紫)
2015-10-14 22:11:54
コメントありがとうございます。

>三浦春馬、石原さとみと勢いのある俳優が出ていますが、
>良さを引き出せてないように思います。

樋口監督ってドラマ部分を演出するのが
きっと苦手なんでしょう。

あとアクションシーンではみんながみんな
ただただ大口を開けて叫ぶばかりで見飽きてしまいました。

>特に三浦春馬さんのキャラクター、ポジションは
>原作との着地点に悩んだ結果なのではないかと思いました。

そうかもしれません。
いっそのこと原作のキャラとは別のキャラで
スピンアウトストーリーにしてしまえば
ここまでネガキャンされなかったのではないでしょうか。

コメントを投稿

西京極シネマ」カテゴリの最新記事