西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

ジャンゴ 繋がれざる者  監督/クエンティン・タランティーノ

2013年03月09日 00時30分10秒 | 西京極シネマ
【出演】
 ジェイミー・フォックス
 クリストフ・ヴァルツ
 レオナルド・ディカプリオ
 サミュエル・L・ジャクソン

【ストーリー】
1958年、黒人奴隷のジャンゴは、テキサスの荒野で賞金稼ぎのドイツ人・キング・シュルツ医師と出会う。ジャンゴはシュルツの手伝いとして、以前働いていた牧場の監督官をしていたブリトル三兄弟を見つけ出し、殺す。その腕を見込んだシュルツは、彼を相棒にすることに。やがてシュルツに心を許したジャンゴは、自分にはブルームヒルダという妻がいたが、奴隷同士の結婚は許されず、引き裂かれてしまった哀しい過去を話すのだった…

【西京極の評価】
このところ南北戦争前後が舞台となる映画が立て続けに公開されているが、今回も南北戦争勃発の2年前のアメリカ南部のお話。黒人奴隷とドイツ人歯科医師のコンビという設定はタランティーノらしくひとひねりしてあるが、いつもの狙った長台詞も控え目で、今回はいたって真っ当な西部劇。銃撃戦もタラちゃんにしてはあっさり気味。個人的にはもっとコッテリした緊張感のある撃ち合いが観たかった。それとも僕自身が刺激に対して感覚が麻痺してきてるのかな?でもやっぱり『パルプ・フィクション』や『キル・ビル』みたいな激しい映画が観たいッス!もっと弾けろタランティーノ!…って映画の中でホンマに弾けてまんがな!(観た人は解る)

【総合評価】 ☆☆☆★★(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆☆★★★
 演出/演技 ☆☆☆☆★
 映像    ☆☆☆★★
 音楽/音響 ☆☆☆★★

人気ブログランキングへ

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« ダイ・ハード/ラスト・デイ ... | トップ | 3/10 第2節 東京ヴェルディ... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
(西京極 紫の館) さん へ (iina)
2013-03-31 11:38:28
南北戦争の前後を扱った本作と「リンカーン」が、ことしのアカデミー賞レースに絡んだというのも、因縁めいてますね。

(西京極 紫の館) さんは、(京の昼寝~♪) さんと名のイメージが似ていて、しかも映画のときに現れる方々なので混同していました。
iinaさんへ (西京極 紫)
2013-03-31 20:08:14
コメントありがとうございました。
『京の昼寝~♪』さん、たしかに似てますね(苦笑)

昨年、今年と、南北戦争を題材にした映画が
相次いで公開されましたね。
一種のブームなのでしょうか?
もう (sakurai)
2013-05-04 19:28:11
いろいろありすぎて、大変遅くなりました。
娘の彼氏、歓待事件とか、、、、。
こんな時が来るのかと思っていたのですが、来ました、はい。
ということで、この映画。
結構はじけてたんじゃないですかね。
かなりの肉弾戦で、あたし的には、かなり来ました。
銃ばっか・・・って感はありましたが。

はじけてましたねええ。本人自身が楽しんでるってのがまたいいです。結構好きな部類です。
来ましたか…娘さんのカレ(笑) (西京極 紫)
2013-05-04 20:47:44
え~、ウチの娘(もうすぐ23)も彼氏連れてきましたよ。
別に気にはしませんでしたが、歓待もしませんでしたね(笑)

で、この映画ですが、
僕は「キルビル」くらいのぶっとび具合を期待してたもんで
意外にまともにウエスタンしてたな、と。
もっとレオ様がワルくてもよかったな、と。

でも、僕も楽しんだ事は楽しみましたよ。
ちょっとタラちゃんには過度に期待しちゃうもんで
評価が厳しめになっちゃうんです。

コメントを投稿

西京極シネマ」カテゴリの最新記事