西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

半落ち  横山秀夫/著  講談社

2008年10月17日 00時33分38秒 | 西京極の本棚
【紹介文】
「妻を殺しました」。現職警察官・梶総一郎が、アルツハイマーを患う妻を殺害し自首してきた。動機も経過も素直に明かす梶だが、殺害から自首までの二日間の行動だけは頑として語ろうとしない。梶が完全に“落ち”ないのはなぜなのか、その胸に秘めている想いとは―。

【総合評価】 ☆☆☆☆★(満点は☆5つ)
   感動度 ☆☆☆☆★
   実用度 ☆☆★★★
  読み易さ ☆☆☆☆☆

【西京極の読後感想】
寺尾聰主演の映画の原作。僕はその映画を観ていない。でもこの小説を読む上で、映画のキャスティングを予め確認し、その俳優が演じる様を頭に描きながら読みました。その為かすごく頭にヴィジュアルが浮かび易く、一気に読めました。これは実在の俳優を思い描いたからというだけではなく、著者・横山秀夫の構成力が優れているからだと思う。犯人・梶をとりまく同僚刑事、検事、新聞記者、弁護士、裁判官…それぞれの章毎に別の視点からスポットを当てることによって“空白の二日間”の謎が次第に明らかになっていくというアイデアが素晴らしい。次は映画を先に観た「クライマーズ・ハイ」を読みます。

コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« どっちが悪い? | トップ | 10/18 第29節 鹿島アントラ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

西京極の本棚」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

クライマーズ・ハイ (地方紙 47クラブとは・・)
クライマーズ・ハイは横山秀夫による小説作品、ならびにこれを原作とするNHKで放送されたテレビドラマ、東映/ギャガ・コミュニケーションズ共同配給の映画。著者の横山秀夫が上毛新聞記者時代に遭遇した日本航空123便墜落事故をもとに、群馬県の架空の地元新聞社を舞台に...
「半落ち」を読んだ☆ (まっしゅ★たわごと)
横山秀夫の小説と言えば「陰の季節」「半落ち」「クライマーズ・ハイ」「臨場」が頭に浮かぶ。 クライマーズ・ハイは日航全権デスクの悠木を佐藤浩市が演じたNHKドラマ版と堤真一が演じた映画版と両方見た。映画版の方は他に佐山(県警キャップ)を堺雅人が演じ、神沢...