西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

変な家  雨穴/著  飛鳥新社

2022年11月28日 19時44分57秒 | 西京極の本棚
【紹介文】
謎の空間、二重扉、窓のない子供部屋  間取りの謎をたどった先に見た「事実」とは!?知人が購入を検討している都内の中古一軒家。開放的で明るい内装のごくありふれた物件に思えたが、間取り図に「謎の空間」が存在していた。知り合いの設計士にその間取り図を見せると、この家はそこかしこに「奇妙な違和感」が存在すると言う。不可解な間取りの真相は!?突如消えた「元住人」は一体何者!?本書で全ての謎が解き明かされる!

【総合評価】 ☆☆☆☆★(満点は☆5つ)
 ドラマ性 ☆☆★★★
  独創性 ☆☆☆☆★
 読み易さ ☆☆☆☆☆

【西京極の読後感想】
ちょっと前に知ったYouTuberホラー作家・雨穴(うけつ、と読む)さんの小説第1弾。序盤部だけがYouTube動画になっていて、コレが面白い!その続きが小説になっていると知り、読みたくて購入。当初は謎の設計士・栗原サンの妄想レベルの推理なのが徐々に話が広がってくいく展開。真相は二転三転した挙句、最後にもう一つどんでん返しアリ。動画に比べると文章だとちょっと地味な気もしますが、文章に変なクセもなく1日で一気読み出来ます。書籍化第2弾となる『変な絵』も同時購入したので、続けて読みます。人怖ホラー好きな方にオススメ!

人気ブログランキングへ