西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

ブレット・トレイン  監督/デヴィッド・リーチ

2022年09月06日 22時53分05秒 | 西京極シネマ
【主演】
 ブラッド・ピット
 ジョーイ・キング
 アーロン・テイラー=ジョンソン
 ブライアン・タイリー・ヘンリー
 真田 広之

【ストーリー】
いつも事件に巻き込まれてしまう世界一運の悪い殺し屋レディバグ。そんな彼が請けた新たなミッションは、東京発の超高速列車でブリーフケースを盗んで次の駅で降りるという簡単な仕事のはずだった。盗みは成功したものの、身に覚えのない9人の殺し屋たちに列車内で次々と命を狙われ、降りるタイミングを完全に見失ってしまう。列車はレディバグを乗せたまま、世界最大の犯罪組織のボス、ホワイト・デスが待ち受ける終着点・京都へ向かって加速していく。

【西京極の評価】
伊坂幸太郎原作で日本が舞台。なのにノー・ロケ、オール・セットで製作されたハリウッド大作。その上ブラピ主演となれば観ない訳にはいかんでしょ?日本人として。その日本人が観て「そんなアホな!」と言いたくなるけど、ここまで本気でクール・ジャパンってこうでなくっちゃとふざけられるとアッパレと言う外ない。コレ、誉め言葉。ふざけてはいてもしっかり伏線は回収されていて、登場人物もきちんと描かれている。やっぱり脚本がちゃんとしてるんだな。とぼけたブラピがキレのいいアクションを見せてくれるし、我らが日本代表・真田広之もカッコイイ殺陣を披露してくれる。日本人も満腹できるアホ映画でしたw

【総合評価】 ☆☆☆☆★(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆☆☆☆★
 演出/演技 ☆☆☆☆★
 映像    ☆☆☆☆★
 音楽/音響 ☆☆☆☆★

人気ブログランキングへ