西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

ジュラシック・ワールド 新たなる支配者(日本語吹替版) 監督/コリン・トレボロウ

2022年08月03日 23時26分17秒 | 西京極シネマ
【主演】
 クリス・プラット(声:玉木宏)
 ブライス・ダラス・ハワード(声:木村佳乃)
 サム・ニール  (声:菅生隆之)
 ローラ・ダーン (声:井上喜久子)
 ジェフ・ゴールドブラム(声:大塚芳忠)

【ストーリー】
ジュラシック・ワールドのあった島、イスラ・ヌブラルが噴火で壊滅し、救出された恐竜たちが世界中へ解き放たれて4年。人類はいまだ恐竜との安全な共存の道を見いだせずにいる。恐竜の保護活動を続けるオーウェンとクレアは、ジュラシック・パーク創設に協力したロックウッドの亡き娘から作られたクローンの少女・メイジーを守りながら、人里離れた山小屋で暮らしていた。そんなある日、オーウェンは子供を連れたブルーと再会するが…

【西京極の評価】
巷では大ヒット中の『ジュラシック・ワールド』3部作の完結編。さぞや派手な事件が勃発するのであろうと期待したら…なんやねん!主役は恐竜じゃなくてイナゴかいっ!?元々マイケル・クライトンの原作小説『ジュラシック・パーク』は、人が自然を制御出来ると考えるのは傲慢である、というテーマだった。なのに本作ではその問題提起さえ放棄して「まぁ恐竜とは共存するしかないよね~」という緩~いふわっとした結論しか提示しない。これじゃ話が盛り上がる訳が無い。恐竜のCG映像は確実に進化しているけど、映画の魅力という点ではスピルバーグの1作目を超えられなかったな、と。

【総合評価】 ☆☆★★★(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆★★★★
 演出/演技 ☆☆☆★★
 映像    ☆☆☆☆☆
 音楽/音響 ☆☆★★★

人気ブログランキングへ