西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

9/25 第31節 栃木SC戦 (京都・サンガスタジアム)

2021年09月25日 23時41分22秒 | サンガ観戦レポート2021
♪ま~もるもせめるもく~ろがねの~♪ 海上自衛隊舞鶴音楽隊の生演奏でスタジアム入場!
収穫の秋、来たる!

前節アウェイで山形を撃破し、首位に返り咲いたサンガ。3位以下と勝ち点差10となり、昇格レースという意味ではかなり余裕があります!なんと珍しい事でしょう(笑)でも、どんな事が起きるか分からないのがこの世界。気を緩める事無く、良い内容で勝ち点を積み重ねる姿勢を見せてもらいたいところだ。

今季ラストナイトゲームの対戦相手は矢野と元サンガの豊田というクセ者ベテランFWを擁する14位・栃木。過去の対戦成績では負け越している相性の良くない相手。前回対戦でも勝ち切れずドローに終わっている。その栃木にレンタル中のヤッチのプレーも観たかったけど、レンタル条件でサンガ戦には出られない。ちょっと残念。

スタジアムが開場されるとバックスタント南東角のバルコニー席に陣取った海上自衛隊舞鶴音楽隊がウエルカム演奏でお出迎え。カッコエエ~!

【サンガのスタメン】
 GK: 若原
 DF: 飯田、バイス、麻田、荻原
 MF: 福岡、川﨑、武田
 FW: 宮吉、ウタカ、松田
SUB: 清水、本多、白井、荒木、中野克、三沢、イスマイラ

このところ不動のスタメン。ベンチメンバーも誰が出て来ても遜色ない。選手層が厚くなってきたな、と実感。対する栃木は豊田がスタメン。矢野キショーはベンチスタート。要注意は最早DFWと言っていいDF柳。セットプレーはコイツを自由にさせない事!
勝つで~!
選手入場時も舞鶴音楽隊のFIFAアンセムの生演奏。
代表戦みたいで超アガル~っ!!!!

【試合感想】
前半開始と共に栃木が猛攻を仕掛ける。前線の豊田、デカい!サンガ在籍時はタッパはあったけどひ弱な印象だったけど、あれから鳥栖のエースになって風格を身につけてる。ゴール前で豊田にボールが入るとメッチャ怖い。豊田とボールを競り合って弾き飛ばされるバイスを初めて観たわ。今日のバイスは疲れているのかプレーにやや精彩を欠くシーンあった。その分今日は将吾が良かった。よく集中している。

前半20分辺りまでの栃木の時間帯を凌ぎ切ったのが、結果的に良かった。前半28分、栃木の攻撃が緩んだ一瞬を衝いて、サンガ一気のカウンター。敵陣ペナ内でボールを受けたウタカの絶妙なパスを中央へ走り込んだオギが左足一閃!栃木のゴールに突き刺さる見事な先制ゴール!!これで流れは一気にサンガへ。

前半の勢いそのままに後半突入。同点にしたい栃木は後半頭から矢野キショー投入。しかし今日に限って言えばサンガDF陣が最後まで自由にさせる事はなかった。後半15分には八面六臂の活躍を見せていたオギをお役御免で下げ、ホンちゃん投入。その直後、慎平が左に流れた天馬へパスを入れ、天馬がゴール前へクロス!これをミヤが頭で合わせて追加点!ゴールを決めたミヤはゴールネット支柱に飛びついて夏の終わりを惜しむヒグラシ蝉パフォーマンスw

その後2度ほどあったピンチも交代選手の活躍もあり、凌ぎ切ってクリーンシートで3連勝達成!がっちり首位をキープした。

【試合後】
先制、追加点、そしてきっちり逃げ切る。シュート数前後半通じて4本ながら2ゴール。首位チームらしい強かなゲーム運びで難敵栃木を撃破。まさに盤石。これでまた一歩、悲願のJ1昇格に近づいた。さあ、この連勝をどこまで伸ばせるか?サンガにとって、サポーターにとって収穫の秋となるのか?まだまだ油断は出来ないけれど、次の試合が本当に楽しみ。こんな気持ちでリーグ戦を観られるのって…サンガサポ人生で初めてじゃないだろうか?


【試合結果】 京都2-0栃木

【観客数】 4,703人(五千人上限の中、ほぼMAX。さすが首位!)

【得点者】
 京都 : 荻原28、宮吉65

【サンガ選手の個人的評価】(10段階評価で5が平均)
 GK: 若原6
 DF: 飯田5.5、バイス5.5、麻田6.5、荻原7(60分 本多5.5)
 MF: 福岡6(75分 白井6)、川﨑6.5、武田6
 FW: 宮吉6(75分 三沢6)、ウタカ6(89分 イスマイラ-)、松田6.5(89分 荒木-)



【今日の私的MOM】
 荻原 拓也 : 削られまくり後半途中でお役御免も、攻守に亘り大活躍!

【サンガの現在の戦績】 20勝7分4敗 勝ち点67 順位1位→

人気ブログランキングへ
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする