西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

ドント・ブリーズ2  監督/ロド・サヤゲス

2021年09月03日 23時31分09秒 | 西京極シネマ
【出演】
 スティーブン・ラング
 ブレンダン・セクストン3世
 マデリン・グレース

【ストーリー】
あれから8年。盲目の老人は、惨劇の起こった屋敷でひとりの少女を大切に育てていた。少女と2人だけの生活を誰にも邪魔されないよう、静かに暮らしている老人だったが、少女に向ける表情には言いようのない不気味さが漂っていた。そんな2人の前にある時、謎の武装集団が現れる。彼らが少女を狙って屋敷に踏み入ってきたことから、老人の狂気が再び目を覚ます。

【西京極の評価】
前作のレビューで「続編やっても、もう観ない」って言ってたのに…観ちゃいました(苦笑)その前作ラストでゲスさ爆発だった主人公のジジイですが、本作ではすっかり改心しちゃってイイおじいちゃんになっちゃってますやん!?今回は侵入者の方が圧倒的に悪人。なので「がんばれジジイ!」と応援出来ました。今回もやっぱりあんまり盲目だという設定は活かされてませんが、瞬間接着剤を使った殺人術は面白かった。あと本作での教訓が一つ。ヒト殺してもイヌは殺すな!コレですよ、コレ!

【総合評価】☆☆☆★★(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆☆★★★
 演出/演技 ☆☆☆☆★
 映像    ☆☆☆★★
 音楽/音響 ☆☆★★★

人気ブログランキングへ
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする