西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

知らないことは罪なのか?

2020年02月17日 21時27分29秒 | 日々の雑感
20年前ならばいざ知らず、
インターネットが一般的に普及し、
国民のほとんどがスマホを持つ時代。
「ちょっとググれば」すぐ判る事を「知らなかったから」は通用しない。

知識も悪意もなく自分がやった行為でも
他人が傷ついたり、不快な思いをさせたりしたら
何らかの責任は負わねばならない。

だが、“故意”と“過失”では結果は同じでも、罪の重さは違う。

昨今、それを同列に扱って贖罪を求める風潮がある。
特に他人の罪を煽り騒ぎ立てるのは、
得てして何の被害も受けない無関係な輩である。

悪意があったか、なかったのか、
反省しているのか、そうでないのか、
それを十分に考慮し、理性的に対応すべきだ。

偽善で言っているのではない。
僕自身いつ自分の無知で他人を傷つけないとも限らないからだ。
その時、自分が反省する余地を与えて欲しいから、そう言っているのだ。

人は全知全能の神にはなれない。
自分の常識が、他人の常識とは限らない。

誰でも知らないことはある。
コメント