西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

闘将、ピッチを去る

2019年12月01日 16時00分12秒 | サンガ雑記
田中マルクス闘莉王選手 現役引退

日本サッカー界の頂点を知る男にとって、
京都サンガF.C.での3年間は決して楽しいものではなかったかもしれない。
フットボーラーとしてのピークを過ぎての移籍。
不本意な起用方法も多かったと思う。
その不満をゴール裏サポーターに向けた事もあった。

でも、ラストシーズンとなった今年、
闘莉王はこれまでと明らかに違った。
サポーターのコールには必ず手を上げ応えてくれた。
それが僕は嬉しかった。

昇格してJ1で引退させてあげたかったけれど、
そうしてあげられなくて本当にゴメン。

最後に。
京都を現役最後のクラブに選んでくれてありがとう。
そして、お疲れ様。
コメント