西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

10/12 第36節 レノファ山口FC戦 (山口・下関市営下関陸上競技場)

2019年10月13日 15時22分59秒 | サンガ観戦レポート2019
写真:とにかく台風19号の影響でものすごい風でした
ノーゴールどころか実質ノーシュートで“酷敗”

超大型台風19号が日本列島に接近。台風のコース次第では試合開催も危ぶまれた12日のJ2リーグ戦。既にチケットを購入済みだった僕は、前日ギリギリまでどうしようか悩んでいたが、コースが東に逸れた事もあり、下関遠征を強行。前回長崎まで運転出来たし、行けるだろうと思って一人マイカーに乗り込んで当日朝4時に雨の京都を出発した。サンガの勝利を目にする為に。

雨は岡山辺りで止み、広島に入った頃には晴れ間も見え始めた。台風の影響か風が強く、度々横に煽られる気が抜けない運転を余儀なくされながらも、開場2時間前10時に下関競技場に到着出来た。

この競技場、通常レノファのホームスタジアムである維新みらいふに比べると、かなり施設が古く、マルチビジョンはもちろん電光掲示板もない。ゴール裏は芝生だし、メインスタンド以外は座席もなくコンクリの階段のみ。場内にはトイレもなく、仮設トイレまでも遠い。(下関にお住まいの方には失礼かもしれないが)よくこんな所でJリーグ公式戦がやれたもんだと言いたくなる。その上、ピッチとスタンドを仕切る柵がやたら高く、大旗を振るのがすごく体勢的にシンドイ。アウェイの洗礼…いや、ホームのレノファサポだってこの環境は厳しかったと思う。その代わりなのかどうなのかしらんけど、来場者全員プレゼントで“どら焼き”と特製クリアファイルを頂いた。ありがとうございます。

【サンガのスタメン】
 GK: 加藤
 DF: 安藤、牟田、本多、黒木
 MF: 仙頭、福岡、金久保、庄司、小屋松
 FW: 一美
SUB: 清水、闘莉王、冨田、ジュニーニョ、中坂、藤本、宮吉

このところ3バックに固執していたイチゾー監督だが、今日は珍しく4バックを採用。今季初めて安藤を右サイドバックに起用した。最近どうもパフォーマンスが良くなかった闘莉王はベンチスタート。どこで使ってくるのか?

【試合感想】
さて試合のレビューですが…もうなんちゅーか酷かったの一言

何しろシュートを撃たないんだから、勝てる訳がない。前半は記録上もシュートゼロ。山口の粘り強く的確な守備にチャンスを作ることさえ叶わなかった。特に一美なんてピッチ上にいるんだかいないんだか分からないほど存在感がなかった。後半になってもボールは保持出来ても前線に有効な配球は出来ず、逆に途中出場した山口の田中パウロ淳一にゴールを決められ、なすすべなく0-1で敗戦。惨敗より悪い“酷敗”を喫した。後半記録上では4本のシュートがあったらしいが、仙頭の放ったGK正面の1本以外、いつシュートがあったの?と公式記録員に確認したかったほどだ。シュートに繋がらないボールポゼッションに意味などない

試合終了のホイッスルが吹かれた瞬間にパーサ旗を仕舞い、逃げる様にして競技場を立ち去った。こんなサッカーとも言えない様な試合を見せられて、なぜか腹が立つ以上に、サンガを応援している自分が恥ずかしかった。とにかく一分一秒でも早くこの忌まわしい場所から遠ざかりたかった。

これで自動昇格はおろかプレーオフ圏をキープする事さえ危うくなった。次節は14試合負けなしのホームゲームではあるが、相手は首位・柏にさえ勝つ現在リーグ最強の横浜FC。なんらかの手を早急に打たないと、シーズン終了を待たずしてサンガの2019シーズンが終了してしまう…

【試合結果】 山口1-0京都

【観客数】 4,166人(台風にめげず下関に集ったサンガサポに申し訳ないと思わないか?)

【得点者】
 山口 : 田中79

【サンガ選手の個人的評価】(10段階評価で5が平均)
 GK: 加藤5.5
 DF: 安藤5.5、牟田5.5、本多5.5、黒木5
 MF: 仙頭5、福岡5(63分 藤本5.5)、金久保5(88分 中坂-)、庄司5.5、小屋松5
 FW: 一美3.5(79分 宮吉5)

【今日の私的MOM】
 藤本 淳吾 : 彼が入って流れを掴めそうになったのだが…

【サンガの現在の戦績】
 16勝11分け9敗 勝ち点59 5位→(あくまで他会場の試合が延期されたりの暫定順位…)

人気ブログランキングへ
コメント