西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

アド・アストラ  監督/ジェームズ・グレイ

2019年10月02日 22時36分45秒 | 西京極シネマ
【出演】
 ブラッド・ピット
 トミー・リー・ジョーンズ
 ルース・ネッガ
 リヴ・タイラー
 ドナルド・サザーランド
  
【ストーリー】
地球外知的生命体探求に尽力した父の背中を見て育ったロイ・マクブライドは、父と同じ宇宙飛行士の道に進むが、尊敬する父は地球外生命体の探索船に乗り込んだ16年後に消息を絶つ。あるとき、父は生きていると告げられ、父が太陽系を滅亡させる力がある実験“リマ計画”に関係していたことも知る。

【西京極の評価】
予告編を観るとアクション満載のエンタメSFと思えたが、実際はとことん静謐で、内省的な、イマドキの硬派SF。本作ではブラピが抑制の効いた渋い演技で心に闇を抱えるアストロノーツを演じています。お話は監督兼脚本を担当したジェームズ・グレイがインスパイアされたという小説「闇の奥」が色濃く出ていて、目的地である海王星に近づく程に恐怖が募っていく辺りはまさに宇宙版『地獄の黙示録』。『ファーストマン』に続いて似たタイプの映画で☆5つの満点評価です!この映画の製作に関わったブラピって本当にプロデューサーとしてのセンスが良いなぁ…

【総合評価】 ☆☆☆☆☆(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆☆☆☆☆
 演出/演技 ☆☆☆☆☆
 映像    ☆☆☆☆★
 音楽/音響 ☆☆☆☆☆

人気ブログランキングへ
コメント