西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

アス  監督/ジョーダン・ピール

2019年09月12日 22時17分58秒 | 西京極シネマ
【出演】
 ルピタ・ニョンゴ
 ウィンストン・デューク
 エリザベス・モス
  
【ストーリー】
アデレードは夏休みを利用して、夫と2人の子供たちと一緒に幼い頃住んでいたカリフォルニア州サンタクルーズの家を訪問する。彼女は友人一家と落ち合いビーチへ出掛けるが不可解な出来事に見舞われ、過去のトラウマがフラッシュバックする。やがて夜になると、自分たちと瓜二つの不気味な4人組が家の前に現れる。

【西京極の評価】
ゲット・アウト』でアカデミー脚本賞を獲得したジョーダン・ピールの監督第2作。前作もそうですが、今回も見所はルピタ・ニョンゴを始め、家族4人の一人二役の顔芸。前半はほぼそれだけで観客を引っ張っていきます。ラストは僕のほぼ予想通りの展開でしたが、なぜこの瓜二つ集団が生まれたかの部分はちょっと煙に撒かれた感じがしたのが残念。このドッペルゲンガー入れ替わりって、移民に職を奪われる恐怖のメタファーですよね?

【総合評価】 ☆☆☆★★(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆☆☆★★
 演出/演技 ☆☆☆☆★
 映像    ☆☆☆★★
 音楽/音響 ☆☆☆☆★

人気ブログランキングへ
コメント