西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

巨神覚醒(上・下)  シルヴァン・ヌーヴェル/著  東京創元社

2018年09月18日 22時10分42秒 | 西京極の本棚
       
【紹介文】
ロンドン中心部に突如現れた、第二の巨大ロボット  あれから9年、ついに恐れていた事態が現実になったのだ!6000年前、地球に巨大ロボット・テーミスを残していった異星種族のものであるのは間違いない。圧倒的な存在を前に、人類の命運はテーミスを擁する国連地球防衛隊に託された…。原稿段階で映画化決定のデビュー作『巨神計画』待望の続編、空前のスケールで登場!(和訳:佐田千織)

【総合評価】 ☆☆☆☆★(満点は☆5つ)
 ドラマ性 ☆☆☆☆★
  独創性 ☆☆☆☆★
 読み易さ ☆☆☆☆☆

【西京極の読後感想】
『巨神計画』三部作の二作目。前作同様、大半がインタビュー形式である為、読み易く没入感がある。今作では異星人側の巨大ロボットが大挙襲来し、人類を抹殺しようとするスペクタクルな展開なのだが、その方法がスゴく地味。さらにこの敵ロボットを人類が撃退する方法がさらに地味(苦笑)でも下巻ラストが次回作への導入になっているので、早く読みたい!(でも日本語版の刊行は来年以降になりそう…うううっ)

人気ブログランキングへ
コメント