西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

アントマン&ワスプ  監督/ペイトン・リード

2018年09月07日 23時35分48秒 | 西京極シネマ
【出演】
 ポール・ラッド
 エヴァンジェリン・リリー
 マイケル・ダグラス
 ローレンス・フィッシュバーン
 ハナ・ジョン=カーメン
 
【ストーリー】
元泥棒で離婚歴もあるアントマンことスコット・ラングはFBIの監視下にあり、最愛の娘ともなかなか会えずにいた。ある日、新型スーツでパワーを手にしたワスプことホープ・ヴァン・ダインと、アントマンスーツの開発者ハンク・ピム博士が彼を訪ねてきてスコットに助けを求める。

【西京極の評価】
安定のマーベル・クオリティに加え、舞台が比較的狭い世界かつ限られた登場人物によって構成されている為、観ていて楽。物語のトーンもヘヴィになりがちなアベンジャーズとは違い、基本コメディなのでその点でも楽。楽・楽・楽で良いのだけれど、その反面観終わってあまり心に残るものがない。エンタメアクションなんてそれで良いといえばそれまでですが…。あと量子世界のビジュアルがありがちだったのも残念。ちなみに今作を観る前に『インフィニティ・ウォー』を先に観ておいてください。

【総合評価】 ☆☆☆★★(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆☆☆☆★
 演出/演技 ☆☆☆☆★
 映像    ☆☆☆★★
 音楽/音響 ☆☆☆★★

人気ブログランキングへ
コメント