西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

日本アニメ界の巨星、墜つ・・・

2018年04月06日 23時47分17秒 | 日々の雑感
東映動画、テレコム、そしてスタジオジブリ…
宮﨑駿と共に長らく日本アニメーションを牽引してきた高畑勲さんが亡くなった。
享年82才。

『太陽の王子ホルスの大冒険』
『パンダコパンダ』
『セロ弾きのゴーシュ』
『火垂るの墓』
『おもひでぽろぽろ』

常に新しい表現方法を模索し続けた求道者。
“商品”ではなく“作品”を作り続けたクリエイター。

個人的には関西人のソウルアニメ『じゃりン子チエ』が好きでした。
最後の作品は『かぐや姫の物語』となってしまった訳ですが、
最後にもう一本…宮﨑さんと往年のコンビを組んだ作品が観たかったナ。

ご冥福をお祈りいたします。
コメント

ヴァレリアン 千の惑星の救世主  監督/リュック・ベッソン

2018年04月06日 23時22分10秒 | 西京極シネマ
【出演】
 デイン・デハーン
 カーラ・デルヴィーニュ
 
【ストーリー】
西暦2740年。宇宙の平和を守るため、銀河をパトロールしている連邦捜査官のヴァレリアンとローレリーヌ。アルファ宇宙ステーションに降り立った彼らは、長い時間をかけて規模を広げ、多種多彩な種族が共存している“千の惑星の都市”の繁栄を目にする。だがその裏にはある秘密が存在し…

【西京極の評価】
やっちまったな…ベッソン。かつて『フィフス・エレメント』で失敗したスペース・ファンタジー。そのリベンジとなる今作。2時間30分という長尺も相まって途中で寝そうになりました。お話はオーソドックスを通り越して平凡。デザインはやたらケバケバしく現実味薄い。主人公のヴァレリアンのキャラ設定がプレイボーイな破天荒野郎…なのに演じているデイン君は超童顔というミスキャスト。ヒロインのカーラ嬢が可愛くなければ☆1つにするところです。もうベッソン監督はスペース・ファンタジーはやらない方が良いと思う。(懲りずに観に行くお前が悪いって?…ご尤もw)

【総合評価】 ☆☆★★★(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆★★★★
 演出/演技 ☆☆★★★
 映像    ☆☆☆★★
 音楽/音響 ☆☆★★★

人気ブログランキングへ
コメント