Mr.トレイルのオーディオ回り道

「音質アップ」を目的として、
システム全体の「基礎的項目の見直し」に、
重点を置いて試行錯誤や実験をしています。

サブシステムも鳴り出し、安定化して来た

2020年08月05日 | ピュアオーディオ

サブシステムも「鳴り出し」て安定化して来た。そうなると「触る処」が無くなって来る。


D208システムをドライブしているサトリのミニプリ+ミニパワーアンプ。このアンプには私の「音質対策」が完了している。RCAソケットは全てフルテックのロジウム仕様の最高級品に交換済。パワーアンプのSP端子も同じくフルテックの最高級品に交換済。内部配線も可能な処は全て当方の「特殊な銀線」に交換済。これでD208システムが鳴らない訳がない。1週間ほどで眠りから覚めて来た様だ。


D208システムの内部配線も「特殊な銀線」ですべて配線している。SP端子もフルテックのロジウム仕様の最高級品。・・・と出来上がっている。サンスイのSP-70純正ツイーターを使っているが、D208との相性は抜群に良い。JAZZのシンバルの音が浮遊する。その点が、JBLオリジナル配線の#4425では出ないサウンドだ。
コメント   この記事についてブログを書く
« SONY TA-2000F+TA-3120でJBL#... | トップ | TA-2000F+TA3120の組み合わせ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ピュアオーディオ」カテゴリの最新記事