Mr.トレイルのオーディオ回り道

「音質アップ」を目的として、
システム全体の「基礎的項目の見直し」に、
重点を置いて試行錯誤や実験をしています。

ライントランスをCDラインに使うと・・・

2015年10月11日 | ピュアオーディオ


上の写真は何か判りますか? 中にはWEのライントランスが入っています。入出力はフルテックのロジウム仕様XLRプラグを使い、内部配線は特殊な銀泉配線にしています。半田材も銀入り鉛レス半田を使っています。箱材は無垢花梨材で響きの良さを考えています。



正体はWE#15Aライントランス。型番から推測すると1910年ごろのモノではないかと推測されます。2セット目を探していましたが、この1セットしか手に入りませんでした。



入荷当時はこのようにして使われていました。



古い配線のままでは「古い音」しかしません。しかし、一聴しただけでただモノではないと感じました。音のキレ・ヌケ・ノビの良さと、質感の麗しさを感じました。このトランスに出会う前に、おなじWEのライントランスも#111C、93F、93A、90A、63C、63A、50Aと同じ仕様に作成して比較試聴を繰り返してきました。その結果、「どんどん古くなる」程「音質が高い」事を実感してきました。

ライントランスの選定は実際に使ってみて決めています。タムラ(複数)、タンゴ、UTC(21・22)等のトランスも使ってきましたが、サイズが大きいほどゆとりの有る音になり、音質的にも高くなる傾向がある様です。UTCのトランスは小さくてもそこそこ良い音がしました。(音楽的に)

トランスのサイズが大きいほど良いなら、一番大きいサイズを目指して、WE#111Cにたどり着きました。1個2Kg有ります。しかし、同じWEでも古いトランスほど「音質が良い」事がわかり、どんどん古いトランスを買い集めました。その結果、①#15A~50Aのグループと②60A~63Cまでのグループ、③90A~93Fまでのグループ、④111c以降のグループと音質の傾向がグループごとに違います。型番が古いほどいい音の傾向だと思います。

実際にライントランスを使うとどのような音になるかというと、平面的なCD音が立体的なアナログの音に変わると感じました。トランスが小さいとスケール感が小さく、大きくなるとスケール感も大きくなります。更にトランスの個性で「艶やかさ」等の質感も出てきます。今では15A等まず一般的には手に入らないと思います。私にとっては宝物のようなものです。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 当分は録音したテープの確認... | トップ | 目下の懸案 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-02-03 00:27:16
「箱材は無垢花梨材で響きの良さ」を、とのことですが、ライントランスそのものは音を出さないので、響きとはまったく無縁のものではないでしょうか。高級で大切にしておられる、ということはよくわかるのですが。
ケース (しき(トレイル))
2017-02-03 09:45:40
コメント有難うございます。

電気とは関係のないケースですが、これが「音」に効いてきます。実際にベニア板で作ったケースと比べると「雲泥の差」になる処がビックリです。ブリキではブリキの音がします。

音にはケースの素材や強度も合わせて載って出て来るんですね。電気的にはまったく関係がないのに・・・。実際にやってみると面白いように変わります。

コメントを投稿

ピュアオーディオ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事