五ツ星お米マイスター西島豊造の「豊かに造ろう」

様々な現実を見つめらがらも、日々を前向きに考えて進んでゆくためのブログです

掩護射撃は無い

2019年07月20日 10時56分00秒 | Weblog

大阪会場、名古屋会場が終わり、明日、東京会場で、「巨大な山が崩れ落ちる」事についての説明がある。

まだ新システムは1つも出来ていない中での説明。
質問等があっても、まともに答える事すら出来ない、情けない現状である。

なのだが、決定は変わらない。
今さら決定に対してグヂグヂ言われても、全ては後の祭り。

12月末、3月末、8月末と、時間と共に山は崩れ落ちていく。

全盛期の時は、日本中の産地が、巨大な山に頼ろうとしていた。
それほど、産地の将来の為に必要な存在にまでなっていた。

しかし、いつの頃からか、歯車にズレが出てきて、最後は、噛み合わなくなってしまった。

修正出来るタイミングは、何度かあった。
だが、組織内に、協力してくれない人が徐々に増えていて、足並みが揃わなくなり、修正する事が出来なくなってしまっていた。

結果、山は耐えられなくなり、最悪の結末を迎える事になった。

自分の考え方に付いてきてくれた産地と米屋は、何とか新システムにつなごうと考えている。

なのだが、自分を否定していた産地と米屋に対しては、自分の掩護射撃は無いので、自分で何とかしてほしい。


コメント   この記事についてブログを書く
« 選んでも良いと思う | トップ | 噂が広がっていた »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿