五ツ星お米マイスター西島豊造の「豊かに造ろう」

様々な現実を見つめらがらも、日々を前向きに考えて進んでゆくためのブログです

やっと

2017年03月29日 10時00分37秒 | Weblog


昨日で、産地との打ち合わせが終了した。
(佐賀だけ来月だが・・・)

この1年間の産地との打ち合わせは、産地の本音が見えたと思う。

本当にブランド米を作りたいと思っているのか。
ただ、お米の取引が出来るようになれば良かったのか。
自分とかかわれば、何とかしてくれると思っていたか。

自分が求めていたものは、「産地として生き残りを賭けたブランド米を作ってあげる」ことであった。
しかし、その思いは、ことごとく砕かれていってしまった。

わざわざ東京まで、出向いて来いとは言っていない。
今の情報社会の中では、色々な手法でのやり取りができる。
それを使えば、何度も何度も打ち合わが可能だったはず。
結果、最短で最良の修正も出来たはず。

文句を言われれば、その時だけ連絡をしてくる。
修正もしてくる。
しかし、全てはそこで終わり。

その後が、どうなったか。
どういう対処をして行くことになったのか。
どのように実行していくのか。
どのように進んでいるのか。
どんな結果になっているのか

全く連絡は無い。

自分だけが、1人で心配をして。
イライラして。
ストレスをため込んで。
そして倒れるの繰り返しだった。

興味がある、売れる、売ってみたいと思う産地や品種はある。
しかし、産地が答えてくれないのだから、諦めるしかないと思う。

なにもしていないのに、和穀の会に「お米を買ってくれ」というのはフェアではない。
自分たちに「売ってほしい」と言うもの、身勝手すぎる。
当然、産地側の都合というのは、もう認めない。
何を言ってきても、1つも通らない。

もうじき4月。
色々なことが変わり始める。
コメント   この記事についてブログを書く
« 未来コトハジメ | トップ | 一気に »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿