五ツ星お米マイスター西島豊造の「豊かに造ろう」

様々な現実を見つめらがらも、日々を前向きに考えて進んでゆくためのブログです

空いた棚

2019年08月16日 16時44分33秒 | Weblog

令和元年産の年間契約を決めるに当たって、本店の棚から消す産地・品種が、2桁になる事が決まった。

年間契約リストにありながらも、既に仕入れていない産地・品種は、二度と仕入れる事はないだろうから、当然消す事になる。

消す産地・品種には、自分がブランド化しようとしていた、産地・品種も入っている。
現実問題として、ブランド化出来るタイムリミットを過ぎてしまっていて、もう伸びる可能性が見えなくなってしまっているのだから、致し方無いだろう。

当たり前に、自分が関わっていない産地・品種やブランド米も、消す事になる。

そうなると、自然と本店の棚に空きが出来る。

よって、その棚には、JAからの直送の品種や、個人で勝手な事をしている生産者ではなく、自分がいる地域の将来を真剣に考え、頑張っている生産者のお米を入れようと考えている。
コメント   この記事についてブログを書く
« みんなで | トップ | 諦め »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿