五ツ星お米マイスター西島豊造の「豊かに造ろう」

様々な現実を見つめらがらも、日々を前向きに考えて進んでゆくためのブログです

レールを作る事

2019年07月01日 23時57分30秒 | Weblog

"昨日大阪で開催された、巨大な山が崩れ落ちるという説明会の質疑応答の中で、「組織と仲が良い自分が、今回の事について、どう考えているのか」という質問があった。

自分が、巨大な山に言った事は、
崩れ落ちるのが決まってしまったのだから、どうにもならない現実として受け止める。
その中で自分がお願いしたのが、崩れ落ちる日を限界まで伸ばしてもらう事。
産地の将来を、自分たちに託してくれている産地に、迷惑をかけない事。
こだわり・差別化米を扱っている米屋に、迷惑をかけない事。
である。

でも現実は、既に多大な迷惑をかけてしまっている。
それでも、延命の願いはかなった。

この、伸ばされながらも短い命が残っているうちに、新しい時代のためにレールを作り、そして引き、安心して乗り移って、走ってもらえるようにする事である。"
コメント

改善する

2019年07月01日 23時32分49秒 | Weblog

"巨大な山が作った、崩れ落ちる原因をまとめた資料をみた。

残念ながら、自分が「修正しないと危ない」と言い続けていた、全てが原因となっていた。

自分としては、途中で修正されていると思っていた。
しかし現実は、何一つ修正されていなかったのだ。

正直、これには驚いた。
であるが、今さらそれを言ったところで、どうにもならない。

改善するには、ガンを取るだけでは足りない。
産地にも、米屋にも、現実不可能と思える程の、厳しい協力を頼まなければならない。

当たり前に、売れない産地・品種は切り落とされる。
新品種であっても、例外ではない。

残るか落とされるかは、今まで自分が産地に対してお願いしていた事に、どれだけ産地が努力をしていたかも含まれる。"
コメント

ガンを取る

2019年07月01日 22時50分33秒 | Weblog

"巨大な山は、元々、全国のこだわり・差別化米のためだけに作られた組織だった。

産地のお米の裾野を広げるためではなく、安売りなどをする米屋のためでもなかった。

産地の将来のため、こだわり米屋のため、お米にこだわる消費者のための、日本で唯一の組織であった。

しかし、産地との契約が進んでいくにしたがって、取り扱う品種が増えていくにしたがって、何時しか考え方の違うお米も扱うようになってしまった。

そしてそれが、山が崩れ落ちる、1つの原因にもなってしまった。

なので今回、原点に戻って、産地とは、そういうお米の契約を一切しない。
今まで、そのお米を取り扱っていた米屋からの要請があってもだ。

本来なら、巨大な山は、来年早々に崩れ落ちるはずだった。
それを、1年延命させるためには、今あるガン細胞を切り落とす必要があるからだ。"
コメント

待っている人へ

2019年07月01日 22時08分56秒 | Weblog

"多分、自分の投稿を、まだかまだかと、首を長くして待っていた人が、沢山いるだろう。

巨大な山が崩れ落ちる、全てを知っている男であり、この13年間、この山を育て守っていた男が、昨日の説明会をきっかけに、何を言うのかを待っていた人たちが!

その期待に、1つ1つ答えていたら、徹夜をしても終わらないだろう。

なので、多くの人が聞きたがっているだろう内容についてだけ、説明する事にする。

一気に書いてしまうと、読む方も大変だろうから、何回かに分けて投稿する。"
コメント