五ツ星お米マイスター西島豊造の「豊かに造ろう」

様々な現実を見つめらがらも、日々を前向きに考えて進んでゆくためのブログです

重荷

2019年06月05日 15時09分57秒 | Weblog

"巨大な山が崩れ落ちないようにするためには、重荷を切り離さなければならない。

その重荷とは、使えない産地、協力してくれなかった産地、頑張らなかった産地と品種になる。

そこには、品種の貴重性や食味・特徴等は、なにも意味を持たない。

今まで付き合ってきた、産地の取り組み姿勢等から、総合的に判断されるだけ。

ごめんなさいも。
改めますも。
これからやりますも。
何を言っても、もう変わらない。

米屋が欲しがっていたとしても、重荷は重荷。
切り離すだけ。

自分の産地は、どちらだろうか?"
コメント

ヤバイんだ

2019年06月05日 14時03分23秒 | Weblog

"この数日の、自分の投稿内容の真実を、今日3つの産地が、知る事になった。

その1つの産地が、北海道のホクレン。

自分はその場に立ち会ってはいないので、実際、どんな話しになったかまでは把握していない。

でも、JA新すながわに「ホクレンから聞いたか?」と問い合わせをしたら、「びっくりより衝撃です。本当にやばいです。」って返ってきた。

他の産地に聞いても、返事は同じだろう。

そう!
ヤバイんだ!"
コメント

買ったぁ~

2019年06月05日 13時50分52秒 | Weblog

"携帯電話に、全く知らない企業から、商品の売り込み。

なので、「どこで携帯の番号を聞いたんですか」って聞いたら、「ある企業から買った」って言ってきた。

なので、「直ぐに番号を削除して、二度とかけてこないで下さい。それとも、警察に通報した方がイイですか」って言った。

警察に通報しても、意味は無いのだろうが、イラついたから、考えるよりも先に、口から出てしまった。

自分は貧乏なので、商品の売り込みは、時間の無駄でしかないから、電話してこないでほしい。"
コメント

抜き打ち調査

2019年06月05日 13時37分43秒 | Weblog

"余裕が無い精神状態の時なのに、農林水産省 関東農政局 東京都拠点 消費・安全チームの、抜き打ち調査があった。

不正等は一切していないから、調査があっても、何の問題も無い。
だから、調査が来ると、言われた事については、何でも協力している。

なのだが、今日の自分には余裕がない。

だから始めて、抜き打ち調査について、面倒臭いと思ったし、さすがにイラッとした。

でも、マスメディアに出ている限り、些細な間違いがあってもいけない。

だから、イラッとしたけど、見たいという資料等は、全て見せて確認してもらった。"
コメント

誰?

2019年06月05日 10時17分29秒 | Weblog

"今日から、産地に対して、「山が崩れ落ちる」説明をしていく事になっている。

想像を越える衝撃が、各産地に起こるだろう。

パンドラの箱から、最後に「希望」は出てきてくれるか。
それとも、「全ての災い」だけしか出てこないのか。

先行きは、不透明ではなく、暗黒。

明るくない将来を証明するかのように、店のメイン機械も故障。
今日中の修理は無理と言われてしまった。

そして自分も、かなり危ない。
一睡も出来ていないのに、眠くならない。
神経はビリビリで、目は鋭くなった。
自分でも、「誰?」という顔になった。

機械が動けば、少しは気分も変わるかも知れなかったが・・・

とりあえず、今日は打ち合わせ等が無くて良かった。"
コメント

最悪の最悪

2019年06月05日 01時02分37秒 | Weblog

"巨大な山が崩れ落ちると判っているのなら、崩れ落ちないようにする事は出来ないのだろうか。

判っているのなら、当然、対処する事は出来る。

しかし、山の大きさ、高さ、角度等を、まず知らなければならない。
その上で、起こりうる、最悪の被害規模を算出しなければならない。

その時にならないと解らないと逃げてはいけない。
自分に都合よく計算してはいけない。
軽くみてもいけない。

想像出来た内容では、止める事は出来ない。
それでは、100%山は崩れ落ちる。

被害の程度は。
回りに広がる影響は。
その範囲は。

想像出来る「最悪」を考え、判断しなければならない。

そこまで判断しても、実際は、もっと悪いはず。

したがって、対処するためには、「最悪の、さらに最悪」を考えなければならない。"
コメント

今日から

2019年06月05日 00時19分50秒 | Weblog

"少し前から「巨大な山が崩れ落ちる」とか「壊滅的被害」「激震」という言葉を使って、「業界に何かが起こる」という事を、伝え続けていた。

その内容が、今日から少しずつ、産地に伝わり初める。
果たして、産地は、どんな反応をするだろうか。

自分の言葉が、オーバーでもなく、嘘でも無いと、身に凍みて解るだろう。

事の大きさから、まずは産地に伝えなければならない。
米屋に伝わるのは、もう少し後になる。

笑っていられるのも、ゆっくりと寝る事が出来るのも、後、少しだけ。

前にも言ったが「震えて待て」。"
コメント