鳴子峡 松島20161106

2016-11-13 06:47:53 | 旅行
3日目は、鳴子峡と松島

鳴子峡は、宮城県大崎市に位置する峡谷。仙台弁の発音特性から「なるごきょう」と呼ばれることもあるとのことである。


欲を言えば、1週間早く来ていればもっときれかったことだったとおもいますが、十分楽しめました。新緑もきれいと思うので機会があれば、春にまた訪ねたいと思います。





しばらく松島に行ってないので、久しぶりに。遊覧船に乗って松島湾内の島々を激写してきました。

いろは坂 霧降の滝 霊山20161105

2016-11-12 14:52:36 | 旅行
中禅寺湖の宿を出て、いろは坂を経由して、福島県の霊山を目指しました。

いろは坂は、栃木県日光市中禅寺湖畔から、同市馬返間の国道120号の坂道を指す。

霧降ノ滝は栃木県日光市の、利根川水系の板穴川の支流・霧降川にある滝。滝名の由来は、落下する間に水が飛び散って霧のようになる事とされる。






霊山は、福島県伊達市と相馬市との境にそびえる標高825メートルの山である。国の名勝、日本百景、およびうつくしま百名山に指定されている。


高速道路を使って、ひたすら走りました。

吹割の滝20161104

2016-11-12 14:33:07 | 旅行


羽田空港でレンタカーを受け取り一路吹割の滝へ。

吹割の滝は、群馬県沼田市利根町にある滝。高さ7メートル、幅30メートル。奇岩が1.5キロメートルに渡って続く片品渓谷にかかる。河床を割くように流れ、そこから水しぶきが吹き上げる様子からこの名が付けられた。2000年のNHK大河ドラマ『葵 徳川三代』のオープニングにも登場した。

滝を後にして中禅寺湖のほとりの宿へ向かうが、途中の道の両側がなんと雪。道路にも少し残っている。恐る恐る運転して宿についた。聞くと雪が、朝まで降っていたという。

時間が少しずれていたら、普通タイヤではこれなかったでしょうねとのこと。んんんん危機一髪、ほんと運がいいなと思いました。

ゴールデンウイークを彩る「伊江島ユリ祭り」

2016-10-24 15:34:56 | 旅行


今年で21回目を数えるこの祭りは、伊江島の一大イベントです。

伊江島の北海岸にあるリリーフィールド公園で開催される日本一早いゆり祭りで、広大な敷地に広がる真っ白なテッポウユリや、世界のゆり90品種が咲き誇り、青い空と海の美しい景色がたくさんのお客様をお迎えします。


富山に住んでいる義理の弟が法事のため来沖中の今年のゴールデンウェークの時の伊江島ユリ祭りです。


90品種のユリが咲き乱れる「伊江島ゆり祭り」に今年も行ってきました。


すみません、最近ブログを始めたので、過去記事もアップしています。ご了承ください。




ハチ北みずばしょうの里では、休耕田を利用して水芭蕉(ミズバショウ)を人工栽培

2016-10-24 04:31:24 | 旅行

鉢伏山の北、標高700m付近にあるハチ北みずばしょうの里では、休耕田を利用して水芭蕉(ミズバショウ)を人工栽培しています。


山肌を利用した棚田に約12000株もの水芭蕉(ミズバショウ)が植えられており、雪解けとともに花を咲かせます。水芭蕉(ミズバショウ)の花は例年、4月上旬から下旬頃に見頃を迎えます。

桜は葉桜になっているはずなので、何か竹田城から鳥取に向か途中に見どころはないかとネットで調べて、この水芭蕉の里に来ました。


規模は小さいのですが、きれいな水芭蕉を見ることができました。

日本で最初に竣工された科学館 明石天文台

2016-10-24 04:00:29 | 旅行

1960年(昭和35年)開館。現存する天文科学館の中では日本で最初に竣工された科学館としてその名を知られています。
一番館の玄関横に通る子午線上に漏刻が設置され、また「JSTM」(Japan Standard Time Meridian=日本標準時子午線)と表示された時計塔があります。

子午線上のモニュメントであり、「時のまち・明石」のシンボルである天文科学館。昭和35年6月10日の時の記念日に開館して以来、青い文字盤の大ネオン時計が日本標準時を刻んでいます。
館内には旧東ドイツのカール・ツアイス・イエナ社製の大型プラネタリウムがあり、輸入価格は41000ポンド(約860万円)。現在活躍しているものとしては、最も古く歴史的価値が高いプラネタリウムです。また、人間日時計や40cm反射望遠鏡があり、天体や宇宙に関する展示物を見ることが出来ます。最上階の展望室は360度のパノラマビューです。
窓越しに明石海峡大橋を撮りました。

日本海海岸広がる広大な砂礫地で、代表的な海岸砂丘

2016-10-23 20:22:10 | 旅行


鳥取砂丘(とっとりさきゅう)は、鳥取県鳥取市の日本海海岸広がる広大な砂礫地で、代表的な海岸砂丘。山陰海岸国立公園の特別保護地区に指定されており、南北2.4 km, 東西16 kmに広がります。


観光可能な砂丘としては日本最大で、一般に立ち入れない場所も含めると青森県の猿ヶ森砂丘に次ぐ規模を誇ります。1955年(昭和30年)に国の天然記念物に、2007年(平成19年)に日本の地質百選に選定され、伯耆大山と並んで鳥取県のシンボルの一つとされています。


鳥取砂丘に行ってみようかということで今回の旅行は決まりました。長男に話すと、西海岸のビーチに行って来ればいいんじゃないのとのことでした。いや!そんなもんじゃないと鳥取まで来ました。

砂丘を歩いて魅力を堪能してみてくださいとのことなので歩きました。


日本海の風と砂丘の砂が作り出す風紋は美しく自然の織り成すことに感動しました。

砂丘の特徴的な地形にすり鉢に形が似ていることからスリバチと呼ばれる大きく窪んだ場所があり特に大きな場所は40mもの高さがあるとのことです。

日本のマチュピチュ 竹田城

2016-10-23 17:09:57 | 旅行






縄張りが虎が臥せているように見えることから、別名虎臥城(とらふすじょう、こがじょう)。

国の史跡に指定されています。また城下から遥か高く見上げる山の頂に位置し、しばしば円山川の川霧により霞むことから、天空の城や日本のマチュピチュとも呼ばれます。

雲海に浮かび上がる古城の累々たる石垣群の威容は、名物ともなっています。

竹田城跡は、標高353.7mの古城山山頂に築かれた山城です。

天守台・本丸を中心に、三方に向けて放射状に曲輪が配置されており、縄張りの規模は東西に約100m、南北に約400m、「完存する石垣遺構」としては全国屈指の規模を誇ります。

築城当時は土塁で守られていた城が、最後の城主赤松広秀により、今に残る総石垣造の城に改修されたとされます。

平成18年に「日本100名城」に選定され、平成24年には「恋人の聖地」として認定されました。

那覇空港を出発し、伊丹空港からレンタカーで竹田城についた時には、17:00前になっていました。一般車両が通行できない区間のため、バスの運行も終了していたので、タクシーを利用しましたが、それもギリギリセーフの状態でした。

世界遺産 姫路城 白鷺城

2016-10-23 13:07:52 | 旅行

2016年4月14日
姫路城(ひめじじょう)は、兵庫県姫路市にある日本の城。江戸時代初期に建てられた天守や櫓等の主要建築物が現存し、国宝や重要文化財に指定されている。また、主郭部を含む中堀の内側は「姫路城跡」として国の特別史跡に指定されている。また、ユネスコの世界遺産リストにも登録され、日本100名城などに選定されている。別名を白鷺城(はくろじょう・しらさぎじょう)という。
現在の姫路城は、徳川家康の次女督姫を妻とする池田輝政により建てられたもので、関ヶ原の戦いの翌年にあたる慶長6年(1601年)から8年の歳月が費やされました。それまで羽柴秀吉がその20年前に建てた三層の姫路城が建っていましたがこの城を取り壊し、5層7階の天守となりました。
 姫路城は2度目です。最初は母ときました。母に池田輝政の名前を覚えてもらおうと、苗字は、今お世話になっているデイケアが立地(当時通っていた)しているところ、名前は、小学校の時の恩師の名前だよと言ったら、憶えてくれました。





「日本の滝100選」にも選ばれた原不動滝

2016-10-23 06:28:20 | 旅行

   2016年4月14日 原不動滝


鳥取砂丘から次の目的地の姫路城に向かう途中に原不動滝があります。岩屋堂から運転を続けていたので、休憩しながら滝を見に行きました。駐車場から15分程度だったと思います。
「日本の滝100選」にも選ばれたこの滝は一年を通して多くの観光客が訪れるとのこと、マイナスイオンを体中に取り込みました。

「ブナやモミなどの原生林に囲まれた清流が3段状になって、88メートルの岩肌を滑り落ちる姿はとても美しく見事です。
遊歩道が整備されているので滝を眺望できる場所まで安全に行けます。