にしにほんごの会

「にしにほんごの会」は、名古屋市及び
その近郊に在住の外国の方に日本語を
教えるボランティアの会です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

お別れ(3/26)

2006年03月27日 | 活動報告-Report-
3/26(日)の教室風景と、お別れ会のお話。

--------------------------------------------------
Sさん(中国)は、今回が3回目の参加。私とNさんの二人で担当した。初級ということで、恥ずかしながら教える側も慣れておらず、あれこれ試しながらの進行となった。

テーマは「指示語」。既になんとなくはわかっているという気配はあったが、より精度を高めるべく、ここそこあそこに絵カードを置き、これはそれはあれはどれはと繰り返し練習。ひらがなの読みと語彙もいっしょに勉強するので結構たいへんだったが、頑張っているのが伝わってきた。

こちらの言ったことを真似して言ってほしい時と、こちらの言ったことに対して答えてほしい時の区別がつかないことがある。そこで、質問の時はノートに大きく「?」と書き、「私から」「あなたに」「聞いている」ということをジェスチャーで示す。するとSさんもああなるほどという表情を見せ、こちらの意図を汲み取ってくれた。


さて、話は変わって、ボラのサクラさんが今回でにしにほんごの会を離れることになった。なんと、お仕事で中国は上海に行くとのこと。また、Yさんも第一線を退くことに。そこで定時より30分早く学習を終え、お茶とお菓子を並べて二人の送別会を開いた。

サクラさんはボラを始めて約1年。明るくて元気で気さくで(天然ボケで)非常に親しみやすいキャラクターで、学習者とうちとけるのも早く、会のムードメーカー的な存在だった。Yさんは、そもそもこの会を立ち上げた「にしにほんごの会の母」ともいうべき方で、学習者に対する指導はもちろん、我々素人ボランティアにもいろいろとアドバイスをしてくださった。

お二人とも、お疲れさまでした。本当にありがとうございました。またいつでも、遊びに来てください。

ボラも学習者も時とともに移り変わる中で、にしにほんごの会が、参加したそれぞれの方にとっての楽しい思い出の場であるよう、これからも頑張っていきたいものである。


(はむれー)
コメント

ところかわれば(3/19)

2006年03月21日 | 活動報告-Report-
きむちさんより、3/19日の教室風景です。

------------------------------------------------

今日のお相手は中国からいらっしゃったKさん。テキストに沿って会話練習を進めていくなかで、日本の食べ物の話題になりました。

日本の食べ物といえば「梅干」がありますが、実はこの「梅干」、中国にもあるそうです。Kさんによると中国の梅干は梅の実が赤くなる前の黄色の段階でつけるんだとか。味は日本のスッパイ梅干と違って甘くなるんだそうです。

そういえば日本でも梅干でなく梅酒にすると甘くなりますよね。中国の梅干もあんな味なのかな??

<番外編>
久しぶりにはむれーさんの手品を見ることができました。何度見てもタネがわからないはむれーさんの手品。Kさんもとても驚かれてました。

言葉が通じなくても相手に何かを伝えられるってすごいですね


(きむち)
コメント

女4人集まれば・・・(3/12)

2006年03月13日 | 活動報告-Report-
ボラのNさんより、3/12(日)の教室風景です。

--------------------------------------------

今日は、ほとんど毎回かかざず参加しているEさんとはじめてお会いするUさんがお相手。同じボランティアのサクラさんも一緒に女性4人となると、話しがはずむ、はずむ、あっと脱線、もときどき、、。

普段何気なく使っている日本語ですが、質問されると???となってしまうこともしばしば。いかにわかりやすく伝えるかということがこんなに難しいかと思う反面、伝わったときのうれしさはひとしおです。(ジェスチャーあり、絵あり、ヘルプを求めたり、なんでもあり、です。)

だからこそ、話してお互いを理解しあうということは大切なんだなあと思います。
いつも日本語のテキストを参考にすすめていって、それから、会話中心の時間を設けたり、、。

できるだけ楽しく話してもらえるような雰囲気作りにこころがけています。
今回の会話はなかなか興味深かったですよ。
祝日の話から、宗教、クリスマス、結婚式まで!
EさんとUさんの話を聴きながら、生活のなかに宗教が感じられるそれぞれの国とは違い、逆に日本ってなんて宗教の影の薄い国、なんだなあって改めて実感。
いいようなその反対でもあるような、、。
知らないことを知る、ということってある意味、自分達を知る、ことでもあるんですよね。面白いです!

次回はどんな話が飛び出すか楽しみです。

(N)
コメント (1)