路地裏ニライカナイ

最新記事はFC2へと移行。たまたま通りかかった猫好き酒好きの方、
ブックマークから新ニライカナイへお越し下さい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ちくわぶの記憶 その1

2008年12月16日 23時57分33秒 | 泥酔紀
おでんが恋しい季節です。

体の芯から暖まります。

そういえば、おでんの具である竹輪麩・・・



なんでも関西人は食べないそうで?

ホントかどうかは知りませんが、

慣れたらきっと美味しいですよ♪



ほら、レンズも曇る美味さ。

まったく話は変わりますが、

竹輪麩と聞いて僕には思い出さずにいられない人がいます。


それは雅美。

雅美と聞いて、

美女を想像した方、



このあとの記事は、

読まないでください。






そう、僕が竹輪麩と聞いて思い出す人・・・

それが・・・



雅美です。

・・・・・。

ほら、読まないほうがいいって・・・。



なぜ竹輪麩と聞いて雅美なのかって?

長くなるのでまた明日。

彼は今頃沖縄の太陽の下、

元気にヒゲを剃っているでしょう。

・・・なんか後味悪いですね。

それじゃ最後に、



レンズも曇る可愛さってことで☆





  つづく・・・
  にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ
  いつも応援ありがとう♪
  昨日しんみり今日オバカ。
これからもよろしくお願いします!


コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加