日本の朝

日本の朝に、食の話題、癒し写真、テレビやラジオの話題、そして社会の話題などを提供していきます。

朝鮮民主主義人民共和国外務大臣 李容浩 (リ・ヨンホ)閣下 2018-10-22:日本政府は北朝鮮の「日本人拉致問題」を糾弾します。 日本政府は「北朝鮮の日本人拉致被害者」を言う資格がない!

2018-10-22 07:42:40 | 各国大使館へのメール

<公開メール>#MeToo 人権被害者です!


朝鮮国際青少年旅行社 御中

拝啓。李容浩(リ・ヨンホ)外務大臣 へ このEメールを「転送」してください。
このメールは、世界のメディアや各国の大使館、ホワイトハウスなどへ毎日送信している内容です。
ホワイトハウスは毎回返事のメールをくれます!


朝鮮民主主義人民共和国外務大臣 李容浩 (リ・ヨンホ)閣下


2018-10-22:日本政府は北朝鮮の「日本人拉致問題」を糾弾します。
その前に日本政府は「外国人らの拉致」をやめ、
拉致被害者に「名誉の回復」と「損害賠償」をすべきです。
日本政府は「北朝鮮の日本人拉致被害者」を言う資格がない!


拝啓、私は日本人です。日本政府は、北朝鮮政府の「日本人拉致問題」を今も追及しています。
日本政府は「外国人に対する不法な拉致監禁問題」を認めません。
検察は、「不法に就労」した外国人を「逮捕・監禁」しています。
そして「刑事処分」をおこない「母国」へ「送還」しています。
雇用者が「刑事処分」されないので国際法違反です。
「刑事処分」された外国人の多くは無罪です。
前日からの続きです。


日本の司法の実態
私および中国人、フィリピン人らは、「罪刑法定主義」に照らすと、
なんら犯罪人にされることはありません。私たちは日本政府の人権侵害を許しません。
しかし私が「罪刑法定主義」を検察官らに言うと、検察官ら「法の論理」で説明できない。
彼らは私を「二級の国民」の扱いします。彼らは私を侮辱そして恫喝します。
彼らが「ヤクザ」だったら警察を呼びます!
しかし「犯罪者」が警察官や検察官ですよ!
私はどうすればいいんですか?私は「降参」するしかありません。
私は、このようなことが世界中で起きているのだと思います。
テロの「根本原因」は意外とこんな理由かもしれません。
テロ行為は政府の人権侵害行為に対する、唯一の解決策でしょうか?
私が警察官に「 no punishment without law」をいうと、警察官は言う。
「桜田門(警視庁のある「地名」)を「侮辱」するな、お前は一般論で認めろ」
(Sakuradamon wo Namerunjanee Ippanron de Mitomero)

私が検察官に言う、「no punishment without law」。
彼は言う、「誰が、貴方の言うこと(no punishment without law)を信じますか」。
彼は言う、「私は偉いんです」。
「貴方が自分の罪を認めれば私はあなとを罰金の刑にします。」
「あなたが罪を認めなければ、私はあなたを「労働の刑」にもできるんですよ」
検察官は更に言う。
「私はあなたの奥さんだって逮捕出来るんですよ」。
私は美しい日本国の美しい日本人です。
私は「不法な社会」の「ヤクザ」を認めません!
検察官は言う「Eーi、」
「私はあなたを刑務所に送る!」。
それで、私は刑務所に送られました。
私は弁護士に「罪刑法定主義」を言う。
しかし彼は言う「法の論理」は私が専門です。
これが、日本の司法の実態です。
・・・本当に、気分が悪くなってきます。
もはや日本は法を信じてそして権利を主張する人間には、
人権などを認めない「無法国家」なのです。
「日本の国会議員が作っている法律」は国際社会を騙すための法律でしょうか?
それでも、私はテロ行為で解決するのではなく、
国連などの国際社会に人権救済を求めているのです。
権利の回復のための起訴や告発も、東
京地検、警視庁、法務省などは国家権力で潰すのです。
国会議員は見ても見ぬふりです。
これが日本の国会の実態です。・・・本当に、気分が悪くなってきます。

私はあなたが理解するまで続けます。

メディアは日本政府の入管法違反問題で「不法な拉致監禁問題」を報道すべきです。
各国政府は自国の被害者を守ってください。
日本政府に名誉の回復と賠償を請求してください。
留学や観光、就労などのビザで来日した外国人はたくさんいます。
彼らは飲食店などで労働を行い「入管法違反」で「処分」されています。
雇用者が「処分」されないので国際法違反です。
よって不法就労をおこなった外国人は「無罪」です。

日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。

資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

最近の日本政府は私の主張に気が付いたようだ。
警察は逮捕していません。
入国管理局が彼らを逮捕して「母国へ強制送還している」。
※過去の被害者はたくさんいます。
日本政府は「名誉の回復」と「損害を賠償」するべきだ!

異議があればメールをください。

敬具 長野 恭博


メディアへお願い ******************************************

世界中の多くの人々が犠牲になっています。
ジャーナリストとして、事実を報道してください。
「法の下での統治」はお金では買えません。

私の情報 ***************************************************

私は、貴方のジャーナリストとしての正義に期待しています。
お問合せください。

下記のプログで公開しております。
http://omoide-tommy.seesaa.net/
https://toworldmedia.blogspot.jp/

長野恭博


助けてください。
不明な点はお問い合わせください。
enzai_mirai@yahoo.co.jp

 

 

# MeToo Human rights victim!


Joseon International Youth Travel Agency

Dear sirs. Please "forward" this e-mail to Foreign Minister Lee Yong-Ho.
This mail is sending every day to the world media, the embassies of various countries, the White House, etc.
The White House gives us a reply e-mail every time!


Dr. Lee Young-ho, Foreign Minister of the Democratic People's Republic of Korea


2018-10-22: The Japanese government condemns North Korea's "Japanese abduction issue".
Prior to that, the Japanese government should stop "abduction of foreigners"
and compensate for the "recovery of honor" to the victims of abduction.
The Japanese government is not entitled to say "North Korean Japanese abduction victims"!


Dear Sirs, I am Japanese. The Japanese government is still pursuing the "abduction issue
of Japan" of the North Korean government.
The Japanese government does not recognize "the illegal abduction detention problem
against foreigners".
We arrested and arrested foreigners who worked illegally in activities outside the status
of qualification, exiled them abroad by criminal disposition.
Because the employer is not criminalized,
it is a violation of international law.
Many of the foreigners who were criminalized are innocent.
It is the continuation from the previous day. In case

Actual state of Japanese judiciary
I, Chinese, Filipinos, etc. are not made a criminal act in light of the "criminal law principle".
We do not allow the Japanese government to violate human rights.
However, when I tell the prosecutors about "criminal justice",
I can not explain by the prosecutors "law of law".
They treat me as a "second-class national".
They insult me and threaten me.
If they are "yakuza" I will call the police!
But "criminals" are policemen and prosecutors! What should I do?
I have no choice but to surrender.
I think that this kind of thing happens all over the world.
The "root cause" of terrorism may be surprisingly such a reason.
Is act of terrorism the sole solution to the government's violation of human rights?
I say to police officers "no punishment without law" police officials say.
"Do not" insult "Sakuradamon (a place name of the Metropolitan Police Department),
you admit it in the general theory"
(Sakuradamon wo Namerunjanee Ippanron de Mitomero)

I say to the prosecutor, "no punishment without law".
He says, "Who do you believe in what you say (no punishment without law)?"
He says, "I am great."
"If you recognize your sin,
I will impose a fine for you."
"If you do not admit the crime,
I can also make you a" punishment for labor ""
The prosecutor further says.
"I can arrest even your wife."
I am a beautiful Japanese in beautiful Japan.
I do not approve of "Yakuza" of "illegal society"!
Prosecutor says "E - i,"
"I will send you to jail!"
So I was sent to prison.
I say "criminal law principle" to a lawyer.
But he says "logic of law" I am special.
This is the actual situation of Japanese judiciary. ... really, I feel sick.
Japan no longer believes in the law and is a "lawless state"
that does not allow human rights to human beings who claim rights.
Is "the law that Japanese parliamentarians make for" a law to deceive the international community?
Nonetheless,
I am not trying to solve it by act of terrorism but seeking human rights relief
from the international community such as the United Nations.
Prosecution and accusations for the recovery of rights are also crushed
by the Tokyo District Prosecutors Office, the Metropolitan Police Department,
the Ministry of Justice, etc. with state power.
Members of parliament pretend not to see it.
This is the real situation of the Japanese parliament. ... really, I feel sick.

I will continue until you understand.

The media should report the "illegal abduction detention problem" as a matter
of violation of the immigration law of the Japanese government.
Governments of each country should protect their victims.
Please request the Japanese government for honor recovery and compensation.
There are a lot of foreigners who came to Japan with visas such as study abroad,
sightseeing and work. They work at eating and drinking establishments and are "disposed of"
by "immigration law violation".
It is a violation of international law because employers are not "disposed".
Therefore foreigners who worked illegally are "innocent".

The Japanese government is "crushing" complaints.
But "crush" by state power is "stop" of "Statute of limitations".
The material is below.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

It seems that recent Japanese government has noticed my argument.
The police have not arrested. The Immigration Bureau has arrested them
and is "forcibly repatriated to their home country."
※ There are many victims in the past.
The Japanese government should "recover honor" and "compensate for damage!"
Please mail me if you have objections.

Sincerely yours,

Yasuhiro Nagano


Request to media ******************************************

Many people around the world are being sacrificed.
Please report the facts as a journalist.
"Government under the law" can not be bought by money.

My information *************************************************

I hope for justice as your journalist.
Please inquire.

It is published in the following program.
http://omoide-tommy.seesaa.net/
https://toworldmedia.blogspot.jp/

asuhiro Nagano

Help me.
Please contact us if you have any questions.
enzai_mirai@yahoo.co.jp

*****************************************************************

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 世界の警察官に感謝【トラン... | トップ | 10月22日(月)のつぶやき その1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

各国大使館へのメール」カテゴリの最新記事