日本の朝

日本の朝に、食の話題、癒し写真、テレビやラジオの話題、そして社会の話題などを提供していきます。

メディアの皆様 2019-01-14: 中国人が、入管法70条「在留の資格外活動」で処罰されました。日本政府はいつまでこの「お笑い」を続けるのでしょうか?

2019-01-14 08:44:12 | 世界のメディアへメール

<公開メール>#MeToo 人権被害者です!


メディアの皆様


2019-01-14: 中国人が、入管法70条「在留の資格外活動」で処罰されました。
しかし彼らを雇用した雇用者は、入管法73-2条「不法な労働を支援する罪」で処罰されません。
検察官は外国人を意識的に処罰していますので国際法違反です。
雇用された中国人は無罪です。
法律が理解できる皆さん!日本政府に「法の論理」を指導してください。
日本政府はいつまでこの「お笑い」を続けるのでしょうか?


拝啓。検察官や裁判官は「内容虚偽の雇用契約書」を「提供」したことが、
「在留資格」の取得を容易にしたと言います。
そして入管法70条「不法な労働」に対して「刑法の62条1項、刑法60」の「支援の罪」を適用します。
これで「因果関係」は明白だといいます。しかし、これは法律を「侮辱」する「論理」です。
彼らの主張は「無知」そのものです。

「在留資格」を「容易」に取得させたというが、「在留資格」の「付与の条件」は法律で規定されていません。「付与の条件」は未公開で法務大臣が「裁量」で「付与」するものです。
よって「在留資格」を「容易」にしたとは言えません。

仮に「内容虚偽の雇用契約書」で「在留資格」得たとしても、
その処分は「入管法22-4-4条「在留資格の取消」」で規定するとおりです。
「内容虚偽の雇用契約書」の「提供」は「入管法22-4-4条」に規定されてるとおりであり、
「入管法70条「不法就労」」とは別個のものです。
日本の司法関係者は日本語力をつけて法律を読むべきです。

仮に「内容虚偽の雇用契約書」で法務大臣よ「技術や人文国際」の「在留資格」を得たとします。
しかし「技術や人文国際」の「在留資格」の範囲で働いていれば
入管法70条の「不法な労働(資格外活動)」にならないことは明らかです。
したがって入管法22-4-4条の「在留資格の取得」と
入管法70条の「資格外の不法な労働」とは何ら関係のないものす。

彼等が「不法な労働者」になったのは、
働く資格のない外国人を雇用した雇用者の責任であることは明らかです。
検察官や裁判官は入管法の立法の趣旨を理解すべきです。

これでも、貴女は、理解できませんか?
それとも、あなたは正義がない、のですか?

明日に続きます。
私はあなたが理解するまで続けます。


私は、2つのことを「訴えて」います。
日本政府による「国際的」な人権侵害です。
私たちの「名誉の回復と賠償」が行われるように、皆様のご支援をお願いします。

1.外国人が「在留の資格」以外の「違法な労働」を行った。しかし外国人は無罪です。

外国人だけが入管法70条「違法な労働の罪」で処罰されました。
これに対して入管法は不法な労働の「因果関係」である雇用者を入管法73-2条
(不法な就労を助長した罪)で処罰しています。

しかし、日本の司法は外国人のみを「処分」しましたが、雇用者を処分していません。
これは明らかに「法の下での平等の原則」に反します
そして外国人だけを意識的に処分することを禁じた国際法に違反しています。

違法に外国人を雇用した雇用者が無罪であるならば、違法に働いた外国人は無罪です。
そうであれば、入管法70条に対する「刑法の他の犯罪を支援した者」は誰もいません。
「私、KinGungaku、フィリッピン国の外交官、フィリッピン大使館職員」は無罪です。

2.検察が「刑法62条、(他の犯罪を支援する罪)」を適用する「犯罪の理由」は以下です。
外国人が入管法22-4-4条(虚偽の書類を提出することによる在留資格の取得)に規定する行為を行った。
しかし、これに対する「刑事処罰」はありません。
処分は、法務大臣による「在留資格の取り消し」と「国外への強制退去」です。
したがって「刑法62条、(他の犯罪を支援する罪)」は適用できません。

日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。

資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

被害者は世界にたくさんいます。
「勇気と正義」で、たくさんの「被害者」を「救済」してください。
私は被害者の「名誉の回復」と「被害者に対する賠償」を日本政府に要求します。

sincerely yours, Yasuhiro Nagano

 

メディアへお願い ******************************************

世界中の多くの人々が犠牲になっています。
ジャーナリストとして、事実を報道してください。
「法の下での統治」はお金では買えません。

私の情報 ***************************************************

私は、貴方のジャーナリストとしての正義に期待しています。
お問合せください。

下記のプログで公開しております。
http://omoide-tommy.seesaa.net/
https://toworldmedia.blogspot.jp/

長野恭博


助けてください。
不明な点はお問い合わせください。
enzai_mirai@yahoo.co.jp

 

<Public mail> #MeToo Human rights victim!


To everyone at the media


2019-01-14: The Chinese were punished
by Article 70 of the Immigration Control Act "Activities outside the status of residence".
However, employers hiring them will not be punished
by Article 73-2 of the Immigration Act "Sins to Support Illegal Labor".
The prosecutor is punishing consciously foreigners, so it is a violation of international law.
The employed Chinese are innocent. Everyone who can understand the law!
Please teach the Japanese government "logic of law".
How long will the Japanese Government continue this "comedy"?


Dear sirs. Prosecutors and judges said
that "providing" a "false employment contract" made it easy to acquire "status of residence".
Then, we apply the "crime of support" of Article 62 (1) of the Penal Code,
Penal Code 60 "against the Immigration Act Article 70" Illegal Labor ".
This is said that "causal relation" is obvious. But this is "logic" which "insults" the law.
Their claim is "ignorance" itself.

Although it is said that "Residence qualification" was acquired "easily",
the "conditions of grant" of "status of residence" is not stipulated by law.
"Conditions of grant" is unpublished and the Minister of Justice "grants" at "discretion".
Therefore, it can not be said that the "status of residence" was made "easy".

Even if you obtain "status of residence" in the "Contents false employment contract",
the disposition is as stipulated in "Immigration Law 22-4-4" Rescission of Status of Residence ".
"Provision" of "Contents of False Employment Contract" is as prescribed
in "Article 22-4-4 of Immigration Control Act" and is separate
from "Immigration Act Article 70" illegal employment ".
Judicial officials in Japan should read their laws with Japanese language skills.

Suppose that you obtained the "status of residence" of "Technical and Humanities International"
by the Minister of Justice on "False Employment Contract".
However, it is obvious that if you work within the scope of "status of residence"
of "Technology and Humanities International" it will not be "illegal work
(activities outside the status of qualification)" under Article 70 of the Immigration Act.
Therefore, "acquisition of status of residence" in Article 22-4-4 of the Immigration Control Act
and the "illegal work outside the status of qualification"
in Article 70 of the Immigration Act are not related at all.

It is clear that it is the responsibility of the employer who hired foreigners
who are not eligible to work that they became "illegal workers".
Prosecutors and judges should understand the purpose of legislation of Immigration Control Act.

Even this, you can not understand?
Or do you have no justice?

I will continue on tomorrow.
I will continue until you understand.


I "appeal" the two things.
It is "international" human rights violation by the Japanese government.
We ask for your support so that our "honor recovery and compensation" will be done.

1. Foreigners conducted "illegal work" other than "qualification for residence".
But a foreigner is innocent.

Only foreigners were punished by Article 70 of the Immigration Act "Sins of illegal labor".
On the other hand,
the Immigration Control Act punishes employers who are "causal relationships" of illegal work
with the Immigration Act 73-2 (a crime that promotes illegal employment).

However, the Japanese judiciary "disposal" only foreigners,
but they do not dispose of employers.
This obviously violates "principle of equality under the law"
And it violates international law prohibiting conscious disposal only of foreigners.

If an employer who illegally employed a foreigner is innocent,
a foreigner who has worked illegally is innocent.
If so, there is no one "who supported other crimes of criminal law"
against Article 70 of the Immigration Act.
"I, KinGungaku, a diplomat in the Philippine country,
a staff member of the Philippine Embassy" is innocent.

2. The "reason for crime" to which the prosecution applies "Article 62 of the Criminal Code,
(crime of supporting other crimes)" is as follows.
Foreigners conducted the act prescribed in Article 22-4-4 of the Immigration Act
(acquisition of status of residence by submitting false documents).
However, there is no "criminal punishment" against this.
Disposition is "cancellation of status of residence" by "Minister of Justice"
and "compulsory withdrawal to foreign countries".
Therefore, "Article 62 of the Penal Code, (crime of supporting other crimes)" can not be applied.

The Japanese government is "crushing" complaints.
But "crush" by state power is "stop" of "Statute of limitations".

The material is below.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

There are many victims in the world.
Please "salvage" a lot of "victims" with "courage and justice".
I request the Japanese government to "recover honor"
and "compensate for the victim" of the victim.

sincerely yours, Yasuhiro Nagano


Request to media ******************************************

Many people around the world are being sacrificed.
Please report the facts as a journalist.
"Government under the law" can not be bought by money.

My information *************************************************

I hope for justice as your journalist.
Please inquire.

It is published in the following program.
http://omoide-tommy.seesaa.net/
https://toworldmedia.blogspot.jp/

Yasuhiro Nagano

Help me.
Please contact us if you have any questions.
enzai_mirai@yahoo.co.jp

*****************************************************************

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 【皇室繁栄】秋篠宮家の問題... | トップ | 【トランプ大統領からのメー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界のメディアへメール」カテゴリの最新記事