日本の朝

日本の朝に、食の話題、癒し写真、テレビやラジオの話題、そして社会の話題などを提供していきます。

朝鮮民主主義人民共和国外務大臣 李容閣下 2018-11-13:難民、移民を希望する皆様に朗報です。 来年4月から日本政府は(人数を無制限)で単純労働者を受け入れます。

2018-11-13 07:01:33 | 各国大使館へのメール


<公開メール>#MeToo 人権被害者です!


朝鮮国際青少年旅行社 御中

拝啓。李容浩(リ・ヨンホ)外務大臣 へ このEメールを「転送」してください。
このメールは、世界のメディアや各国の大使館、ホワイトハウスなどへ毎日送信している内容です。
ホワイトハウスは毎回返事のメールをくれます!


朝鮮民主主義人民共和国外務大臣 李容浩 (リ・ヨンホ)閣下


2018-11-13:難民、移民を希望する皆様に朗報です。
来年4月から日本政府は(人数を無制限)で単純労働者を受け入れます。日本人と同じ待遇です。
祖国に残した家族の治療費もほとんど無料になります。
に中国人などは中国の両親を日本で高額の医療手術させています。
各国の政府やNGOは日本政府が人種、地域などで差別をしないように彼らを支援してください。


拝啓、私は日本人です。私は2つの主張をしています。混乱しないでください。
1つめは、外国人が(入管法70条)の「在留資格の違反をした労働の罪」で刑事処罰されました。
しかし彼らを雇用した雇用者は(入管法73-2条)の「違法な労働を支援する罪」で処分されない。
これは外国人だけを意識的に差別する国際法違反です。「法の下で平等の原則」でも彼らは無罪です。

2つめは、私や外交官らが上記「1つめ」の行為を支援したとして
(刑法の62条)の「他の犯罪を支援した罪」で処罰されたことです。これは2つの理由で無罪です。

A)1つめ主張で外国人が無罪であれば、
(入管法70条)の「在留資格の違反した労働の罪」を支援した者は誰もいません。
私たちは無罪です。
B)起訴状は、(入管法22-4-4条)の「虚偽の書類の提出による在留資格の取り消し」を支援した理由で、
(刑法の62条)を適用した。
しかし(入管法22-4-4条)は「在留資格の取り消し」であり刑事上の処罰ではありません。
(これは適用法の意識的な違反です)。私たちは無罪です。

検察官の嘘!入管法違反(資格外活動)
前記の中国人が入管法違反(資格外活動)で逮捕された。
L社はそのため2010年5月に入管法違反(資格外活動)を支援した疑いで「家宅の捜査」をうけた。
警察は2010年6月に私を逮捕した。
警察は「内容が嘘偽の雇用の契約書」つまり(嘘偽の書類)を中国人にわたしたことが犯罪だとした。
つまり(入管法22条の4の4)の支援は犯罪だ!と警察は言う。
そして入管法70条違反(資格外活動)の援助だ!と警察は言う。
警察は、刑法の「他の犯罪を援助する罪」で私を逮捕した。

その後、フィリピン大使館で職員や外交官が全く同じ論理で「逮捕」されています。

私は入管法73-2条「不法な就労を助長する罪」の犯罪をしていないと主張した。
しかし警察は「誰もそんなことは言っていない」。
警察は「入管法22-4-4条」の支援は「刑法の他の犯罪を支援する罪」だと言う。
警察官は「理屈は言うな!」「一般論で認めるべきだ!」と言う。
そして私は「東京地検」に送られた。
弁護人が検察官に「釈放」を求める。
しかし、検察官は「裁判が行うことができない」との理由で「釈放」を「棄却」した。
そして検察官は東京地裁に私を「Indictment」したのです。

私は、日本の法律になんら違反していないとして戦いました。
しかし私は2011年4月に東京地裁で懲役1年半、罰金50万円、そして実刑となりました。
日本の裁判では、「罪を認めない者」は「実刑」です。
「実刑」というのは刑務所で労働の刑をするという意味です。
私は東京高裁に「控訴」をしましたが棄却された。
最高裁「上告」したが棄却された。
理由は憲法違反でなく、単なる「適用法の誤り」をのべているにすぎないとして、
「刑事訴訟法」により最高裁の「審議事項」ではない。
それで私は2012年3月5日に刑務所に入り、2013年3月19日に刑務所を出た。
明日に続きます。
私はあなたが理解するまで続けます。

単純労働者の受け入れは「内閣」で決定された。法律はこれから審議します。
詳しいことは日本のメディアや日本政府のHPで確認してください。
各国政府やNGOは、このビッグニュースを広報すべきです。
私にEメールをくれればヒントの情報を提供します。
日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。

資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

日本政府は北朝鮮による「日本人の拉致」を言う、資格がない。
日本政府は「日本政府による外国人の拉致」事件を優先して解決すべきだ。
このEメールは皆様と同じように毎日、首相官邸へ送信しています。

敬具 長野 恭博


メディアへお願い ******************************************

世界中の多くの人々が犠牲になっています。
ジャーナリストとして、事実を報道してください。
「法の下での統治」はお金では買えません。

私の情報 ***************************************************

私は、貴方のジャーナリストとしての正義に期待しています。
お問合せください。

下記のプログで公開しております。
http://omoide-tommy.seesaa.net/
https://toworldmedia.blogspot.jp/

長野恭博


助けてください。
不明な点はお問い合わせください。
enzai_mirai@yahoo.co.jp

 

<Public mail> # MeToo Human rights victim!


Joseon International Youth Travel Agency

Dear sirs. Please "forward" this e-mail to Foreign Minister Lee Yong-Ho.
This mail is sending every day to the world media, the embassies of various countries, the White House, etc.
The White House gives us a reply e-mail every time!


Dr. Lee Young-ho, Foreign Minister of the Democratic People's Republic of Korea


2018-11-13: Good news for refugees, those who wish for immigration.
From April next year, the Japanese government accepts simple workers (unlimited number of people).
It is the same treatment as Japanese.
The medical expenses for families left in their homeland are almost free of charge.
Already Chinese and others have made Chinese parents expensive medical surgery in Japan.
Governments and NGOs from various countries should support them
so that the Japanese government will not discriminate in race, region, etc.


Dear Sirs, I am Japanese. I am making two arguments. Do not get confused.
Firstly, foreigners were criminalized for crimes of "labor that violated the status
of residence" of the Immigration Act (Article 70).

However, the employers hiring them are not disposed of as "a crime that supports illegal labor"
under Article 73-2 of the Immigration Act.
This is an international law violation that discriminates only foreigners consciously.
Even in "principle of equality under the law" they are innocent.

The second is that I and the diplomats were punished for "crimes that supported other crimes"
under Article 62 of the Penal Code, as they supported the "first" act.
This is not guilty for two reasons.

A) If a foreigner is innocent under the first claim,
there is no one who supported "the crime of labor that violated the status of residence"
of (Immigration Law Article 70). We are innocent.

B) The indictment was applied (Article 62 of the Criminal Code)
for reasons that supported "cancellation of status of residence
by submitting false documents" of Article 22-4-4 of the Immigration Control Act.
However (Article 22-4-4 of Immigration Control Act) is "cancellation of status of residence"
and is not criminal penalty.
(This is a conscious violation of applicable law). We are innocent.

Prosecutor's lie! Violation of immigration law (activities outside the status of qualification)
The Chinese were arrested for violation of immigration
law (activity outside the status of qualification).
For this reason, L Company was suspected to support
the Immigration Control Act (activities outside the status of qualification)
in May 2010, and received "investigation of house".
The police arrested me in June 2010.
The police said criminal acts were that "the contract of employment that is false in content",
that is, (fake document lying) was handed over to the Chinese.
That is, support of (Immigration Law Article 22 4 - 4) is a crime! Police say.
And it is aid for violation of Article 70 of the Immigration Control Act
(activities outside the status of qualification)! Police say.
The police arrested me for criminal law's "crime aiding other crimes".

After that, officials and diplomats in the Philippine Embassy are "arrested"
with exactly the same logic.

I insisted that I am not committing a crime of Article 73-2 of the Immigration Act "a crime
that promotes illegal employment."
But the police said, "No one said such a thing."
The police say that support of "Article 22-4-4 of Immigration Control Act" is "crime
to support other crimes of criminal law."
Police officials say "Do not say theory!" "You should accept in the general theory!"
And I was sent to "Tokyo District Prosecutor".
The defense counsel seeks "release" to the public prosecutor.
However, the prosecutor "dismissed" "release" on the grounds that "the trial can not be done".
And the prosecutor "Indictment" me to the Tokyo district court.

I fought as not having violated any law in Japan. However,
in April 2011 I was imprisoned for a year and a half in the Tokyo district court,
a fine of 500,000 yen, and I was imprisoned.
In Japan 's trial, "those who do not admit" is "jail".
"Penalty" means to impose labor in prison.
I appealed to the Tokyo High Court, but it was dismissed.
The Supreme Court "appeal" but dismissed.
The reason is not a constitutional violation, it is merely "mistake of application law",
it is not "a matter of deliberation" of the Supreme Court by the "Criminal Procedure Law".
So I entered the prison on March 5, 2012 and left the prison on March 19, 2013.
I will continue on tomorrow.
I will continue until you understand.

The acceptance of simple workers was decided by the "Cabinet".
The law will be discussed from now. For details please check with the media of Japan
or HP of the Japanese government. Governments and NGOs should publicize this big news.
If you give me an e - mail, I will provide you with hint information.
The Japanese government is "crushing" complaints. But "crush"
by state power is "stop" of "Statute of limitations".

The material is below.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

The Japanese government is not qualified to say "abduction of Japanese" by North Korea.
The Japanese government should settle the "kidnapping of foreigners
by the Japanese government" priority.
This e - mail is sent to the prime minister 's official every day like everyone.

Sincerely yours,

Yasuhiro Nagano


Request to media ******************************************

Many people around the world are being sacrificed.
Please report the facts as a journalist.
"Government under the law" can not be bought by money.

My information *************************************************

I hope for justice as your journalist.
Please inquire.

It is published in the following program.
http://omoide-tommy.seesaa.net/
https://toworldmedia.blogspot.jp/

Yasuhiro Nagano

Help me.
Please contact us if you have any questions.
enzai_mirai@yahoo.co.jp

*****************************************************************

 

コメント

<公開メール>#MeToo 人権被害者です!朝鮮民主主義人民共和国外務大臣 李容浩 (リ・ヨンホ)閣下

2018-11-12 07:19:27 | 各国大使館へのメール




朝鮮国際青少年旅行社 御中

拝啓。李容浩(リ・ヨンホ)外務大臣 へ このEメールを「転送」してください。
このメールは、世界のメディアや各国の大使館、ホワイトハウスなどへ毎日送信している内容です。
ホワイトハウスは毎回返事のメールをくれます!


朝鮮民主主義人民共和国外務大臣 李容浩 (リ・ヨンホ)閣下


2018-11-12:難民、移民を希望する皆様に朗報です。
日本政府は来年4月より、海外より単純労働者を受け入れます。
難民の申請をするよりも、単純労働者として日本に行くべきです。人数は無制限です。
各国の政府やNGOは日本政府が人種、地域などで差別をしないように彼らを支援してください。


拝啓、私は日本人です。私は2つの主張をしています。混乱しないでください。
1つめは、外国人が(入管法70条)の「在留資格の違反をした労働の罪」で刑事処罰されました。
しかし彼らを雇用した雇用者は(入管法73-2条)の「違法な労働を支援する罪」で処分されない。
これは外国人だけを意識的に差別する国際法違反です。「法の下で平等の原則」でも彼らは無罪です。

2つめは、私や外交官らが上記「1つめ」の行為を支援したとして(刑法の62条)の
「他の犯罪を支援した罪」で処罰されたことです。これは2つの理由で無罪です。
A)1つめ主張で外国人が無罪であれば、
(入管法70条)の「在留資格の違反した労働の罪」を支援した者は誰もいません。私たちは無罪です。
B)起訴状は、(入管法22-4-4条)の「虚偽の書類の提出による在留資格の取り消し」を支援した理由で、
(刑法の62条)を適用した。

しかし(入管法22-4-4条)は「在留資格の取り消し」であり刑事上の処罰ではありません。
(これは適用法の意識的な違反です)。私たちは無罪です。

日本のソフト開発会社であるL社は2008年秋に、
2009年3月卒業予定である(留学ビザで日本に在留)の中国人4人に対して、
仮の雇用契約(Naitei)を行った。
L社は2009年4月1日の日付で「雇用の契約書」に「署名」して与えた。
中国人4人は「東京入管」へ行った。そして「在留資格変更の申請」を行った。
その際、彼らは「雇用の契約書」を提出した。
在留資格は「留学」から「「技術」や「人文・国際業務」」の在留資格への変更です。
彼らは「在留資格申請の審査」に合格した。
「東京入管」より在留資格付与の「葉書」が届いた。
中国人4人は3月の卒業後、「卒業証書」を持って「東京入管」へ行った。
そして「葉書」と引き換えに「パスポー」トに「証印、ビザ」を受けました。
しかし、L社は2008年秋に発生したリーマンショックにより
受注を予定していた「プロジェクト」がなくなった。
それで2009年4月入社予定の中国人を採用しなかった。
それで中国人4人は、日本の景気が回復するのを待つ間。
彼らは「留学生の時代」にアルバイトで勤務していた「居酒屋」などで
「資格外」の「不法な就労」をしていた。
彼らは、2010年5月に入管法70条「不法な労働」の罪で逮捕された。
しかし中国人4人が勤務していた飲食店の「責任者」は、
入管法73-2条の「不法な就労を助長した罪」であるが、逮捕されなかった。

不法就労させた雇用主は無罪である。
そうであれば日本国憲法の法の下での平等や国際法の扱いでは、同じ様に無罪とすべきです。
この事件では事業者を入管法73-2条の「不法な就労を助長した罪」で無罪とした。
にも関わらず、中国人4人は入管法70条の(資格外活動による不法就労)の罪で一方的に処罰した。
その処分は懲役1年、執行猶予猶予3年の刑となり、「強制退去」です。そして。
検察は、「刑法の他の犯罪を支援する罪」によって、私たちを「罪人」にした。
検察の犯罪理由は入管法22-4-4条「嘘偽の書類堤出による在留資格の取り消し」の「支援」です。
検察は私たちが中国人4人に「内容が虚偽の雇用の契約書」を渡したことが、犯罪というのです。

しかしこの支援の罪は犯罪ではない、刑事処分できない。

それで検察は私たちを、「因果関係」のない「入管法70条違反」の支援者とした。

それでも、法の論理に無理がある。
彼らは「入管法70条の資格以外の活」で逮捕された。
仮に「内容嘘偽の雇用契約書」で在留資格を得ても在留資格の範囲内で労働すれば、
「入管法70条の資格以外の活動」にはならない。

中国人らが「入管法70条違反」になった理由は、
中国人を不法に労働させた「事業者」がいたからです。
入管法73-2条の「不法な就労を助長した罪」の雇用者です。
検察は「事業者」を「無罪」にしています。検察は彼らを逮捕もしません。
理由は、日本が中国と同じ「賄賂社会」であることを、想像させます。

日本の司法は完全に狂ってる。
世界の皆さん、笑っている場合ではないですよ!
日本の司法行政に「法の論理」を教えてあげるべきです。
彼らは今も逃げています。
彼らを早く逮捕しないと、「世界中」が被害者になります。
犠牲者はすでに何万人もいるでしょう!
犠牲者の精神は殺されています。彼らは殺人者です!!
本当に凶悪な犯罪者です。

明日に続きます。
私はあなたが理解するまで続けます。

単純労働者の受け入れは「内閣の閣議」で決定です。法律はこれから審議します。
詳しいことは日本のメディアや日本政府のHPで確認してください。
各国政府やNGOは、このビッグニュースを広報すべきです。
私にEメールをくれればヒントの情報を提供します。
日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。

資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

日本政府は北朝鮮による「日本人の拉致」を言う、資格がない。
日本政府は「日本政府による外国人の拉致」事件を優先して解決すべきだ。
このEメールは皆様と同じように毎日、首相官邸へ送信しています。

敬具 長野 恭博


メディアへお願い ******************************************

世界中の多くの人々が犠牲になっています。
ジャーナリストとして、事実を報道してください。
「法の下での統治」はお金では買えません。

私の情報 ***************************************************

私は、貴方のジャーナリストとしての正義に期待しています。
お問合せください。

下記のプログで公開しております。
http://omoide-tommy.seesaa.net/
https://toworldmedia.blogspot.jp/

長野恭博


助けてください。
不明な点はお問い合わせください。
enzai_mirai@yahoo.co.jp

 

<Public mail> # MeToo Human rights victim!


Joseon International Youth Travel Agency

Dear sirs. Please "forward" this e-mail to Foreign Minister Lee Yong-Ho.
This mail is sending every day to the world media, the embassies of various countries, the White House, etc.
The White House gives us a reply e-mail every time!


Dr. Lee Young-ho, Foreign Minister of the Democratic People's Republic of Korea


2018-11-12: It is good news to all those who wish for refugees and immigrants.
The Japanese government will accept simple workers from overseas from April next year.
Rather than applying for refugees, you should go to Japan as a simple worker.
The number of people is unlimited.
Governments and NGOs from various countries should support them so that the Japanese government
will not discriminate in race, region, etc.

Dear Sirs, I am Japanese. I am making two arguments. Do not get confused.
Firstly, foreigners were criminalized for crimes of "labor that violated the status of residence"
of the Immigration Act (Article 70).
However, the employers hiring them are not disposed of as "a crime that supports illegal labor"
under Article 73-2 of the Immigration Act.
This is an international law violation that discriminates only foreigners consciously.
Even in "principle of equality under the law" they are innocent.
The second is that I and the diplomats were punished for "crimes that supported other crimes"
under Article 62 of the Penal Code, as they supported the "first" act.
This is not guilty for two reasons.
A) If a foreigner is innocent under the first claim,
there is no one who supported "the crime of labor that violated the status of residence"
of (Immigration Law Article 70). We are innocent.
B) The indictment was applied (Article 62 of the Criminal Code) for reasons
that supported "cancellation of status of residence by submitting false documents"
Article 22-4-4 of the Immigration Control Act.
However (Article 22-4-4 of Immigration Control Act) is "cancellation of status of residence"
and is not criminal penalty.
(This is a conscious violation of applicable law). We are innocent.

L, a Japanese software development company,
made a temporary employment contract (Naitei) for four Chinese who are scheduled to graduate
in March 2009 (staying in Japan with a student visa) in the autumn of 2008.
L company signed "contract of employment" on the date of April 1, 2009 and gave it.
Four Chinese went to "Tokyo immigration." Then I applied for "change of status of residence".
At that time, they submitted a "contract of employment".
The status of residence is change from "College Study" to "Status of Residence"
or "Humanities / International Work".
They passed the "examination of status of residence status application".
"Postcard" of granting status of residence arrived from "Tokyo immigration."
After graduating in March, four Chinese had a "diploma" and went to "Tokyo immigration."
And in exchange for 'postcard' we received 'seal, visa' at 'passport'.
However, Company L has lost the "project" scheduled to receive orders due to the Lehman shock
that occurred in autumn 2008.
So I did not adopt the Chinese who are going to join the company in April 2009.
So while the four Chinese await the recovery of the Japanese economy.
They were doing illegal work "out of qualification" at "Izakaya" etc.
who worked part-time in "the period of international students".
They were arrested in May 2010 for the crime of Article 70 of the Immigration Act "illegal labor".
However, the "responsible person" of the restaurant that the four Chinese worked was a "crime
that promoted illegal work" under Article 73-2 of the Immigration Act, but was not arrested.

Employers who have illegally worked are innocent.
If so, equality under the law of the Constitution of Japan and treatment
of international law should be innocent as well.
In this case, we declared the business as inseparable
under Article 73-2 of the Immigration Act as "a crime that promoted illegal employment."
Nonetheless, the four Chinese were unilaterally punished
for the crime of Article 70 of the Immigration Act (illegal employment due to activities other
than their status of engagement).
The disposition is sentenced to 1 year imprisonment, suspended sentence for 3 years,
and is "compulsory withdrawal". And then.
The prosecution made us a "sinner" by "crime to support other crimes of criminal law."
The reason for the crime of the prosecution is "support"
of Article 22-4-4 of the Immigration Act "Cancellation of status of residence
by submitting false documents".
Prosecutors say that we handed out "the contract of false content of employment"
to 4 Chinese people is a crime.

But this support is not a crime, it can not be criminalized.

Therefore, the prosecution made us a supporter of "violation
of Article 70 of the Immigration Act" without "cause-effect relationship".

Still, the logic of law is impossible.
They were arrested for "activities other than the qualifications of Article 70 of the Immigration Act".
Even if you obtain a status of residence as "content lying and false employment contract",
if you work within the scope of your status of residence,
you will not be "activities other than the entrance to Article 70 of the Immigration Act".

The reason why Chinese people became "violation of Article 70 of the Immigration Act" is because
there were "business operators" who illegally worked Chinese.
It is an employer of the Immigration Act 73-2, "Sin that promoted illegal employment".
The prosecution makes "business entities" "innocent." The prosecution will not even arrest them.
The reason is to imagine that Japan is the same 'bribery society' as China.

Japanese judiciary is completely crazy.
Everyone in the world, it is not a case of laughing!
You should tell "logic of law" to Japanese judicial administration.
They are still running away.
If we do not arrest them soon, "the world" will be victims.
There are already tens of thousands of victims!
The spirit of the victim is killed. They are murderers! !
It is a really heinous criminal.

I will continue on tomorrow.
I will continue until you understand.

Acceptance of simple workers is decided at "Cabinet Cabinet".
The law will be discussed from now. For details please check with the media of Japan
or HP of the Japanese government. Governments and NGOs should publicize this big news.
If you give me an e - mail, I will provide you with hint information.
The Japanese government is "crushing" complaints.
But "crush" by state power is "stop" of "Statute of limitations".

The material is below.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

The Japanese government is not qualified to say "abduction of Japanese" by North Korea.
The Japanese government should settle the "kidnapping of foreigners
by the Japanese government" priority.
This e - mail is sent to the prime minister 's official every day like everyone.

Sincerely yours,

Yasuhiro Nagano


Request to media ******************************************

Many people around the world are being sacrificed.
Please report the facts as a journalist.
"Government under the law" can not be bought by money.

My information *************************************************

I hope for justice as your journalist.
Please inquire.

It is published in the following program.
http://omoide-tommy.seesaa.net/
https://toworldmedia.blogspot.jp/

Yasuhiro Nagano

Help me.
Please contact us if you have any questions.
enzai_mirai@yahoo.co.jp

*****************************************************************

 

コメント

朝鮮民主主義人民共和国外務大臣 李容浩 (リ・ヨンホ)閣下 2018-11-07:安倍首相は来年の10月から、消費税を増税します。国際社会で日本の位置が低下しますので、注意が必要です。

2018-11-07 05:56:40 | 各国大使館へのメール


<公開メール>#MeToo 人権被害者です!


朝鮮国際青少年旅行社 御中

拝啓。李容浩(リ・ヨンホ)外務大臣 へ このEメールを「転送」してください。
このメールは、世界のメディアや各国の大使館、ホワイトハウスなどへ毎日送信している内容です。
ホワイトハウスは毎回返事のメールをくれます!


朝鮮民主主義人民共和国外務大臣 李容浩 (リ・ヨンホ)閣下


2018-11-07:安倍首相は来年の10月から、消費税を増税します。
面白いことに増税分は中国への為替スワップ3兆円と同じ金額です。
安倍首相は「先見の明」があるようです。


拝啓、私は日本人です。国民は人民元が「Scrap of paper」になる、と思っています。
だから、消費税値上げに反対運動が起こるでしょう。
ドナルドトランプ大統領は中国を「昔の中国」に戻すと言っています。
アジアは「ドナルドトランプ大統領」対「習近平と安倍晋三」の戦いになってきました。
もうすぐ「オッズ」が出るでしょう。あなたはどちらに賭けますか?


今週から、「猿でさえ理解できる、入管法違反の嘘偽」を掲載します。
日本の入管法をご理解ください。
入管法は毎年改正されますので最新は下記URLでもご覧ください。
http://www.houko.com/00/02/S26/319.HTM

3.不法就労しそうな外国人は基本的には「国外へ退去」させています
入管法の規定で審査して入国させたのですから、違反すれば出国させるだけです。たいした罪ではないのです。
しかし「意図的」に「国外へ退去」させれば国際法に反しますので、
国際社会で日本の位置が低下しますので、注意が必要です。

在日する外国人の中には、「偽りその他不正の手段」により「上陸の許可」等を受ける。
あるいは在留資格に該当する活動を行うことなく「不法な労働」を行う。
あるいは「犯罪を犯す」など「公正」な「出入国管理」を「阻害」する者が少なくない。

これらの要因をうけて下記の法律は立法された。

2004年の入管法の一部改正において、(第22条の4)「在留資格の取消し」の制度が「創設」されました。
(同年12月2日施行)。

法務大臣は,次の各号に掲げるいずれかの事実が判明したときは、
外国人が現に有する「在留資格」を「取り消す」ことができます。
①偽りその他不正の手段により、
「上陸の拒否の理由に該当」に関する「入国の審査官」の判断を誤らせて
「上陸の許可」の「証印=ビザ」等を受けた場合。
②偽りその許可」の「証印=ビザ」等を受けた場合。
例えば、日本で「単純な労働」を行おうとする者が
「技術」の「在留資格」に該当する活動を行う旨申告した場合などが本号による「取消しの対象」となる。
③申請人が本邦で行おうとする活動以外の事実を偽り、「上陸の許可」の「証印=ビザ」等を受けた場合。
例えば,申請人が自身の経歴を偽った場合などが本号による「取消しの対象」となる。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
今回の内容が虚偽の雇用の契約書は、この条文です!
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

④①から③までに該当する以外の場合で、
「虚偽の書類」を提出して「上陸の許可」の「証印=ビザ」等を受けた場合。
本号においては、偽りその他不正の手段によることは要件となっておらず、
申請者に「故意」があることは要しない。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

⑤現に有する在留資格(入管法別表第1の上欄の在留資格(注)に限る。)に係る活動を継続して
3か月以上行っていない場合(ただし、当該活動を行わないで在留していることにつき正当な理由があります。
場合を除く。)。また、在留資格の取消しに当たっては、
事前に対象となる外国人から意見を聴取することとされています。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

前記22条の4の4項が嘘偽の書類提出です。
注:「嘘偽の書類」(Kyogi)は、
現在では「不実の文書」(Huzitu)に名称が変更になっています。
「Kyogi」が「Huzitu」に変更。
Kyogi=嘘、と偽
Huzitu=事実でない
意味は同じと思います。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

私はあなたが理解するまで続けます。

メディアは日本政府の入管法違反問題で「不法な拉致・監禁の問題」を報道すべきです。
各国政府は自国の被害者を守ってください。
日本政府に名誉の回復と賠償を請求してください。
留学や観光、就労などのビザで来日した外国人はたくさんいます。
彼らは飲食店などで労働を行い「入管法違反」で「処分」されています。
雇用者が「処分」されないので国際法違反です。
よって不法就労をおこなった外国人は「無罪」です。

このEメールは皆様と同じように毎日、首相官邸へ送信しています。
首相官邸は今もこのEメールを無視をしています。
日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。
資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

日本政府は北朝鮮による「日本人の拉致」を言う、資格がない。
日本政府は「日本政府による外国人の拉致」事件を優先して解決すべきだ。
韓国人の被害者は数えきれない。北朝鮮政府は朝鮮人(韓国人)の被害者を救済すべきだ。
北朝鮮政府は「韓国人の拉致」問題を日本政府に追及すべきだ。北朝鮮政府は同胞を救うべきだ!
異議があればメールをください。

敬具 長野 恭博


メディアへお願い ******************************************

世界中の多くの人々が犠牲になっています。
ジャーナリストとして、事実を報道してください。
「法の下での統治」はお金では買えません。

私の情報 ***************************************************

私は、貴方のジャーナリストとしての正義に期待しています。
お問合せください。

下記のプログで公開しております。
http://omoide-tommy.seesaa.net/
https://toworldmedia.blogspot.jp/

長野恭博


助けてください。
不明な点はお問い合わせください。
enzai_mirai@yahoo.co.jp

 


# MeToo Human rights victim!


Joseon International Youth Travel Agency

Dear sirs. Please "forward" this e-mail to Foreign Minister Lee Yong-Ho.
This mail is sending every day to the world media, the embassies of various countries, the White House, etc.
The White House gives us a reply e-mail every time!


Dr. Lee Young-ho, Foreign Minister of the Democratic People's Republic of Korea


2018-11-07: Prime Minister Abe will raise the consumption tax from October next year.
Interestingly, the increase in tax is the same amount as 3 trillion yen in exchange swap to China.
Prime Minister Abe seems to have a "foresight".


Dear Sirs, I am Japanese. People think that the renminbi will be "Scrap of paper".
So, there will be a movement against the consumption tax raise.
President Donald Trump says that he will return China to "old China".
Asia has become the battle of the "Donald Trump president" versus "Xi Jinping and Abe Shinzo".
"Odds" will come out soon. Which do you bet on?

From this week,
"I can understand even a monkey, a lie of violation of immigration law" will be posted.
Please understand Japanese immigration law.
Since Immigration Control Law is amended every year,
please also visit the following URL for the latest information.
Http://www.houko.com/00/02/S26/319.HTM

3. Foreigners who are likely to work illegally are basically "moving out of the country"
Since it was judged and entered the country by the provisions of Immigration Control Act,
we will only leave Japan if it is in violation. It is not much sin.
However, if you intentionally "move out of the country" it violates international law,
so the position of Japan will decline in the international community, so you need to be careful.

Some foreigners in Japan receive "permission of landing" etc.
by "false other improper means".
Or do illegal work without doing activities that fall under the status of residence.
There are a lot of people who "inhibit" "fair" "immigration control" such as "commit a crime".

Following these factors the following law was legislated.

In part of the amendment to the Immigration Control Act in 2004,
the system of "Revocation of Status of Residence" (Article 22-4) was "created".
(Enforced on December 2, the same year).

When the Minister of Justice finds any of the facts listed in each of the following items,
he / she can "cancel" the "residence status" currently held by the foreigner.
① In the case of receiving a "seal = visa", etc. of "permission of landing"
by erroneous judgment of "immigration inspector" on "reason for refusal of landing"
by deceit or other illegal means. In case
In case of receiving "seal = visa" etc in "② false permission".
For example, the case where a person who intends to conduct "simple labor" in Japan declares
that he / she will perform activities corresponding to the "status of residence"
of "technology" will become the "subject of cancellation" under this issue. In case
③ The case where the applicant falsified the facts other than the activities
that the applicant intends to do in Japan and received a "seal = visa" etc. of "permission of landing".
For example, when the applicant falsely identifies his or her career or the like,
it becomes the "subject of cancellation" under this issue. In case

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
Contract of false employment this time is this article!
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

④ In cases other than those falling under ① to ③, when submitting "false documents" and receiving "seal = visa" etc. of "permission of landing".
In this issue, it is not a requirement that false or other illegal means are used, and it is not necessary for the applicant to have "willful".
In case

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
⑤ If you have not continued activities related to your status of residence (limited to the status of residence (Note) in the upper column of Appended Table 1 of the Immigration Act No. 1) for more than 3 months (provided, however, that you stay without doing such activities There is a just good reason for being in.) Except. Also, in canceling the status of residence, it is supposed to hear opinions from alien subjects in advance.

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

Paragraph 4, Paragraph 4 of Article 22 is fake document submission.
Note: "Fake lies document" (Kyogi) is now renamed to "false document" (Huzitu).
"Kyogi" changed to "Huzitu".
Kyogi = lie, and fake
Huzitu = not fact
I think the meaning is the same.

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

I will continue until you understand.

The media should report "illegal abduction / confinement problems" as a matter of violation
of the Immigration Control Act of the Japanese government.
Governments of each country should protect their victims.
Please request the Japanese government for honor recovery and compensation.
There are a lot of foreigners who came to Japan with visas such as study abroad,
sightseeing and work.
They work at eating and drinking establishments and are "disposed of" by "immigration law violation".
t is a violation of international law because employers are not "disposed".
Therefore foreigners who worked illegally are "innocent".

This e - mail is sent to the prime minister 's official every day like everyone.
The prime minister's official residence is still ignoring this e-mail.
The Japanese government is "crushing" complaints.
But "crush" by state power is "stop" of "Statute of limitations".
The material is below.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

The Japanese government is not qualified to say "abduction of Japanese" by North Korea.
The Japanese government should settle the "kidnapping of foreigners
by the Japanese government" priority.
Korean victims can not count.
The North Korean government should rescue the victims of Koreans (Koreans).
The North Korean government should pursue the "abduction of Koreans" problem to the Japanese government. The North Korean government should save the people!
Please mail me if you have objections.

Sincerely yours, Yasuhiro Nagano


Request to media ******************************************

Many people around the world are being sacrificed.
Please report the facts as a journalist.
"Government under the law" can not be bought by money.

My information *************************************************

I hope for justice as your journalist.
Please inquire.

It is published in the following program.
http://omoide-tommy.seesaa.net/
https://toworldmedia.blogspot.jp/

Yasuhiro Nagano

Help me.
Please contact us if you have any questions.
enzai_mirai@yahoo.co.jp

*****************************************************************

 

コメント

朝鮮国際青少年旅行社 御中 拝啓。李容浩(リ・ヨンホ)外務大臣 へ このEメールを「転送」してください。 このメールは、世界のメディアや各国の大使館、ホワイトハウスなどへ毎日送信している内容です。

2018-11-06 08:00:20 | 各国大使館へのメール

 

<公開メール>#MeToo 人権被害者です!


朝鮮国際青少年旅行社 御中

拝啓。李容浩(リ・ヨンホ)外務大臣 へ このEメールを「転送」してください。
このメールは、世界のメディアや各国の大使館、ホワイトハウスなどへ毎日送信している内容です。
ホワイトハウスは毎回返事のメールをくれます!


朝鮮民主主義人民共和国外務大臣 李容浩 (リ・ヨンホ)閣下


2018-11-06:今、日本ネットは大騒ぎです。
安倍首相は中国の要請で3兆円の為替スワップの契約をしました。
自民党と安倍首相は中国と組み、「反米路線」に政策変更をしたように見えます。


拝啓、私は日本人です。国民は中国を支援することに反対です。
多分、ドナルドトランプ大統領は日本に抗議すると思います。
阿部首相は憲法を改正してアメリカと戦争をするでしょうね。それはいつだろうか?

今週から、「猿でさえ理解できる、入管法違反の嘘偽」を掲載します。
日本の入管法をご理解ください。
入管法は毎年改正されますので最新は下記URLでもご覧ください。
http://www.houko.com/00/02/S26/319.HTM


2. 働く資格のない外国人を不法就労させた者は入管法73ー2条「不法な就労を助長する罪」で刑事処分されます。
わが国では「出入国管理及び難民認定法」により、
従来から単純・未熟練労働者は受け入れない政策が採り続けられてきました。
しかしながら、昭和60年頃より不法就労者の数が急増したため、
その対応策として平成元年の同法改正により(入管法73-2条)「不法な就労を助長する罪」が設けられました。。

第73条 の2次の各号のいずれかに該当する者は、3年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金に処し、
又はこれを併科する。
一事業活動に関し、外国人に不法な労働活動をさせた者
二外国人に不法な労働活動をさせるためにこれを自己の支配下に置いた者
三業として、外国人に不法な労働活動をさせる行為又は前号の行為に関しあつせんした者

2前項各号に該当する行為をした者は、
次の各号のいずれかに「該当」することを、知らないことを「理由」として、
同項の規定による処罰を「免れること」ができない。
ただし、「過失」のないときは、この限りでない。

一当該外国人の活動が当該外国人の在留資格に応じた活動に属しない収入を伴う事業を運営する活動
又は報酬を受ける活動であること。
二当該外国人が当該外国人の活動を行うに当たり第19条第2項の許可を受けていないこと。
三当該外国人が第70条第1項第1号から第3号の2まで、第5号、第7号から第7号の3まで
又は第8号の2から第8号の4までに掲げる者であること。
(両罰規定)
「法人の代表者」又は「「法人」若しくは人の代理人」、
「使用人その他の従業者」が、その法人又は人の業務に関して第73条の2若しくは第74条から第74条の6までの罪、
第74条の6の2(第1項第3号及び第4号を除く。)の罪、
若しくは、その「未遂罪」又は「第74条の8」の罪を犯したときは、
「行為者」を罰するほか、その法人又は人に対しても、「各、本条の罰金刑」を科する。

私はあなたが理解するまで続けます。

メディアは日本政府の入管法違反問題で「不法な拉致・監禁の問題」を報道すべきです。
各国政府は自国の被害者を守ってください。日本政府に名誉の回復と賠償を請求してください。
留学や観光、就労などのビザで来日した外国人はたくさんいます。
彼らは飲食店などで労働を行い「入管法違反」で「処分」されています。
雇用者が「処分」されないので国際法違反です。
よって不法就労をおこなった外国人は「無罪」です。

このEメールは皆様と同じように毎日、首相官邸へ送信しています。
首相官邸は今もこのEメールを無視をしています。
日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。
資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

日本政府は北朝鮮による「日本人の拉致」を言う、資格がない。
日本政府は「日本政府による外国人の拉致」事件を優先して解決すべきだ。
韓国人の被害者は数えきれない。北朝鮮政府は朝鮮人(韓国人)の被害者を救済すべきだ。
北朝鮮政府は「韓国人の拉致」問題を日本政府に追及すべきだ。北朝鮮政府は同胞を救うべきだ!
異議があればメールをください。

敬具 長野 恭博


メディアへお願い ******************************************

世界中の多くの人々が犠牲になっています。
ジャーナリストとして、事実を報道してください。
「法の下での統治」はお金では買えません。

私の情報 ***************************************************

私は、貴方のジャーナリストとしての正義に期待しています。
お問合せください。

下記のプログで公開しております。
http://omoide-tommy.seesaa.net/
https://toworldmedia.blogspot.jp/

長野恭博

助けてください。
不明な点はお問い合わせください。
enzai_mirai@yahoo.co.jp

 


<Public mail> # MeToo Human rights victim!


Joseon International Youth Travel Agency

Dear sirs. Please "forward" this e-mail to Foreign Minister Lee Yong-Ho.
This mail is sending every day to the world media, the embassies of various countries, the White House, etc.
The White House gives us a reply e-mail every time!


Dr. Lee Young-ho, Foreign Minister of the Democratic People's Republic of Korea


2018-11-06: The Japanese net is a big fuss now.
Prime Minister Abe made a 3 trillion yen foreign exchange swap contract at the request of China.
Liberal Democratic Party and Prime Minister Abe,
together with China, seems to have made policy changes to "anti-American routes".


Dear Sirs, I am Japanese. The people are opposed to supporting China. Perhaps,
I think President Donald Trump will protest Japan.
Prime Minister Abe will amend the Constitution and wage war with America. When is it?

From this week, "I can understand even a monkey, a lie of violation of immigration law" will be posted.
Please understand Japanese immigration law.
Since Immigration Control Law is amended every year,
please also visit the following URL for the latest information.
Http://www.houko.com/00/02/S26/319.HTM

2. Those who have illegally worked foreigners who are not eligible to work are criminalized
under Article 73-2 of the Immigration Act "Crime that promotes illegal employment."
Due to "immigration control and refugee recognition law" in our country,
we have been adopting policies that we have not accepted simple and unskilled workers for a long time.
However, since the number of illegal workers has increased sharply since around 1985,
as a countermeasure to that problem,
we have established a "crime to promote illegal employment" by the revision of the law
in 1989 (Immigration Act 73-2). .

Article 73-2 A person who falls under any of the following items shall be punished
by imprisonment with work for not more than 3 years or a fine of not more than 3 million yen, or both.
(I) A person who has caused foreigners to engage in illegal labor activities
with respect to business activities
(Ii) those who have put them under their control to cause foreigners to engage
in illegal labor activities
Three acts that caused foreigners to engage in illegal labor activities
or those who have dealt with the acts in the preceding item

(2) A person who has committed any act falling under any of the items
of the preceding paragraph may not "escape" the punishment under the same paragraph,
with "reason" as not knowing that it will "fall under" any of the following items .
Provided, however, that this shall not apply when there is no "negligence".

(I) The activity of said foreigner is an activity to manage a business accompanied
by income not belonging to an activity corresponding to the status of residence
of said alien or activity to receive remuneration.
(Ii) The foreign national has not received the permission under Article 19,
paragraph 2 when conducting the activities of said alien.
(Iii) if the said foreign national has filed an application
under Article 70, paragraph 1, item 1 to item 3, item 2, item 5, item 7 to item 7, item 3
or item 8 to item 2 to item 8 Be a person to be listed.
(Both penalties provision)
"A representative of a juridical person" or "a corporation" or an agent of a person ","
an employee or any other worker ", in connection with the business of that juridical person or person,
from Article 73-2 or 74 to 74 When the crime of Article 74,
paragraph 6, 2 (excluding paragraph 1, item 3 and 4) or the crime of "attempted crime"
or "Article 74 of 8" is committed In addition to punishing the "actor",
the juridical person or person is also subject to "each fine imprisonment of this Article".

I will continue until you understand.

The media should report "illegal abduction / confinement problems" as a matter of violation
of the Immigration Control Act of the Japanese government.
Governments of each country should protect their victims.
Please request the Japanese government for honor recovery and compensation.
There are a lot of foreigners who came to Japan with visas such as study abroad,
sightseeing and work.
They work at eating and drinking establishments and are "disposed of"
by "immigration law violation".
It is a violation of international law because employers are not "disposed".
Therefore foreigners who worked illegally are "innocent".

This e - mail is sent to the prime minister 's official every day like everyone.
The prime minister's official residence is still ignoring this e-mail.
The Japanese government is "crushing" complaints.
But "crush" by state power is "stop" of "Statute of limitations".
The material is below.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

The Japanese government is not qualified to say "abduction of Japanese" by North Korea.
The Japanese government should settle the "kidnapping of foreigners
by the Japanese government" priority.
Korean victims can not count.
The North Korean government should rescue the victims of Koreans (Koreans).
The North Korean government should pursue the "abduction of Koreans" problem to the Japanese government. The North Korean government should save the people!
Please mail me if you have objections.

Sincerely yours, Yasuhiro Nagano


Request to media ******************************************

Many people around the world are being sacrificed.
Please report the facts as a journalist.
"Government under the law" can not be bought by money.

My information *************************************************

I hope for justice as your journalist.
Please inquire.

It is published in the following program.
http://omoide-tommy.seesaa.net/
https://toworldmedia.blogspot.jp/

Yasuhiro Nagano


Help me.
Please contact us if you have any questions.
enzai_mirai@yahoo.co.jp

*****************************************************************

 

コメント

朝鮮民主主義人民共和国外務大臣 李容浩 (リ・ヨンホ)閣下 2018-11-02:北朝鮮政府は同胞を救うべきだ!

2018-11-02 08:51:47 | 各国大使館へのメール

<公開メール>#MeToo 人権被害者です!


朝鮮国際青少年旅行社 御中

拝啓。李容浩(リ・ヨンホ)外務大臣 へ このEメールを「転送」してください。
このメールは、世界のメディアや各国の大使館、ホワイトハウスなどへ毎日送信している内容です。
ホワイトハウスは毎回返事のメールをくれます!


朝鮮民主主義人民共和国外務大臣 李容浩 (リ・ヨンホ)閣下


2018-11-02:日本は安倍首相の就任前は1ドルが70円から80円台であったが就任後は
「ABENOMIKUSU」政策で「円が安い為替政策」を行い、1ドルが110円台です。
日本為替操作は自由貿易とは言えません。
適正な為替レートで公平な貿易を行うべきです。円高は国民の味方です。


拝啓、私は日本人です。今週は、実際の「起訴状」(Kisojo)を掲載しています。
日本語の原文は下記サイトにて閲覧してください。
日本政府は、いまだに司法関係者の範囲を認めない。
法の下での統治をおこなうように日本政府を糾弾してください。


昨日までに「起訴状」を掲載しました。

この「起訴状」について、説明します。
記載内容、4人とも、同じです。
1.記載の中国人が入管法70条違反(資格外の労働)の事実が記載されています。
彼らは「記載」の「在留の資格」を得た。
彼らは「記載」の飲食店で働いた。

2.私とKingungakugaが
「入管法22-4-4条に違反の虚偽の書類」を記載の中国人に提供した事実が記載されています。
虚偽の書類とは「内容の虚偽である雇用の契約の書類」です。
入管法22-4-4条違反を援助したことを記載しています。

3.中国人が入国管理局に「内容が虚偽の雇用契約書」を添付して、提出した事実が記載されています。

私とKingungakuは下記のとおりに処分されました。
罪の名前及び適用の法律
出入国管理および難民認定法違反同法70条1項4号、19条1項1号
刑法62条1項、60条

上記の起訴状は、裁判所に提出するものではなく、法務大臣に提出すべきんものです。

1.中国人4人は、 入管法22-4-4条違反(虚偽の内容の書類である雇用の契約書類)
である。よって法務大臣は 中国人4人に対して以下を行う。

1.在留資格を取り消す。
2.法務大臣は在留資格がないので4人に対し国外退去を命令する。

私とKin Gungaku は処罰なしです。
入管法22-4-4条違反の支援行為は、行政処分です。
したがって、刑法62条1項、60条を適用できません。

参考に記載します。
このような対策はすでに立法されています。
起訴された2010年7月1日より、
外国人が他の外国人に対して、入管法22-4-4条違反の支援行為を行った場合。
外国人は、法務大臣より下記の処分受けます。

1.在留資格を取り消す。
2。在留資格がなくなったので、支援した外国人は国外退去です。

しかし、Kingungakuは法律の改正前ですから処分なしです。
日本人を国外退去にはできません。

私は、「正規の雇用の契約書」を中国人4人に提供しました。
しかし、2008年の「リーマンショック」により、採用を取り消すいました。
それで中国人4人は「学生時代」にアルバイトをしていた飲食店で働いたのです。

私が提供した「雇用の契約書類」が「仮に」虚偽であっても、
彼らが、法務大臣が中国人4人に交付した在留資格「人文/国際や技術」の範囲内ではたらいていれば、
中国人4人は入管法70条の「不法就労」にはなりません。


しかし、前記したように入管法22-4-4違反で、法務大臣より行政処分を受けます(前記参照)。
中国人4人が不法な就になったのは、外国人を不法に雇用した雇用者がいたからです。
彼らあ入管法73-2条(不法な就労を促進する罪)で処罰していません。
そうであれば、国際法により恣意的な外国人の処罰になります。
また法の下での平等の原則に反しますから中国人4名は「無罪」です。

この程度法の論理は中学生でも理解出来ます。

国際社会の皆さん、日本の司法レベルアはこの程度なのです。

みんなで日本の司法関係者を笑いましょう!


北朝鮮より著しく法の理解レベルが低すぎます。

日本政府を糾弾するべきです。皆さん、助けて!!

私はあなたが理解するまで続けます。


メディアは日本政府の入管法違反問題で「不法な拉致監禁問題」を報道すべきです。
各国政府は自国の被害者を守ってください。日本政府に名誉の回復と賠償を請求してください。
留学や観光、就労などのビザで来日した外国人はたくさんいます。
彼らは飲食店などで労働を行い「入管法違反」で「処分」されています。
雇用者が「処分」されないので国際法違反です。
よって不法就労をおこなった外国人は「無罪」です。

日本政府は「告訴」を「crush」ています。しかし国家権力による「crush」は
「Statute of limitations」の「停止」です。

資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

日本政府は北朝鮮による「日本人の拉致」を言う、資格がない。
日本政府は「日本政府による外国人の拉致」事件を優先して解決すべきだ。
韓国人の被害者は数えきれない。
北朝鮮政府は朝鮮人(韓国人)の被害者を救済すべきだ。
北朝鮮政府は「韓国人の拉致」問題を日本政府に追及すべきだ。
北朝鮮政府は同胞を救うべきだ!

異議があればメールをください。

敬具 長野 恭博


メディアへお願い ******************************************

世界中の多くの人々が犠牲になっています。
ジャーナリストとして、事実を報道してください。
「法の下での統治」はお金では買えません。

私の情報 ***************************************************

私は、貴方のジャーナリストとしての正義に期待しています。
お問合せください。

下記のプログで公開しております。
http://omoide-tommy.seesaa.net/
https://toworldmedia.blogspot.jp/

長野恭博


助けてください。
不明な点はお問い合わせください。
enzai_mirai@yahoo.co.jp

 


<Public mail> # MeToo Human rights victim!


Joseon International Youth Travel Agency

Dear sirs. Please "forward" this e-mail to Foreign Minister Lee Yong-Ho.
This mail is sending every day to the world media, the embassies of various countries, the White House, etc.
The White House gives us a reply e-mail every time!


Dr. Lee Young-ho, Foreign Minister of the Democratic People's Republic of Korea


2018-11-02: Before Prime Minister Abe inaugurated,
the dollar was in the range of 70 yen to 80 yen,
but after taking office, "yen is cheap exchange rate policy" in "ABENOMIKUSU" policy,
1 dollar is 110 yen It is a stand. Japanese exchange operations are not free trade.
You should do fair trade at an appropriate exchange rate.
The yen appreciation is for the people.


Dear Sirs, I am Japanese. This week I posted an actual "indictment" (Kisojo).
Please read the original in Japanese at the following site.
The Japanese government still does not recognize the scope of judicial officials.
Please condemn the Japanese government to govern under the law.

I posted "indictment" by yesterday.
I will explain this "indictment".

Descriptions, 4 people are the same.

1. The fact that the stated Chinese is in violation of Article 70 of the Immigration Act
(work outside the status of qualification) is stated.
They got "qualification for residence" of "description".
They worked at a restaurant in "Description".

2. It is stated that I and Kingungakuga offered to the Chinese listed "False documents
in violation of the Immigration Act 22-4-4".
A false document is a document of a contract of employment which is false in content.
It describes that you assisted violation of Article 22-4-4 of Immigration Control Act.

3. The fact that the Chinese has attached to the Immigration Bureau "False Employment Contract"
and has been submitted is stated.

I and Kingungaku were disposed of as follows.

Name of sin and applicable law
Violation of Immigration Control and Refugee Recognition Act Article 70,
paragraph 1, item 4, Article 19 paragraph 1 item 1
Article 62 (1) of the Penal Code, Article 60


The indictment above should not be submitted to the court
but should be submitted to the Minister of Justice.

1. Four Chinese are in violation of the Immigration Act 22-4-4
(Contract documents of employment which is a document of false content).
Therefore the Minister of Justice will do the following for 4 Chinese people.

1. Cancel your status of residence.
2. Because the Minister of Justice has no status of residence,
we order four people to leave the country.

Me and Kin Gungaku are without punishment.

The act of support in violation of the Immigration Act 22-4-4 is administrative penalty.
Therefore, Article 62 (1), 60 of the Penal Code can not be applied.

I will write it for reference.
Such measures are already legislated.
Since July 1, 2010, indictment was filed,
A case where a foreign national exercises support acts against other foreign nationals
in violation of the Immigration Act 22-4-4.

Foreigners receive the following dispositions from the Minister of Justice.
1. Cancel your status of residence.
2. Since the status of residence ceased, foreigners who helped are withdrawing from the country.


However, since Kingungaku is before the revision of the law, it is without disposal.
Japanese people can not leave the country.

I have offered "regular employment contract" to four Chinese.
However, due to the "Lehman shock" in 2008, I canceled the recruitment.
So the four Chinese worked at a restaurant that was working part-time in "school days".

Even if the "contract of employment" provided by me is "fake" false,
If they are working within the range of "Humanities / International and Technology"
of the status of residence granted to four Chinese by the Minister of Justice,
the four Chinese will not become "illegal work" under Article 70 of the Immigration Act .


However, as stated above, you will receive administrative punishment
from the Minister of Justice for violation of Immigration Act 22-4-4 (see above).
Four Chinese were illegally because there was an employer who illegally hired foreigners.
They have not punished under Article 73-2 of the Immigration Act
(a crime that promotes illegal employment).
If so, international law will be subject to arbitrary foreign punishment.
Moreover, since it violates the principle of equality under the law, four Chinese are "innocent".

The logic of this degree can be understood by junior high school students.

Everyone in the international community, Japan's judicial level is this level.

Let's laugh at all Japanese judicial officials!

The law understanding level is significantly lower than North Korea.

You should condemn the Japanese government. Everyone, help! !

I will continue until you understand.

The media should report the "illegal abduction detention problem" as a matter
of violation of the immigration law of the Japanese government.
Governments of each country should protect their victims.
Please request the Japanese government for honor recovery and compensation.
There are a lot of foreigners who came to Japan with visas such as study abroad,
sightseeing and work. They work at eating and drinking establishments and are "disposed of"
by "immigration law violation".
It is a violation of international law because employers are not "disposed".
Therefore foreigners who worked illegally are "innocent".

The Japanese government is "crushing" complaints.
But "crush" by state power is "stop" of "Statute of limitations".

The material is below.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

The Japanese government is not qualified to say "abduction of Japanese" by North Korea.
The Japanese government should settle the "kidnapping of foreigners
by the Japanese government" priority.
Korean victims can not count. The North Korean government should rescue
the victims of Koreans (Koreans).
The North Korean government should pursue the "abduction of Koreans" problem
to the Japanese government.
The North Korean government should save the people!

Please mail me if you have objections.

Sincerely yours,

Yasuhiro Nagano


Request to media ******************************************

Many people around the world are being sacrificed.
Please report the facts as a journalist.
"Government under the law" can not be bought by money.

My information *************************************************

I hope for justice as your journalist.
Please inquire.

It is published in the following program.
http://omoide-tommy.seesaa.net/
https://toworldmedia.blogspot.jp/

Yasuhiro Nagano

Help me.
Please contact us if you have any questions.
enzai_mirai@yahoo.co.jp

*****************************************************************

 

コメント

朝鮮民主主義人民共和国外務大臣 李容浩 (リ・ヨンホ)閣下 2018-11-01:日本政府は50万人以上の外国人の単純労働者を受け入れるという。

2018-11-01 06:40:56 | 各国大使館へのメール

<公開メール>#MeToo 人権被害者です!


朝鮮国際青少年旅行社 御中

拝啓。李容浩(リ・ヨンホ)外務大臣 へ このEメールを「転送」してください。
このメールは、世界のメディアや各国の大使館、ホワイトハウスなどへ毎日送信している内容です。
ホワイトハウスは毎回返事のメールをくれます!


朝鮮民主主義人民共和国外務大臣 李容浩 (リ・ヨンホ)閣下


2018-11-01:日本政府は50万人以上の外国人の単純労働者を受け入れるという。
日本にはすでに240万人以上の外国人労働者が働いている。
これ以上は危険です。
日本政府は外国人はいらなくなれば犯罪者にして国外へ追放します。
日本に来てはいけない。!


拝啓、私は日本人です。今週は、実際の「起訴状」(Kisojo)を掲載しています。
日本語の原文は下記サイトにて閲覧してください。
日本政府は、いまだに司法関係者の範囲を認めない。
法の下での統治をおこなうように日本政府を糾弾してください。


第4:中国人の4人目です。
中華人民共和国の国籍を有する外国人である 「李萌」(リモ)が
在留資格を「人文知識・国際の業務」に変更し、在留期間を更新して本邦に在留した。
法務大臣の資格外活動の許可を受けないで、
2009年3月ごろから2010年6月3日までの期間、従業員としてはたらいた。

彼女は2009年3月ごろから2010年6月3日までの間、
東京都中央区日本橋人形町3丁目7番14号所在の飲食店「マミヤ」ほか1店舗において、
各店の従業員としてはたらいた。
彼女は明確に「在留の資格」以外の活動で収入を受ける活動を行った。

2009年11月下旬頃、「被告人」は前記(リモ)から「依頼」を受けた。
「被告人」は「在留の資格以外の活動」を行うことを知っていた。
東京都千代田区KudanKita1丁目2番13号KudanSuzukiビル4階。
「被告人」の長野恭博は「株式会社レフコ」の「代表取締役」である。
その事務所で、「被告人」は「内容が虚偽の雇用の契約書」を作成した。
真実は、前記「リモ」が株式会社レフコに雇用された事実はない。
しかし彼がが同会社に雇用されて、プログラマー等で働くために、
「人文知識・国際業務」への「在留の資格の変更」を要請する内容の
「内容が虚偽の雇用の契約書」を作成した。
そして、KinGungakuは、
東京都北区Higasitabata1丁目17番1号JR田端駅構内の飲食店
「ベックスコーヒーショップ田端店」で、
KinGungakuは、彼に前記の「内容虚偽の雇用契約書等」を渡した。
同年12月24日。
東京都港区港南5丁目5番30号東京入国管理局でのことです。
彼は「在留期間(資格)の更新の許可申請書」と「内容が虚偽の雇用の契約書等」などを提出しました。
そして彼は、平成22年3月25日その許可を得た。

もって前記ヂャン等4名の前記各資格外活動を容易に支援したものである。

「罪の名前」及び「適用する法律」
出入国管理および難民認定法違反同法70条1項4号、19条1項1号
刑法62条1項、60条

以上で「起訴」の「紹介」は終わりです。
この起訴状により裁判が行われなけ得ればなりません。
同法70条1項4号、19条1項1号と刑法62条1項、60条の因果関係はまったくありません。

私はあなたが理解するまで続けます。

メディアは日本政府の入管法違反問題で「不法な拉致監禁問題」を報道すべきです。
各国政府は自国の被害者を守ってください。
日本政府に名誉の回復と賠償を請求してください。
留学や観光、就労などのビザで来日した外国人はたくさんいます。
彼らは飲食店などで労働を行い「入管法違反」で「処分」されています。
雇用者が「処分」されないので国際法違反です
よって不法就労をおこなった外国人は「無罪」です。

日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。

資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

日本政府は北朝鮮による「日本人の拉致」を言う、資格がない。
日本政府は「日本政府による外国人の拉致」事件を優先して解決すべきだ。
韓国人の被害者は数えきれない。北朝鮮政府は朝鮮人(韓国人)の被害者を救済すべきだ。
北朝鮮政府は「韓国人の拉致」問題を日本政府に追及すべきだ。北朝鮮政府は同胞を救うべきだ!
異議があればメールをください。

敬具 長野 恭博


メディアへお願い ******************************************

世界中の多くの人々が犠牲になっています。
ジャーナリストとして、事実を報道してください。
「法の下での統治」はお金では買えません。

私の情報 ***************************************************

私は、貴方のジャーナリストとしての正義に期待しています。
お問合せください。

下記のプログで公開しております。
http://omoide-tommy.seesaa.net/
https://toworldmedia.blogspot.jp/

長野恭博


助けてください。
不明な点はお問い合わせください。
enzai_mirai@yahoo.co.jp

 

コメント

朝鮮民主主義人民共和国外務大臣 李容浩 (リ・ヨンホ)閣下 2018-10-31:メディアは日本政府の入管法違反問題で「不法な拉致監禁問題」を報道すべきです。

2018-10-31 08:59:07 | 各国大使館へのメール


<公開メール>#MeToo 人権被害者です!


朝鮮国際青少年旅行社 御中

拝啓。李容浩(リ・ヨンホ)外務大臣 へ このEメールを「転送」してください。
このメールは、世界のメディアや各国の大使館、ホワイトハウスなどへ毎日送信している内容です。
ホワイトハウスは毎回返事のメールをくれます!


朝鮮民主主義人民共和国外務大臣 李容浩 (リ・ヨンホ)閣下


2018-10-31:国際社会は北朝鮮への「人道上の支援」をおこなうべきだ。
国連制裁によって各国の政府は北朝鮮に支援できないが、民間ベースでの人道支援はおこなうべきだ。
ドナルドトランプ大統領にeメールをしましょう。
北朝鮮の人民に「クリスマスプレゼント」を贈ろう!
日本の人権侵害も真剣に考えよう!


拝啓、私は日本人です。今週は、実際の「起訴状」(Kisojo)を掲載しています。
日本語の原文は下記サイトにて閲覧してください。
日本政府は、いまだに司法関係者の範囲を認めない。
法の下での統治をおこなうように日本政府を糾弾してください。

第3:中国人の3人目です。
中華人民共和国の国籍を有する外国人である 「何宝光」(ホーバオグアン)が在留資格を「技術」に変更し、
在留期間を更新して本邦に在留した。
法務大臣の資格外活動の許可を受けないで、2009年4月27日から2010年5月11日までの期間、
従業員としてはたらいた。
彼は東京都新宿区西新宿1丁目10番1号MY新宿第2ビル所在の飲食店「新宿沼津港」ほか1店舗において、
各店の従業員としてはたらいた。
彼は明確に「在留の資格」以外の活動で収入を受ける活動を行った。
平成20年11月下旬頃、「被告人」は前記(ホーバオグアン)から依頼を受けた。
「被告人」は「在留の資格以外の活動」を行うことを知っていた。
東京都千代田区KudanKita1丁目2番13号KudanSuzukiビル4階。
「被告人」の長野恭博は「株式会社レフコ」の「代表取締役」である。
その事務所で、「被告人」は「内容が虚偽の雇用の契約書」を作成した。
真実は、前記「ホーバオグアン」が株式会社レフコに雇用された事実はない。
しかし彼がが同会社に雇用されて、プログラマー等で働くために、
技術への「在留の資格の変更」を要請する内容の「内容が虚偽の雇用の契約書」を作成した。
そして、KinGungakuは、
東京都北区Higasitabata1丁目17番1号JR田端駅構内の飲食店
「ベックスコーヒーショップ田端店」で、KinGungakuは、
彼に前記の「内容虚偽の雇用契約書等」を渡した。
同年12月24日。
東京都港区港南5丁目5番30号東京入国管理局でのことです。
彼は「在留期間(資格)の更新の許可申請書」と「内容が虚偽の雇用の契約書等」などを提出しました。
そして彼は、平成22年3月25日その許可を得た。

第4へ続きます。

私はあなたが理解するまで続けます。

メディアは日本政府の入管法違反問題で「不法な拉致監禁問題」を報道すべきです。
各国政府は自国の被害者を守ってください。
日本政府に名誉の回復と賠償を請求してください。
留学や観光、就労などのビザで来日した外国人はたくさんいます。
彼らは飲食店などで労働を行い「入管法違反」で「処分」されています。
雇用者が「処分」されないので国際法違反です。
よって不法就労をおこなった外国人は「無罪」です。

日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です

資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

日本政府は北朝鮮による「日本人の拉致」を言う、資格がない。
日本政府は「日本政府による外国人の拉致」事件を優先して解決すべきだ。
韓国人の被害者は数えきれない。
北朝鮮政府は朝鮮人(韓国人)の被害者を救済すべきだ。
北朝鮮政府は「韓国人の拉致」問題を日本政府に追及すべきだ。
北朝鮮政府は同胞を救うべきだ!
異議があればメールをください。

敬具 長野 恭博


メディアへお願い ******************************************

世界中の多くの人々が犠牲になっています。
ジャーナリストとして、事実を報道してください。
「法の下での統治」はお金では買えません。

私の情報 ***************************************************

私は、貴方のジャーナリストとしての正義に期待しています。
お問合せください。

下記のプログで公開しております。
http://omoide-tommy.seesaa.net/
https://toworldmedia.blogspot.jp/

長野恭博

助けてください。
不明な点はお問い合わせください。
enzai_mirai@yahoo.co.jp

 

<Public mail> # MeToo Human rights victim!


Joseon International Youth Travel Agency

Dear sirs. Please "forward" this e-mail to Foreign Minister Lee Yong-Ho.
This mail is sending every day to the world media, the embassies of various countries, the White House, etc.
The White House gives us a reply e-mail every time!


Dr. Lee Young-ho, Foreign Minister of the Democratic People's Republic of Korea


2018-10-31: The international community should do 'humanitarian assistance' to North Korea.
The UN sanctions will not allow the governments of each country to support North Korea,
but should do humanitarian assistance on a private basis.
Let 's e - mail Donald Trump' s President.
Let 's give "Christmas gift" to the people of North Korea!
Let's seriously consider human rights violations in Japan too!


Dear Sirs, I am Japanese. This week I posted an actual "indictment" (Kisojo).
Please read the original in Japanese at the following site.
The Japanese government still does not recognize the scope of judicial officials.
Please condemn the Japanese government to govern under the law.

Third: It is the third person of the Chinese.
"Houbaoguan", a foreign national who has a nationality of the People's Republic of China,
changed his / her status of residence to "technology",
renewed his / her period of stay and stayed in Japan.
He worked as an employee for the period from April 27, 2009 to May 11, 2010
without receiving permission from the Minister of Justice
for activities outside the status of qualification.
He worked as an employee of each shop at a restaurant,
"Shinjuku Numazu Port" located at MY Shinjuku 2nd Building,
Nishi Shinjuku 1 - chome Shinjuku - ku, Tokyo.
He clearly performed activities to earn income through activities other
than "qualification for residence".
About the end of November 2008, the "accused" received a request from the above (Ho Baoguan).
"The accused" knew that it would do "activities other than the status of residence".
Kudan Kita 1 - chome 2 - 13 Chiyoda - ku, Tokyo Kudan Suzuki Building 4th floor.
"Defendant" Nagano Yasuhiro is "Representative Director" of "Lefko Corporation".
In that office, "accused" created "a contract of false content of employment".
The truth is that there is no fact that said "Ho Baoguan" was hired by Lefko Corporation.
However, he created a "false contract of employment" content of requesting "change
of qualification for residence" to technology in order to work for programmers, etc.,
he was employed by the company.
And Kin Gungaku handed over the above "contents false employment contract etc"
at the restaurant "Becks Coffee Shop Tabuchi Store" in the JR Tabata Station premises,
Higasitabata 1 - chome, Higasitabata 1 - Kita - ku, Tokyo .
The same year December 24.
It is at the Tokyo Immigration Bureau 5 - 30 Minami - ku, Minato - ku, Tokyo.
He submitted "Application for permission to renew the period of stay (qualification)"
and "Agreement for employment with false content" etc.
And he got that permission on March 25, 2010. In case
Continue to the fourth.

I will continue until you understand.

The media should report the "illegal abduction detention problem" as a matter of violation
of the immigration law of the Japanese government.
Governments of each country should protect their victims.
Please request the Japanese government for honor recovery and compensation.
There are a lot of foreigners who came to Japan with visas such as study abroad,
sightseeing and work. They work at eating and drinking establishments and are "disposed of"
by "immigration law violation". It is a violation of international law
because employers are not "disposed".
Therefore foreigners who worked illegally are "innocent".

The Japanese government is "crushing" complaints.
But "crush" by state power is "stop" of "Statute of limitations".

The material is below.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

The Japanese government is not qualified to say "abduction of Japanese" by North Korea.
The Japanese government should settle the "kidnapping of foreigners
by the Japanese government" priority.
Korean victims can not count. The North Korean government should rescue the victims
of Koreans (Koreans).
The North Korean government should pursue the "abduction of Koreans" problem
to the Japanese government.
The North Korean government should save the people!
Please mail me if you have objections.

Sincerely yours,

Yasuhiro Nagano


Request to media ******************************************

Many people around the world are being sacrificed.
Please report the facts as a journalist.
"Government under the law" can not be bought by money.

My information *************************************************

I hope for justice as your journalist.
Please inquire.

It is published in the following program.
http://omoide-tommy.seesaa.net/
https://toworldmedia.blogspot.jp/

Yasuhiro Nagano


Help me.
Please contact us if you have any questions.
enzai_mirai@yahoo.co.jp

*****************************************************************

 

コメント

朝鮮民主主義人民共和国外務大臣 李容浩 (リ・ヨンホ)閣下 2018-10-30:北朝鮮政府は「韓国人の拉致」問題を日本政府に追及すべきだ。北朝鮮政府は同胞を救うべきだ!

2018-10-30 07:58:27 | 各国大使館へのメール

<公開メール>#MeToo 人権被害者です!


朝鮮国際青少年旅行社 御中

拝啓。李容浩(リ・ヨンホ)外務大臣 へ このEメールを「転送」してください。
このメールは、世界のメディアや各国の大使館、ホワイトハウスなどへ毎日送信している内容です。
ホワイトハウスは毎回返事のメールをくれます!


朝鮮民主主義人民共和国外務大臣 李容浩 (リ・ヨンホ)閣下


2018-10-30:アメリカは北朝鮮の「日本人拉致事件」には関心をもつ、
しかし日本政府の「外国人拉致事件」は保留している。
国際社会は日本の「外国人拉致事件」にもっと関心を持つべきだ。
司法行政によって国際法違反の大量虐待が行われている。
驚くほどの人数の外国人が人権侵害にあっています。


拝啓、私は日本人です。今週は、実際の「起訴状」(Kisojo)を掲載しています。
日本語の原文は下記サイトにて閲覧してください。
日本政府は、いまだに司法関係者の範囲を認めない。
法の下での統治をおこなうように日本政府を糾弾してください。


第2:中国人の2人目です。
中華人民共和国の国籍を有する外国人である「林厚立」(リンホウリー)が在留資格を「技術」に変更し、
在留期間を更新して本邦に在留した。
法務大臣の資格外活動の許可を受けないで、2009年4月9日から2010年5月11日までの期間、
従業員としてはたらいた。
彼は東京都渋谷区Udagawa町12番7号エメラルドビル地下1階所在の飲食店
「渋谷宇田川町もひもの屋」ほか2店舗において、各店の従業員としてはたらいた。
彼は明確に「在留の資格」以外の活動で収入を受ける活動を行った。

平成20年11月下旬頃、「被告人」は前記リ「リンホウリー」から依頼を受けた。
「被告人」は「在留の資格以外の活動」を行うことを知っていた。
東京都千代田区KudanKita1丁目2番13号KudanSuzukiビル4階。
「被告人」の長野恭博は「株式会社レフコ」の「代表取締役」である。
その事務所で、「被告人」は「内容が虚偽の雇用の契約書」を作成した。
真実は、前記「リンホウリー」が株式会社レフコに雇用された事実はない。
しかし彼がが同会社に雇用されて、プログラマー等で働くために、
技術への「在留の資格の変更」を要請する内容の「内容が虚偽の雇用の契約書」を作成した。
そして、KinGungakuは、
東京都北区Higasitabata1丁目17番1号JR田端駅構内の飲食店
「ベックスコーヒーショップ田端店」で、KinGungakuは、
彼に前記の「内容虚偽の雇用契約書等」を渡した。
同年12月26日。
東京都港区港南5丁目5番30号東京入国管理局でのことです。
彼は「在留期間(資格)の更新の許可申請書」と「内容が虚偽の雇用の契約書等」などを提出しました。
そして彼は、平成22年3月25日その許可を得た。

第3へ続きます

私はあなたが理解するまで続けます。

メディアは日本政府の入管法違反問題で「不法な拉致監禁問題」を報道すべきです。
各国政府は自国の被害者を守ってください。日本政府に名誉の回復と賠償を請求してください。
留学や観光、就労などのビザで来日した外国人はたくさんいます。
彼らは飲食店などで労働を行い「入管法違反」で「処分」されています。
雇用者が「処分」されないので国際法違反です。
よって不法就労をおこなった外国人は「無罪」です。

日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。

資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

日本政府は北朝鮮による「日本人の拉致」を言う、資格がない。
日本政府は「日本政府による外国人の拉致」事件を優先して解決すべきだ。
韓国人の被害者は数えきれない。北朝鮮政府は朝鮮人(韓国人)の被害者を救済すべきだ。
北朝鮮政府は「韓国人の拉致」問題を日本政府に追及すべきだ。北朝鮮政府は同胞を救うべきだ!
異議があればメールをください。

敬具 長野 恭博

 

メディアへお願い ******************************************

世界中の多くの人々が犠牲になっています。
ジャーナリストとして、事実を報道してください。
「法の下での統治」はお金では買えません。

私の情報 ***************************************************

私は、貴方のジャーナリストとしての正義に期待しています。
お問合せください。

下記のプログで公開しております。
http://omoide-tommy.seesaa.net/
https://toworldmedia.blogspot.jp/

長野恭博

助けてください。
不明な点はお問い合わせください。
enzai_mirai@yahoo.co.jp

 


<Public mail> # MeToo Human rights victim!


Joseon International Youth Travel Agency
Dear sirs. Please "forward" this e-mail to Foreign Minister Lee Yong-Ho.
This mail is sending every day to the world media, the embassies of various countries, the White House, etc.
The White House gives us a reply e-mail every time!


Dr. Lee Young-ho, Foreign Minister of the Democratic People's Republic of Korea


2018-10-30: The United States is interested in North Korean "Abduction of Japanese People",
but the Japanese government's "Abduction of Foreign Nationals" is on hold.
The international community should be more interested in Japanese "abduction of foreigners" cases. Mass abuse of international law violation is being done by judicial administration.
An amazing number of foreigners are suffering from human rights abuses.


Dear Sirs, I am Japanese. This week I posted an actual "indictment" (Kisojo).
Please read the original in Japanese at the following site.
The Japanese government still does not recognize the scope of judicial officials.
Please condemn the Japanese government to govern under the law.


Second: It is the second person of the Chinese.
"Forest Hayashi" (Lin Ho Lee), a foreign national of the People's Republic of China,
changed his / her status of residence to "technology",
renewed his / her period of stay and stayed in Japan.
He worked as an employee for the period from April 9, 2009 to May 11, 2010
without receiving permission from the Minister of Justice
for activities outside the status of qualification.
He worked as an employee of each shop at two restaurants,
"Shibuya Udagawa Town as well as Hinonoya", a restaurant in the 1st floor
of Emerald Building No. 12, Udagawa Town, Shibuya-ku, Tokyo.
He clearly performed activities to earn income through activities other
than "qualification for residence".

About the end of November 2008, "accused" received a request from said "Lynn Hawley".
"The accused" knew that it would do "activities other than the status of residence".
Kudan Kita 1 - chome 2 - 13 Chiyoda - ku, Tokyo Kudan Suzuki Building 4th floor.
"Defendant" Nagano Yasuhiro is "Representative Director" of "Lefko Corporation".
In that office, "accused" created "a contract of false content of employment".
The truth is that there is no fact that said "Lynn Hawley" was hired by Lefko Corporation.
However, he created a "false contract of employment" content of requesting "change
of qualification for residence" to technology in order to work for programmers, etc.,
he was employed by the company.
And Kin Gungaku handed over the above "contents false employment contract etc"
at the restaurant "Becks Coffee Shop Tabuchi Store" in the JR Tabata Station premises,
Higasitabata 1 - chome, Higasitabata 1 - Kita - ku, Tokyo .
December 26 the same year.
It is at the Tokyo Immigration Bureau 5 - 30 Minami - ku, Minato - ku, Tokyo.
He submitted "Application for permission to renew the period of stay (qualification)"
and "Agreement for employment with false content" etc.
And he got that permission on March 25, 2010. In case
Continue to the third.
I will continue until you understand.

The media should report the "illegal abduction detention problem" as a matter
of violation of the immigration law of the Japanese government.
Governments of each country should protect their victims.
Please request the Japanese government for honor recovery and compensation.
There are a lot of foreigners who came to Japan with visas such as study abroad,
sightseeing and work. They work at eating and drinking establishments and are "disposed
of" by "immigration law violation".
It is a violation of international law because employers are not "disposed".
Therefore foreigners who worked illegally are "innocent".

The Japanese government is "crushing" complaints.
But "crush" by state power is "stop" of "Statute of limitations".

The material is below.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

The Japanese government is not qualified to say "abduction of Japanese" by North Korea.
The Japanese government should settle the "kidnapping of foreigners
by the Japanese government" priority.
Korean victims can not count. The North Korean government should rescue
the victims of Koreans (Koreans).
The North Korean government should pursue the "abduction of Koreans" problem
to the Japanese government.
The North Korean government should save the people!
Please mail me if you have objections.

Sincerely yours,

Yasuhiro Nagano


Request to media ******************************************

Many people around the world are being sacrificed.
Please report the facts as a journalist.
"Government under the law" can not be bought by money.

My information *************************************************

I hope for justice as your journalist.
Please inquire.

It is published in the following program.
http://omoide-tommy.seesaa.net/
https://toworldmedia.blogspot.jp/

Yasuhiro Nagano

Help me.
Please contact us if you have any questions.
enzai_mirai@yahoo.co.jp

*****************************************************************

 

コメント

<公開メール>#MeToo 人権被害者です!朝鮮民主主義人民共和国外務大臣 李容浩 (リ・ヨンホ)閣下 2018-10-29:サウジアラビア人記者がサウジ総領事館で殺害された。

2018-10-29 08:26:21 | 各国大使館へのメール

<公開メール>#MeToo 人権被害者です!


朝鮮国際青少年旅行社 御中

拝啓。李容浩(リ・ヨンホ)外務大臣 へ このEメールを「転送」してください。
このメールは、世界のメディアや各国の大使館、ホワイトハウスなどへ毎日送信している内容です。
ホワイトハウスは毎回返事のメールをくれます!


朝鮮民主主義人民共和国外務大臣 李容浩 (リ・ヨンホ)閣下


2018-10-29:サウジアラビア人記者がサウジ総領事館で殺害された。
ドナルドトランプ大統領をはじめ国際社会はサウジアラビア政府を糾弾しています。
日本の外国人の拉致事件は日本政府を糾弾していない。
驚くほどの人数の外国人が人権侵害にあっています。
国際社会は殺人しか関心がないのでしょうか?生きている人間にも関心を持ってください。


拝啓、私は日本人です。今日から、実際の「起訴状」(Kisojo)を掲載します。
日本語の原文は下記サイトにて閲覧してください。
日本政府は、いまだに司法関係者の範囲を認めない。
法の下での統治をおこなうように日本政府を糾弾してください。

平成22年東地庁外領第6487、6624 
平成22年検第17461、17462、202145、20216号
起訴状
平成22年7月26日
東京地方裁判所 殿
東京地方検察庁
検察、検事、Tokunagakunita
下記被告事件につき公訴を提起する。

本籍
住居
職業 会社役員
(勾留中)  長野恭博
1949年9月9日誕生
国籍
住居
職業 
(勾留中)  KinGungaku ジン ジュンシュエ
1981年2月10日誕生

公訴事実
「被告人」2名は、「共謀」をして下記を行った。
第1: 中国人の1人目です。
中華人民共和国の国籍を有する外国人である張述輝、
ヂャン シュホイが在留資格を「尋問知識・国際業務」に変更し、
在留期間を更新して本邦に在留した上、法務大臣の資格外活動の許可を受けないで、
平成21年3月26日から平成22年5月11日までの間、
東京都中央区日本橋2丁目8番11号旭洋ビル地下1階所在の飲食店
「ごはんDIBINGBAR ほっこり日本橋店」において、従業員としてはたらいた。
彼は明確に「在留の資格」以外の活動で収入を受ける活動を行った。
平成20年11月頃、「被告人」は前記ヂャンから依頼を受けた。
「被告人」は「在留資格外の活動」を行うことを知っていた。
東京都千代田区KudanKita1丁目2番13号KudanSuzukiビル4階。
「被告人」の長野恭博は「株式会社レフコ」の「代表取締役」である。
その事務所で、「被告人」は「内容が虚偽の雇用の契約書」を作成した。
真実は、前記ヂャンが株式会社レフコに雇用された事実はない。
しかし彼がが同会社に雇用されて、プログラマー等で働くために、
人文知識・国際業務への「在留資格変更」を要請する内容の「内容虚偽の雇用契約書」を作成した。
そして、KinGungakuは、
東京都北区Higasitabata1丁目17番1号JR田端駅構内の飲食店
「ベックスコーヒーショップ田端店」で、KinGungakuは、
彼に前記の「内容虚偽の雇用契約書等」を渡した。
同年12月15日。
東京都港区港南5丁目5番30号東京入国管理局でのことです。
彼は「在留期間(資格)の更新の許可申請書」と「内容が虚偽の雇用の契約書等」などを提出しました。
そして彼は、平成22年3月23日その許可を得た。   
第2へ 続きます

私はあなたが理解するまで続けます。

メディアは日本政府の入管法違反問題で「不法な拉致監禁問題」を報道すべきです。
各国政府は自国の被害者を守ってください。日本政府に名誉の回復と賠償を請求してください。
留学や観光、就労などのビザで来日した外国人はたくさんいます。
彼らは飲食店などで労働を行い「入管法違反」で「処分」されています。
雇用者が「処分」されないので国際法違反です。
よって不法就労をおこなった外国人は「無罪」です。

日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。

資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/ 

日本政府は北朝鮮による「日本人の拉致」を言う、資格がない。
日本政府は「日本政府による外国人の拉致」事件を優先して解決すべきだ。
韓国人の被害者は数えきれない。北朝鮮政府は朝鮮人(韓国人)の被害者を救済すべきだ。
北朝鮮政府は「韓国人の拉致」問題を日本政府に追及すべきだ。北朝鮮政府は同胞を救うべきだ!
異議があればメールをください。

敬具 長野恭博


メディアへお願い ******************************************

世界中の多くの人々が犠牲になっています。
ジャーナリストとして、事実を報道してください。
「法の下での統治」はお金では買えません。

私の情報 ***************************************************

私は、貴方のジャーナリストとしての正義に期待しています。
お問合せください。

下記のプログで公開しております。
http://omoide-tommy.seesaa.net/
https://toworldmedia.blogspot.jp/


長野恭博


助けてください。
不明な点はお問い合わせください。
enzai_mirai@yahoo.co.jp

 


<Public mail> # MeToo Human rights victim!


Joseon International Youth Travel Agency

Dear sirs. Please "forward" this e-mail to Foreign Minister Lee Yong-Ho.
This mail is sending every day to the world media, the embassies of various countries, the White House, etc.
The White House gives us a reply e-mail every time!


Dr. Lee Young-ho, Foreign Minister of the Democratic People's Republic of Korea


2018-10-29: Saudi reporters were killed in the Consulate General of Saudi Arabia.
President Donald Trump and the international community condemn the Saudi Arabian government.
The abduction case of foreigners in Japan has not condemned the Japanese government.
An amazing number of foreigners are suffering from human rights abuses.
Is the international community interested only in homicide?
Please also be interested in living humans.


Dear Sirs, I am Japanese. From today, I will post the actual "indictment" (Kisojo).
Please read the original in Japanese at the following site.
The Japanese government still does not recognize the scope of judicial officials.
Please condemn the Japanese government to govern under the law.

Heisei 22nd Tohoku Agency Foreign Territory No. 6487, 6624
Heisei 22nd inspections 17461, 17462, 202145, 20216
Indictment
July 26, 2010
Tokyo District Court
Tokyo District Public Prosecutor's Office
Prosecutor, prosecutor, Tokunagakunita
Petition prosecution for the following defendant case.
Record
Domicile
Residence
Officer of a business company
(Under detention) Nagano Yasuhiro
Birth of 9th September 1949
Country of Citizenship
Residence
Profession
(In detention) Kin Gungaku Jin Jun Shu
Birth of February 10, 1981

Accused fact
Two of the "accused" conducted "conspiracy" and carried out the following.
The first: It is the first person of the Chinese.
Zhang Xuhui, a foreign national with a nationality of the People's Republic of China,
changed his / her status of residence to "interrogation knowledge / international work",
renewed his / her period of stay and stayed in Japan,
the permission of the Minister of Justice ' During the period from March 26, 2009 to May 11, 2010,
the restaurant in the Asahi Bldg.
1 st Floor 2 - chome, Nihonbashi 2 - chome, Chuo - ku, Tokyo,
"Rice DIBINGBAR Hokko Nihonbashi branch "It worked as an employee.
He clearly performed activities to earn income through activities other than "qualification
for residence".
About November 2008, "accused" received a request from Chang.
"The accused" knew that it would carry out "activities outside the status of residence".
Kudan Kita 1 - chome 2 - 13 Chiyoda - ku, Tokyo Kudan Suzuki Building 4th floor.
"Defendant" Nagano Yasuhiro is "Representative Director" of "Lefko Corporation".
In that office, "accused" created "a contract of false content of employment".
The truth is that there is no fact that said Chan was hired by Lefko Corporation. However,
he created a "false employment contract document"
that requests employment change to "Humanities knowledge / international work"
n order to work for programmers, etc., he is employed by the company.
And Kin Gungaku handed over the above "contents false employment contract etc"
at the restaurant "Becks Coffee Shop Tabuchi Store" in the JR Tabata Station premises,
Higasitabata 1 - chome, Higasitabata 1 - Kita - ku, Tokyo .
December 15th the same year.
It is at the Tokyo Immigration Bureau 5 - 30 Minami - ku, Minato - ku, Tokyo.
He submitted "Application for permission to renew the period of stay (qualification)"
and "Agreement for employment with false content" etc.
And he obtained that permission on March 23rd, 2010. In case
Continue to the second

I will continue until you understand.

The media should report the "illegal abduction detention problem" as a matter of violation
of the immigration law of the Japanese government.
Governments of each country should protect their victims.
Please request the Japanese government for honor recovery and compensation.
There are a lot of foreigners who came to Japan with visas such as study abroad,
sightseeing and work.
They work at eating and drinking establishments and are "disposed of" by "immigration law violation".
It is a violation of international law because employers are not "disposed".
Therefore foreigners who worked illegally are "innocent".

The Japanese government is "crushing" complaints. But "crush"
by state power is "stop" of "Statute of limitations".

The material is below.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

The Japanese government is not qualified to say "abduction of Japanese" by North Korea.
The Japanese government should settle the "kidnapping of foreigners
by the Japanese government" priority.
Korean victims can not count.
The North Korean government should rescue the victims of Koreans (Koreans).
The North Korean government should pursue the "abduction of Koreans" problem
to the Japanese government.
The North Korean government should save the people!
Please mail me if you have objections.

Sincerely yours,

Yasuhiro Nagano


Request to media ******************************************

Many people around the world are being sacrificed.
Please report the facts as a journalist.
"Government under the law" can not be bought by money.

My information *************************************************

I hope for justice as your journalist.
Please inquire.

It is published in the following program.
http://omoide-tommy.seesaa.net/
https://toworldmedia.blogspot.jp/


Yasuhiro Nagano

Help me.
Please contact us if you have any questions.
enzai_mirai@yahoo.co.jp

*****************************************************************

 

コメント

朝鮮民主主義人民共和国外務大臣 李容浩 (リ・ヨンホ)閣下 2018-10-26:日本には年間1万人以上の難民が入国しています。

2018-10-26 07:08:13 | 各国大使館へのメール

<公開メール>#MeToo 人権被害者です!


朝鮮国際青少年旅行社 御中:2018年10月07日 

拝啓。李容浩(リ・ヨンホ)外務大臣 へ このEメールを「転送」してください。
このメールは、世界のメディアや各国の大使館、ホワイトハウスなどへ毎日送信している内容です。
ホワイトハウスは毎回返事のメールをくれます!


朝鮮民主主義人民共和国外務大臣 李容浩 (リ・ヨンホ)閣下


2018-10-26:日本には年間1万人以上の難民が入国しています。
これは日本政府の「罠」です。実態は短期労働者の受け入れと同じです。
彼らは「制度」を悪用して「労働」をします。日本政府は「難民」として認めない。。


拝啓、私は日本人です。私は、私は「無実」を主張して「法律論」で争っている
だから「起訴状」を100%認めても、良い。
だから私は検察の「故意の証拠」と争うつもりはない。

しかし、検察が「故意」を証明する証拠の「1つの例」を話します。

その理由は、皆様に日本の検察が、いかにクレイジーかを、知って戴くためです!

検察は中国人「Kin Gungaku」が私に「謝礼」の一部を「銀行口座」に入金した「証拠」を言います。
銀行のATMから「L社の預金の口座」に「振込の入金」があります。
振り込み人は「(カタカナ)で「Kin」と言う名前」です。
検察は「Kin」=「Kin Gungaku」と「断定」します。
中国人は常に(First name& Last name )をペアで使います。
中国人のすべてが言います。
送金者の名前が(Last name =famiry name)だけで「銀行口座への送金」は、ありえない。
日本人でも送金者の名前は(First name& Last name )をペアで使います。
日本の検察官は「私は偉いのです」と言うのがわかるでしょう。
多分、彼らのパスポートは(Last name =famiry name)だけです。
「First name 」はないのです。
本当だと思いますか?

日本政府はクレイジーだ!もしくは嘘つきだあ!
皆さん、この事実を拡散してください!
前日からの続きです。


「起訴の書類」は、サイトに掲載しておりますのでご覧ください。
「起訴の書類」の文末です。
もって、前記ヂャン等4名の資格外の活動を容易に助長したものである。
「罪の名前」及び処罰の法律
「出入国管理および難民認定法違反」
同法70条1項4号、19条1項1号
刑法62条1項、60条

入管法は「資格外の活動(19条の表)」をおこなった外国人を入管法70条「不法な就労の罪」で処罰します。
また外国人を「不法に雇用」した「事業者」を入管法73条-2条「不法な就労を助長した罪」で処罰します。
国会が「立法」した入管法の「趣旨」は国際法に基づいています。
入管法70条と73-2条がペアになっています。
ペアで使えば、外国人を意識的に差別していません。
「刑法62条1項、60条」が適用法の違反です。
検察官は入管法22-4-4条を「犯罪」の「理由」にしています。
しかし、検察官は刑法の62条1項、60条を「適用」しています。クレイジーです!

(起訴状)を見てください!猿でもこれを理解できます!

警察官、検察官や裁判官の「罪」は罪の数を「累積」すれば、
「死刑」に相当するくらいの「罪」です。

逃げる理由が理解できると思います。
非常に危険な人物が司法の仕事をしています。
皆さん、ICCに捜査をさせましょう!
この事実を世界中に拡散してください。
「世界の警察官」に「出動」して、もらいましょう!
「世界の警察官」は誰でしょう??貴方は知っている!

私はあなたが理解するまで続けます。

メディアは日本政府の入管法違反問題で「不法な拉致監禁問題」を報道すべきです。
各国政府は自国の被害者を守ってください。日本政府に名誉の回復と賠償を請求してください。
留学や観光、就労などのビザで来日した外国人はたくさんいます。
彼らは飲食店などで労働を行い「入管法違反」で「処分」されています。
雇用者が「処分」されないので国際法違反です。
よって不法就労をおこなった外国人は「無罪」です。

日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。

資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

最近の日本政府は私の主張に気が付いたようだ。警察は逮捕していません。
入国管理局が彼らを逮捕して「母国へ強制送還している」。
※過去の被害者はたくさんいます。
日本政府は「名誉の回復」と「損害を賠償」するべきだ!
異議があればメールをください。

敬具 長野 恭博


メディアへお願い ******************************************

世界中の多くの人々が犠牲になっています。
ジャーナリストとして、事実を報道してください。
「法の下での統治」はお金では買えません。

私の情報 ***************************************************

私は、貴方のジャーナリストとしての正義に期待しています。
お問合せください。

下記のプログで公開しております。
http://omoide-tommy.seesaa.net/
https://toworldmedia.blogspot.jp/

長野恭博


助けてください。
不明な点はお問い合わせください。
enzai_mirai@yahoo.co.jp

 


<Public mail> # MeToo Human rights victim!


Joseon International Youth Travel Agency: October 07, 2018

Dear sirs. Please "forward" this e-mail to Foreign Minister Lee Yong-Ho.
This mail is sending every day to the world media, the embassies of various countries, the White House, etc.
The White House gives us a reply e-mail every time!


Dr. Lee Young-ho, Foreign Minister of the Democratic People's Republic of Korea


2018-10-26: More than 10,000 refugees enter Japan every year.
This is a Japanese government's "trap".
The actual situation is the same as acceptance of short-term workers.
They exploit the "system" and do "labor".
The Japanese government does not recognize it as "refugee". .

Dear Sirs, I am Japanese. I argue for "innocence" and are fighting in "law theory".
So it is good to recognize "indictment" 100%.
So I am not going to fight with the prosecution's "willful evidence."
However,
the prosecution speaks of "one example" of evidence to prove "willful".
The reason is to get to know everyone how Japanese prosecutors are crazy!
Prosecutors say "proof" that the Chinese "Kin Gungaku" credited me a portion
of "reward" into "bank account".
There is "Deposit of funds transfer" to "Account of Deposit of Company L"
from the ATM of the bank. The transferer is "(Katakana) with a name" Kin ".
The prosecution will "assert" with "Kin" = "Kin Gungaku".
Chinese always use (First name & Last name) in pairs.
Every Chinese says.
There is no "remittance to a bank account"
with only the name of the sender (Last name = famiry name).
Even Japanese, we will use the name of the sender (First name & Last name) in pairs.
Japanese prosecutors will find that they say "I am great."
Perhaps their passport is only (Last name = famiry name).
There is no "First name".
Do you think it is true?

The Japanese government is crazy! Or a liar!

Please spread this fact everyone!
It is the continuation from the previous day. In case

"Documents of prosecution" are posted on the site, so please have a look.
It is the end of the sentence of "document of prosecution".
Therefore, it easily facilitated activities other than the qualifications
of the four people such as Chang.
"Name of sin" and the law of punishment
"Immigration control and refugee recognition law violation"
Article 70 (1) (4) of this Act, 19 (1) 1 item 1
Article 62 (1) of the Penal Code, Article 60

The Immigration Control Act punishes foreigners
who carried out "activities outside the status of qualification (Table 19 of Table)"
under Article 70 of the Immigration Act "illegal employment crimes".
Moreover, we will punish "business entities" who have "employed illegally" foreigners
by the Immigration Act Article 73 - 2 "Sin that promoted illegal employment".
The "purpose" of the Immigration Control Act, which the National Assembly "legislated",
is based on international law. Article 70
and Article 73-2 of the Immigration Control Act are paired.
If you use it in pairs,
you are not discriminating against foreigners consciously.
"Penal Code Article 62 1, 60 Article" is a breach of applicable law.
Prosecutors make Article 22-4-4 of Immigration Control Act as "reason" of "crime".
However, the prosecutor "applies" Article 62 (1) and Article 60 of the Penal Code.
It's crazy!
(Indictment) please see! Monkeys can understand this as well!
"Crime" of police officers, prosecutors and judges is "sin"
which is equivalent to "death penalty" if "accumulating" the number of sins.
I think you can understand the reason for escape.
A very dangerous person is in charge of justice.
Everyone, let the ICC investigate!
Please spread this fact around the world.
Let's "get out" to the "police officer of the world" and have it!
Who is the "world policeman"? What? You know!

I will continue until you understand.

The media should report the "illegal abduction detention problem" as a matter
of violation of the immigration law of the Japanese government.
Governments of each country should protect their victims.
Please request the Japanese government for honor recovery and compensation.
There are a lot of foreigners who came to Japan with visas such as study abroad,
sightseeing and work. They work at eating and drinking establishments
and are "disposed of" by "immigration law violation".
It is a violation of international law because employers are not "disposed".
Therefore foreigners who worked illegally are "innocent".

The Japanese government is "crushing" complaints.
But "crush" by state power is "stop" of "Statute of limitations".

The material is below.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

It seems that recent Japanese government has noticed my argument.
The police have not arrested. The Immigration Bureau has arrested them
and is "forcibly repatriated to their home country."
※ There are many victims in the past.
The Japanese government should "recover honor" and "compensate for damage!"
Please mail me if you have objections.

Sincerely yours,

Yasuhiro Nagano


Request to media ******************************************

Many people around the world are being sacrificed.
Please report the facts as a journalist.
"Government under the law" can not be bought by money.

My information *************************************************

I hope for justice as your journalist.
Please inquire.

It is published in the following program.
http://omoide-tommy.seesaa.net/
https://toworldmedia.blogspot.jp/

Yasuhiro Nagano


Help me.
Please contact us if you have any questions.
enzai_mirai@yahoo.co.jp

*****************************************************************

 

コメント